2008年01月09日

新年会

lVN.JPG 世界が広がると言いますか、県議会議員にさせて頂いてから新しい経験や新しいご縁をたくさん頂いております。

 昨日は県内に在住する韓国人の皆さんによる合同賀詞交歓会に招かれ参加して参りました。近くて遠い国と言われた韓国と日本の関係、横浜をメインにして行なわれた韓日共同開催によるサッカーのワールドカップ開催や昨今の韓流ブームなど国家的なものから民間のものまで両者の交流は確実に進展しているようです。

 今この在日韓国人の皆さんが私たちに求める最大の問題が「永住外国人に対する地方参政権付与」の問題。もう二代三代にわたって日本で生活しているのに選挙権が与えられない。という問題。国政はともかく日々生活している地域の政治には参画させい欲しい。という至極最もなことなのですが、まだまだ日本社会の中にはネガティブな反応も強く「だったら日本国籍を取ればいい。」的な考えを持つ人もいてこれまでこの問題は解決に至っておりません。

 このまちに住む者がこのまちのことについて意見を言う。そこに国籍の壁は無い。と私は考えております。

 写真は民団県本部代表のウンジョンチル氏を始めとする経済界など各界の代表の皆さん。
posted by おさだ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9282515

この記事へのトラックバック