2020年04月04日

職責

 3月末に東京都や神奈川県が発した自粛要請から2度目の週末がやって来ました。こんな大変な時にと恨めしいほど空は晴れ上がり、桜の花も散りぎわの美しさを見せています。
 週末に不要不急の外出ができず、空白の時間ができたなら、これも前向きにとらえて、足もとの草花に目を向けて、とか普段の忙しない生活の中で感じられないものを感じる時間に・・などといった発信をこのブログでした日もありました。しかし、そんな余裕も無い死活問題に直面している経営者の方たちや厳しい医療現場で働いている方にしてみればそれどころではありませんね。ですから、今書いたような発信も今後は差し控えようと思います。
 昨日お会いした経営者の方は居酒屋を経営されていますが、日に日に客足が遠のく厳しい状況に顔を曇らせていらっしゃいました。「バーやナイトクラブに出入りするな、とあいまいな言い方で自粛を要請されてもうちの店はバーでもナイトクラブでもない、でもいっしょくたにされてしまう」とおっしゃいます。「この業態とこの業態は店を閉めてくれ、この業態については席を離して営業可など具体的に言ってもらえれば、みんなその範囲で営業努力できるのに」というご意見でした。
 今、自民党の神奈川県組織ではそうしたご意見を取りまとめて党本部へ随時要請をする取り組みを行なっています。今回の新型ウィルスによる様々な問題について、ご意見がございましたら私のホームページからのe-mailや電話、ファクシミリ等でお寄せ下さい。
 今、私のような「議員」という職責の者はこうした非常時であっても皆さんからのご意見に耳を傾け、それを県や国の伝えること、それが仕事です。ただ、もっと具体的な何かができればと、もどかしさも感じながら・・。

posted by おさだ at 08:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年04月01日

相模取水堰人道橋・開通

 売り切れと わかっちゃいるけど とりあえず (川柳)

 ホームセンターやドラッグストアに行くたびに、とりあえずのぞいてみるマスク売り場。有るわけないんですが、わが家でも営業マンになった次男がマスク無しでは仕事ができないので毎日一枚を消費。その他の者は布製マスクなのですが、とうとう使い捨てマスクは在庫がなくなりそうです。

 さて、新しい年度の始まりですね。
 実はこのコロナ問題の中ですので、とても静かな開通となりましたが、海老名市社家と相模川を挟んで対岸の厚木市岡田を結ぶ相模取水堰の上部にかかる歩行者・自転車用の橋が昨日開通致しました。

 厚木側からは開通を待ちわびた人たちが続々と渡っていらっしゃいます。
IMG_7079.jpgIMG_7075.jpg
 途中見下ろす川の様子もなかなか見もの。
IMG_7082.jpg
 厚木側へ渡ると満開の桜が出迎えてくれました。
IMG_7073.jpg
 海老名市内の高校へ自転車で通って来る生徒たち、厚木の高校へ通う海老名の生徒たちなどとても近くなりますね。皆さんも是非さがみの流れと丹沢・富士の雄大な眺めを楽しみながらこの橋を渡ってみて下さい。

posted by おさだ at 08:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月30日

外来種

 今年もこの花が道端に咲き始めました。
IMG_7036.jpg
 ナガミヒナゲシは外来種。
 観賞用として国内に持ち込まれたものが、1960年代に野生化し、2000年代に入って爆発的に繁殖してしまいました。日本の国固有の生態系にとっては脅威となり、神奈川県は県民の皆さんに駆除を呼び掛けています。ただ、風に揺れる可憐な姿を見ていると、なかなか駆除する勇気が持てない、という人も多いのでは・・。

 そして、私が最近気になる花。
IMG_7039.jpg
 これも最近は道端に咲いているのを見かけるようになりました。「ハナニラ」という花で、良く見ると白い花びらに紫色の斑が入って、とてもきれいな花です。これも外来種で南米からやってきたものだとか。

 四方を海に囲まれた私たちの国ですが、それでも植物に限らず、鳥や昆虫、爬虫類、魚類など色々な外来種が入って来ます。そして定着してしまったものを駆除することはほぼ不可能です。うまく付き合っていくしかないのでしょうね・・。ウィルスも同じなのでしょうか・・。

posted by おさだ at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月29日

春の雪

 まさかこの季節に大雪なんて・・と、昨日の予報を聞いて思っていましたが、午前10時現在、私の住む海老名市本郷は大粒の雪が降りしきり、畑が真っ白になっています。夜半に降った雨で地面にたまった水と、舞い降りる雪が互いにせめぎ合って、あるところでは水が勝ち、あるところでは雪が勝っている。そんな感じでしょうか。

 神が人類に与えた静かな時間。

 動かずにいることが、見えない敵に勝つ最大の手段。そんなウィルスとの戦いの最中に大雪ですから、もう私たちは何もしようがありませんね。ブラインドを一番上まで引き上げて、ただただ降りしきる雪をながめています。
IMG_7051.jpg
posted by おさだ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月26日

討論

 機能は定例議会最終日。議案の採決に先立って、自民党を代表して討論を行いました。
IMG_7017.JPGIMG_7018.JPG
 何をおいても今は新型コロナウィルスへの対策につきるわけですが、今日も午後2時から知事が記者会見を行い、昨日の東京都知事と同じように、週末の外出自粛などを要請することになります。
 これからが正念場というところへ入って行くのでしょうか。とりあえずオリンピックが延期となったことで、感染症対策に集中することができる環境が整ったということかもしれません。まずは県民個々が自分の身を自分で守るということが大事ですね。
posted by おさだ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月25日

照れワーク

 「テレワーク 会社でやれと 妻が言い」
 
 読売新聞の川柳をSNSで紹介したら、フランスに住んでいる友人から書き込みがあり「日本ではそうなるのよねー」と。フランスではどうなんだろう? まぁ日本人の勤労意識というのは欧米人とはかなり違いますし、職場と家庭に対する感覚も違いがあるのでしょうね。それを一概に「日本人は遅れている」なんて言いたくはありません。でも今回のコロナ問題を機に、テレワークやサテライトオフィスのような働き方が、日本でも進んで欲しいと思います。

 そこで、いい話を聞いちゃいましたのでご紹介。

 最近テレワークに励んでいる若い知人は、学校が休校になって、家にいる子供たちがリビングで勉強する横でテレワークをしているそうです。
 パソコンを打ち、テレビ会議システムで打ち合わせをし、電話で上司に報告、部下の悩みを聞き、取引先と価格交渉・・。そんな様子を見ていた子供たちが「パパってすごい!」と、抱きついて来たと言うのです。そしてパートから帰って来た妻に「パパってね」と、その仕事ぶりを驚きと共に報告。それを聞いた妻が本当に嬉しそうだったと。

「思わず照れちゃいましたまよ」
「へぇー!これが本当の照れワークだね」

 さぁ、今日は一年で一番大切な定例議会の最終日。
 思えば1月15日から準備を始めて二ヶ月と三分の一、長い道のりでした。
 今日は新しいワイシャツを着て、採決に臨もうと思います。

posted by おさだ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月24日

お客様

 中学を卒業すると同時に・・つまり今頃の時期。私はレストランの厨房で朝から晩までアルバイトをしていました。「高校に行ったら免許を取ってバイクに乗りたい」という一心で。
 ある日私がなにげない会話の中で「客がさぁ」みたいなことを言ったら、店長に怒鳴られました。「しんじ!客とはなんだ!お客様と言え!百歩譲ってもお客さんだ」と。そして、「お前はそのお客様から頂くお代の中から給料をもらうのだ」・・と。若い頃バイトを通じて教わったことってたくさんあった気がします。

 閑散としたレストランの様子をテレビが流していました。店のオーナーがマイクを向けられ「まったく客が来ませんねぇ・・」と言ったのを聞いて、若かったころのことを思い出したもので・・。

 それはともかく、こんな非常時に国会は森友問題ですか・・・バカらしくて見ていられません。
 県議会は今日議会運営委員会が開かれ、明日は本会議で新年度予算の採決を行う予定です。

 では、行って来ます。

posted by おさだ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月22日

遠き山に陽は落ちて

 毎年、春分の日前後の週末には15〜20件の仕事がありました。いろいろな団体の総会や長寿会、スポーツのイベントなど。でも今年のこの週末、私の予定は2件。実に新型肺炎の影響は私の仕事にとっても大です。
 しかし、イジイジと家にこもっていても仕方がないので、ひたすら趣味のガーデニングと畑仕事にいそしんでいます。
 昨日は多肉植物でこんな寄せ植えを作ってみました。
IMG_7002.jpg
 グラインダーで大きな鉢を切って作りました。それにしても楽しい時間というのはあっと言う間に過ぎて行きますね。
 いつも行きつけの綾瀬のホームセンターの帰り道。富士の背に夕陽が沈んで行き、その美しい様に息をのむ。
IMG_6988.jpg
 太古の昔から、私たちの祖先はこの夕陽を眺めて生きて来ました。こんなふうに一日の終わりを実感できるのが、人として本来の生活なのかもなぁ・・などと思ったり。

posted by おさだ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月20日

思った事ふたつ

 昨日は「そりゃちょっとエライことになるなぁ・・」と思う事と、「そうだ、そうでなけりゃ!」と思う事。二つの話を聞きました。

「そりゃちょっとエライことになるなぁ・・」と思ったのは警察のこと。
 神奈川県警のある警察官の方と話をする機会がありました。言われたことは「1万5千人の(神奈川県警)警察官の中から新型肺炎に感染する者が出ていないことが、何よりも幸いなことです」そりゃそうですねぇ・・それだけならなにもエライことではないのですが、その後「万が一署員の中に感染者が出たら・・」と。この先は私の想像ですが・・一つの警察署にはだいたい300人前後の警察官がいます。もっと多いところもありますが、その中の一人の警察官が感染したら、署の中に濃厚接触者と言われる人が何人出てくるでしょう・・例えば50人とか。その50人の警察官のPCR検査を行い、経過観察で何日も自宅待機などという事が起きたら警察署の機能がかなり低下してしまいます。例えば刑事課とか交通課の署員全員が自宅待機・・なんてことになったらどうなるのでしょう。ましてその中からまた感染者が出るとなったら・・。感染者とその周辺だけでなく、警察署にある運転免許証の更新など窓口業務はできるのか?いや、やってもだれも行けません・・よね。交番だってどうでしょ・・。と、つらつらと考えると一人の感染者が、大きなエリアの警察署管内の治安を空白地帯にしかねないと。これは県警本部も消防署や市役所なども同じなのですが、止めることのできない公共業務について、これまで大規模地震などを想定した「業務継続計画」というのは考えてきたものの、感染症を想定したものはどうなっているのか・・。これ、県議会でも確認しなければと思った次第です。

 それと「そうだ、そうでなけりゃ!」と思ったのは、若い経営者の集まりに参加したときのこと。ベンチャーとして成功している経営者が訴えたのが「今こそビジネスチャンスだ!」ということ。例えば今回の新型ウィルスによる混乱を機に、テレワークなどの働き方改革は大いに進むはず。この流れをビジネスチャンスとしない手は無い!と言うのです。そうですよねー。インバウンドなどの観光政策も、イベントビジネスなども、この危機を契機に色々と変わらなければならないことは私などにも想像がつくこと。そこにシステムの変更が生じればそこに商機が生まれる。物の流れ、人の動きが変わればまたしかり。
 こんなふうにピンチをチャンスとして考えるような人が、世の中を変えて行ってほしいなぁ・・。

 以上、昨日の学びでした。

 追伸・・・白鵬の相撲は雑だったなぁ・・。

posted by おさだ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月19日

その先にある世界

 合衆国大統領は一兆ドルを用意すると言い、財務当局の代表者も「こんな時は金が有る無いの問題じゃない」と大規模な財政出動を容認する。
 欧州でも各国が協調して経済対策のための財政出動に乗り出し、「赤字枠」というこれまで守ってきた財務の取決めを度外視するそうだ。
 そして日本も30兆円規模の経済対策を表明。

 世界の主要国が新型肺炎による経済的なダメージに向かって「共同戦線」を組んだ形だ。

 つまり、新型コロナウィルスの問題は、感染の蔓延防止という観点から、打撃を受ける経済への対策へとフェーズが移りつつあるという事だろうか。

 世界の歴史に無い、大規模な財政出動が各国によって行われるわけだが、そもそも国のリーダーというものは金を使いたがるもの。リーマンショックのような金融危機の時には国民の理解が得られなかったことも、今回の問題では、金を使おうとする為政者に文句を言う国民は少ないだろう。

 マクロ経済のことなど、浅学な私には理解のしようもない事。
 はたしてその先にはどんな世界が待っているのだろう・・。

posted by おさだ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月18日

伴走者

 今朝の新聞記事にある通り、津久井やまゆり園の指定管理者の問題は知事が譲歩する形でなんとか収まりそうな形になりました。まぁ譲歩も何も、もともと知事が独りでちゃぶ台を返すようなことを言い出したことが始まりなのですから、着地点を見出せたのは他でもない施設利用者と、その家族や関係者の良識の賜物だと私は思います。
 こうして大きな山を越え・・いや山じゃないな・・波を越えて、同時に二名の副知事の人事案が報道されました。退任される副知事にはそれを惜しむ声が議会でも多く聞かれます。また、新任の副知事さんについては、三期目に入っている黒岩知事が、いわば競技場に向かって走って行くための伴走者として選んだパートナーでしょうから、苦しい場面での励ましと適切なサポートをして頂けるようご期待申し上げたいと思います。

 いよいよ新年度予算を審議する議会も大詰めを迎えようとしています。
 今日は常任委員会の採決日。では、行って来ます。

posted by おさだ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月16日

判決の日

 よく眠れて、すっきりとした気分で起きることができた朝。
 日の出の時間も早くなり、遅霜の降りた畑をキラキラと輝かせています。新聞の朝刊が休みなのを除けば、今週もまずまずのスタートかな。

 一昨日の私のブログを読んで「株を買おうかな・・」と言う人が二人いました。私自身は株を買いませんが、チャート理論を勉強してみたり、仕事がら市況にはいつも関心を持っているので、今年社会人になった息子にも「ビジネンマンとして生きるなら小遣いの範囲で株を買ったほうがいい」と言っています。少ない額でも持つことによって経済と世の中の動きに気が向くようになるので、儲けなどということはともかくも・・いや、儲けようと思うから関心を持つのか・・ま、とにかく無理の無い範囲での投資は良いことだと思うのです。

 さて、今日はあの津久井やまゆり園で殺傷事件を起こした、植松被告に対する判決が下される日です。裁判は大麻を吸っていた被告の「責任能力の有無」が争われる内容となりました。本来ならば、障がい者に対する被告人の差別的な考えを徹底的に否定する議論があって欲しかったし、重度知的障がいをお持ちの方たちに対する、福祉サービスそのものの実態やあり方など、前向きな意味での国民世論を惹起するような裁判であって欲しかった。しかし、かく言う私自身も日々の特集記事に目を通すのがあまりにも気重だったし、世論全体もなかなかそこまでは踏み込めなかった印象です。

 今日は予算委員会。その最中に判決を聞くことになるのでしょう。
 事件のあった施設も二つに分園され、来年には新たに開設されることになります。
 良い意味で、今日の判決を一つの区切りとして前に進んで行きたいものです。

posted by おさだ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月14日

今が買い・・

 おはようございます。冷たい雨の朝です。
 特別措置法の成立を受けて、今日は午後6時から安倍総理の記者会見があるそうですね。どんな話になるのか?オリンピックの延期なんてことが出てくるのでしょうか?確かに判断を遅らせて中止の可能性を膨らませるよりも、早めの判断で一年の延期ということならその方がベターな判断ということになると思います。
 世界の首脳がそれぞれに国民に向けてこの危機についてのメッセージを発していることと思います。そのメッセージというのは、国民性や国民が政府に与える信頼度、民主度などによって同じメッセージでも国民の反応が違うのだろうと思います。あえて大袈裟なことを言わないと国民が反応してくれない国もあれば、その逆の国もあるでしょう。私たちの日本という国の人々は、本当にまじめで誠実。なんやかやと言っても政府を信頼してくれていると今回の一連の出来事を通じて感じます。ですから首相には今夕、本当に真摯な気持ちでありのままの事情を説明して、国民の理解を得て欲しいと思います。

 言えることは、この新型コロナウィルスに関する危機はそう遠くない時点で終息するということ。ワクチンが開発され、手軽な検査方法が確立してしまえば恐れるような病ではないのですから、今は経営者の方たちは客足も途絶え、大変なことと思いますが、今しばらくの辛抱だと思うのです。株価も大変下がっていますが、これ、バブル崩壊のときのような経済危機と違う時限的な不安材料なのですから、実体経済と見合わせれば、たちまち値を戻すはず。ですから株に関してはむしろ今が買いなのでは・・。

posted by おさだ at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月13日

私権を制限する

「検察官が最初に逃げた・・」なんて言論の府たる国会でポロリと言ってしまう閣僚がいること自体が日本国民として恥ずかしい。まして我が国の法律を司る法相で、逃げたと言った検察を所管するトップですから。厳重注意は結構ですが、国民にとってより良い人事をそれこそ躊躇なく行なって欲しいと私は思います。森さん同様個人的な見解です。例えばもし神奈川県議会で、行政幹部が自らの部下を指して同じようなことを言ったら、我々自民党県議団はどれほど大きく反発することでしよう。

 新型コロナウィルスから国民を守るための特別措置法の改正案については野党側も賛成し、今日成立の見込みですが、昨日の衆院採決では立憲民主党の議員の中からは反対に回った議員が出ました。「国民の私権を制限する」というのが理由ですが、それはまぁその通りで、緊急事態宣言となれば、かなりの部分で国民の私権を制限するような措置を取らざるを得ないでしょう。またそういうことでなければ効果も期待できません。ただ、問題は一本の法律でそれができるか?となると憲法という最高法規で国民の自由を保障しているかぎり、無理があると言わざるを得ません。政府の措置によって被害を受けた国民から「憲法違反」との裁判を起こされる可能性はあります。
 立憲民主党でこの法案に反対された方には、是非とも憲法に緊急事態を想定した条文を追加することについて、真剣に議論して欲しいと思います。そうでなければ、今回の反対は国民の命を守るための議論からただ逃げただけと言われても仕方がない。

posted by おさだ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月12日

やがて終息したときに

 いよいよパンデミックなんていう言葉をWHOが使うようになりました。しかし、そもそも定義のあいまいな言葉だそうで、移動制限が強化されるなど、何か政策的なフェーズが変わるわけではないようですので、その刺激的な言葉に惑わされないようにしたいものです。
 現在のところ日本の感染者数は政府の言う通り「ふみとどまっている」というのが正しい見方で、急激に感染者が増えているわけではなく、クルーズ船の特殊な事情を考慮してみても世界の国々と比較して少ない状態を続けていると言えると思います。これも本当に国民の皆さんのご協力のおかげです。ただ、その陰で春の選抜高校野球が中止になるなど、悲しい思いをしている人たちがたくさんいるのですよね・・。政府や自治体やその議会はそうした人たちのことに思いを致しながら、それでも引き続き自粛を求めたり、必要な措置は覚悟を決めて講じなければなりません。
 それと、飲食業、観光業その他激しい営業不振に陥っている企業の人たちもいらっしゃいます。こうしたことについては、資金繰りや損失補償など最大限の対策を講じることが大切です。
 ここは何とか国全体でこの難局を乗り越えて、やがて終息してみたら日本という国は感染者も少なく、医療体制が充実していて死者も少ない、国民みんなが一つになれる、世界で最も安全ですばらしい国だね。という評価がもらえるようにしたいですね。そうすれば活気はやがて戻って来るはずですから。

posted by おさだ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月10日

啓蟄(けいちつ)

 海老名市の鳥、カワラヒワが市役所と駅を結ぶ小道の桃の木にとまっていました。
 季節は「啓蟄」。地面の下にいる虫たちが動き始める頃で、庭先の春もいよいよ本番。今日あたりは雨だというのに暖かな一日になりそうです。一般に温暖と湿潤に弱いとされるウィルスが、この気候に弱りを見せてくれれば良いのですが、どうでしょうか。

今朝の一句
 布団から片足出して我も啓蟄
posted by おさだ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月09日

今週から予算委員会

 隠忍自重の週末が明け、爽やかな天気の中で今週がスタートします。
 こうしてブログを書こうとすれば、今世界人類が直面している新型ウィルスの話題以外に書きようがなく、キーボードをたたく指先も重くなります。何か明るい記事でもと新聞をめくりますが・・オリンピック出場内定の記事くらいかな・・。読売の時事川柳「リーマンを越えても増税取り消せず」嗚呼、これが増税前だったらどうなったのだろう・・。

 今週は木曜日から予算委員会。実は新年度の予算案というのは今回の新型コロナウィルスの問題が発生する以前に編成されたもの。これは全国どこの自治体も政府も同じだと思います。従って今後、検査体制や医療体制の強化、あるいはマスクや防護服などの備蓄、開発されるであろうワクチンの備蓄など、様々な取り組みについてどのように費用(予算)を確保するのか?が、予算委員会としてはとても大切な課題です。

 イタリアでは多数の感染者や死者が出ているようですね。聞けばこの国では、病人以外はマスクをする習慣が無いとか。
 今や新型ウィルスの問題は21世紀初頭、人類が直面している大きな危機なのでしょう。
 目の前の事、少し先の事。ちゃんと考えなければ。

posted by おさだ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月07日

ひねもす

 週末の手帳。様々に書き込んでいた予定には全て消し線が乗り、今日と明日、何もやることがなくなりました。

 仕方なく点けたテレビ画面に「え!」。まさかオウム真理教が復活したかと・・よく見たら麻原ではなく麻薬を所持して逮捕された歌手でした。なんて・・どおでもよい話題しか浮かびませんね(笑)こんなときは。

 春の海 ひねもすのたり のたりかな (蕪村)
221069.jpg
posted by おさだ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月05日

悪癖

 春の甲子園高校野球は無観客で試合を行うそうですね。選手たちはお母さんやお父さん、あるいは、おじいちゃん、おばあちゃんを甲子園に連れて行ってあげたいと、そういう気持ちで頑張って来たのでしょうから、なんとか保護者や家族だけでも、飛行機に乗るときと同じように体温チェックをするとかして観客席に入れてあげて欲しいですね。

 さて最近、これだけは徹底して、なんとか直したいと思っている自分の悪癖があります。それはいつの頃からか身に付いてしまった、紙をめくるときなどに指を舐めてしまう癖。感染症のこともあって、これだけは本当に改めたいと思っているのですが、一度身に付いてしまった癖というものはなかなか直りません。さっきも新聞をめくるのについペロ・・。ぜったいにやってはいけないのが、お金を払うときにお札をつまむ指をペロ・・ってこれだけは本当に嫌がられますよね。でも、スーパーで渡されたレジ袋なんて、なんとかして開こうと思うのだけれど乾いた指先ではどうしても袋を開けません。指を濡らすためのスポンジがレジの近くに置いてあったりしますが・・感染症のことを考えたらやはり使いにくいですよね・・。
 まぁでもなんとしてもこの悪癖だけは絶対に直してしまわねばならぬと、決意する今日この頃です。

 議会は来週から予算委員会が始まります。地震や風水害、そして感染症・・こんな予期せぬ危機事象が起きたときに、県が速やかに対応できるよう、必要な予算を積み立てておくことが大事です。そのための仕組みづくりについて質疑を行いたく、今準備をしています。

posted by おさだ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年03月03日

お国柄

「おーい、オーバーなんて着てないで、こっちで一緒にプレーすんべーよ!」
 今朝のさがみグリーンライン。学生たちがランニングをしています。
IMG_6940.jpg
 10時から始まるトーホーシネマズの千円映画を観に、自転車を走らせる人もいます。映画館は明日まででしばらく休館だとか。
 河川敷から声をかけてくれたのはバードゴルフを楽しむ人たち。オーバーなんて言葉を久しぶりに聞いた気がします。でもこの方たちのプレーも明日から今月いっぱい休止とか。コロナウィルスの影響はこんなところにも。

 でも、瑞穂の国と私たちの国のことを言いますが、政府からの要請に国の人々が隅々までちゃんと協力して下さる。そしてむしろ積極的に協力しようと、休校中の子どもたちの学習支援に乗り出す学習塾があったり、図書館が開放されたり、コンビニが昼食にとおにぎりを提供してくれたり・・・そんな話を聞くと胸が熱くなる思いです。

 このお国柄こそ、有難いことだと思います。

 

 
posted by おさだ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感