2005年04月13日

緊迫

 中国国内の反日デモに見られる日中関係の悪化は、ちょっとこれまでとは質の違う大変緊迫した状況にあるような気がしてならないのですが、皆さんいかがでしょうか?
 尖閣列島などの領有権問題、日本の排他的経済水域内における中国の海洋調査、対中国ODAの削減廃止問題、台湾の李登輝元総統へのビザ発給問題、靖国参拝、憲法改正論議の高まり etc・・・・最後の三つはあくまでも内政の問題だが、日中間をとりまく摩擦のタネは多い。更に韓国との間で竹島の領有権問題を抱え、拉致問題で北朝鮮に開き直られ、ロシアとの間で北方四島返還問題がこう着状態を続けetc・・・・と極東アジアでのニッポンを取り巻く情勢はこの数十年無いほどに極めて厳しい情勢を迎えていると言って過言ではないのではないでしょうか。

 そして今回の国連安保理の常任理事国入り問題は、日中という二国間問題を飛び越えて、極東情勢も超えて世界規模で思惑や利害が絡む問題である。ことはより複雑にワールドワイドな問題に発展する可能性を持っている。
 今回の反日デモでは中国政府が「日本の責任だ!」ととんでもないことを言い出したり、更にはデモ自体中国政府が学生たちを扇動してやらせているという信じられないような、それとも“ありがち”とも思えるような情報も報道され始めている。
 もっともデモが政府主導によるものなら、それはいつまでも続きはしないだろうけれど・・・・

 この際日本国民も国家間の紛争というものについて冷静に考えなければならないときに来ていると思うが、ただ心配なのはあの湾岸戦争がアメリカで「NINTENDO(ニンテンドー) WAR」と言われたようにハイテク化された近代戦争の時代にまさにゲーム感覚の中で育ってきた若者世代が世の中の主役になりつつあるという現実の中で、“戦争”という実感を持たないナショナリズムを増幅させてはしまいか?ということである。

 是非皆様のご意見をお寄せ下さい。
posted by おさだ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7993388

この記事へのトラックバック