2007年12月26日

がん克服条例へのご意見募集

 神奈川県議会(自民党)ではがんの克服に向けて、県行政として治療や予防などの推進を目指した条例を制定すべくプロジェクトチームを組んで検討作業に入っております。
 日本は世界一の長寿国になりましたが、国民の病気による死亡の約30%は、がんが原因であり、神奈川県においても、昭和53年以降、がんによる死亡が1位となっており、県民の方の約3人に1人が、がんで亡くなられています。
 神奈川県では、これまで、マンモグラフィ導入支援事業や検診技術向上のための研修の実施などの取り組みを進めてきました。このような中、国においては、がん対策基本法が本年4月に施行され、がん対策推進基本計画が6月に閣議決定され、本県においても、がん対策の一層の充実強化が求められています。
 そのため、自由民主党神奈川県議会議員団は、がん対策のプロジェクトチームを本年10月に発足させ、がん克服に向けた取り組みの検討を行っています。
 つきましては、県民の皆様からのご意見を参考としたいと考えておりますので、ぜひ「がん克服の取り組み」に関するご意見を下記のページにアクセスし、メールやファクス等でお寄せ頂ければ幸いです。

http://www.kanagawa-jimin.jp/news/kengidan/2007/kengidan20071225.html
posted by おさだ at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8797485

この記事へのトラックバック