2005年04月18日

人間の勝手と言ったら・・・

f61f3142.jpg 相模川の川土手にこんな看板が掲げられています。最近増えたカワウという鳥を猟銃で殺しますから注意して下さい。という告知の看板。カワウという鳥、長良川で行なわれている伝統の鵜飼(うかい)に使われる鳥といえばお分かりいただけるでしょうか。最近では目久尻川などにも鮎が遡上するほど海老名の川にも小魚が増えたことの影響でしょうか、名前の通りたくさんの魚を鵜呑みにするこの鳥が急激に増えたのは事実だと思います。皆さんも相模大橋あたりから川面をみおろして頂ければ黒くて大きなその姿をみていただくことができると思います。
  大切な鮎を食ってしまうから追い払おう、ということだとは思いますが、食物連鎖ですから、果たしてどの程度の意味があるのでしよう・・・・少々疑問は残ります。こんなことを書いてしまってご苦労されている関係者の方を傷つけてしまってはいけないのだけれど・・・・漁業権とはいえ実態としては釣りというレジャーのためにわざわざ養殖して川に放してまた釣って・・・・という魚を保護するために自然種の鳥が殺されるのには割り切れない思いがします。だったら(なんて言うのはよくありませんが)、白鷺(シラサギ)はどうなの?、もっと大きな青鷺も最近じゃずいぶんと増えてきてたくさんの魚を食べているようだけど。色が白いとか、天然記念物とかいうだけで差別されては殺された鳥も浮かばれまい・・・・
posted by おさだ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993386

この記事へのトラックバック