2020年09月08日

総選挙?

 え? 気づいたら三日もブログの更新を休んでました。ま、昨日定例議会の開会でバタバタしておりましたのでお許し下さい。
IMG_7944.jpg
 自民党総裁選の予備選挙の投票用紙が届きました。私は自民党員ですので、この権利を行使して次の政権を託したい人に一票を投じようと思います。ただ、事実上日本の総理大臣を決める選挙が、一つの政党の党員だけにゆだねられて良いのか?という思いはいつも持っています。
 そんな中・・N〇Kの記者さんが話しかけて来ます。「選挙の方はどうですか?」私は答えます「どうもなにも、結果は見えたようなものでしょう」「いや違いますよ」「えぇ? まさかぁ・・」「総裁選じゃなくて解散総選挙ですよ」と。すでに政界の関心は新政権が発足直後に解散総選挙に打って出るか?に集まっているようです。「さて・・それはどうですかね・・まだ新総理も決まってないのですから」とはぐらかすと「いや今、結果は見えたって言ったじゃないですか・・」

 その先はシークレットということで。

 神奈川県では6月議会の補正予算が史上空前の1500億円あまりの規模となりましたが、昨日開会した9月議会では更にそれを上回る1800億円超の補正予算が提案されました。そして同時に、来年度の予算編成見通しも示されましたが、コロナの影響でなんと1100億円もの財源不足が見込まれるとのこと。
 眉根をひそめずにはいられない、県議会が始まりました。

posted by おさだ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年09月04日

派閥について

 自民党の総裁選で主要派閥の推薦を受けて最有力とされる菅さん。マスコミは密室の派閥政治が再来すると書きたてます。でもどうだろうか。確かに昭和の頃の自民党の派閥政治にはひどい面があったと私も思います。あの頃は衆議院議員の選挙区が中選挙区でしたから、一つの選挙区から自民党の候補者が2人、3人と立候補し、自民党の候補者同士で血みどろの戦いをしたものです。各々の候補者には派閥の後ろ盾があって、派閥を介して業界、団体の取り込み合戦を演じ、そこには現金も利権も動く。選挙に当選してからも派閥間で大臣などのポストを取り合い、業界の利権をめぐって争い、足を引っ張り合い、政策すらもつぶし合う、そんな構図がありました。当時その派閥の中で「鉄の結束」なんてヤクザみたいなことを言って最強を誇ったのが田中角栄率いる七日会。それに挑む福田派との角福戦争。三木降ろし。お公家集団の宏池会、風見鶏と言われた中曽根派などなど・・例えば角栄氏のロッキード事件などもそうした派閥の争いの中で生まれた陰謀だなどと言われたものです・・。昔日の思い出と共に、なんとなく当時のことを思い出して頂けたでしょうか。
 そんな派閥の悪しき面が今の国政にあるかと言えば・・少なくともマスコミを賑わすようなことは久しく耳にしません。小選挙区制の導入とバブルの崩壊、二度に渡る自民党の下野といった歴史の中で自民党の派閥にあった悪しき側面はもはや無いと言えると思います。でも、いまだに派閥があるのはなぜ?と、疑問に思いますが、400人近くもいる自民党所属の国会議員の、多様な意見を集約するという意味で派閥は有効に働いています。あるいは政策的な研修会を行なったり、(昔に比べたらわずかな)政治資金を集めたり、落選した時の助け合いなど、互助会的な役割を派閥が果たしているためだと思います。
 同じ神奈川だからと菅さんを擁護するわけではなくて、そんなことを知っていながら書き立てるマスコミが少し滑稽に思えたもので・・。

 先日所用があって東京の目白へ行く機会がありました。そして、仕事の合間にあの田中御殿を見に行ってみたのです。しかしそこには、あのテレビで繰り返し見た、黒ぬりの車が出入りする豪奢な面影はなく・・「田中」という表札と門柱、わずかな敷地を残してあとは文京区の児童公園になっていました。相続税を払うために売却されたとか・・時代はうつろうものですね。
 立派な表札を見ながら、岸田、石破、菅・・この三人があの角栄時代の政治の中にいたら・・なんて詮も無い思いを巡らせてみたり。

 今日も暑いのでお気を付けて!

posted by おさだ at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年09月02日

ビーチクリーン

 台風や低気圧がやって来ると、耳の上の頭蓋の辺りがズキズキと痛むのが私の身体的な特性・・。今朝はそれが強く出ています。

 久しぶりに「密室政治」なんて文字を新聞で読み、日本のマスコミも進歩が無ぇなぁ・・と。藤井二冠ばりのみごとな詰め将棋で菅官房長官が自民党の総裁選を制しようとしていますが、談合のようなことで主要派閥が菅氏の支援に回ったのだとすれば、それは後の組閣人事に表れることでしょう。むしろ、トランプ、プーチン、習近平・・政略の渦巻く国際社会の中で私たちの国が生き残っていくために、わが国のトップである総理大臣に求められる政治的なセンスというものは、ある意味「政略的なセンス」でもあるのだと思います。まぁそういう面から考えると、岸田さんという人に国民的な信任が集まらないのも、理解できる気がします。

 今年は海水浴場が開設されなかった神奈川の海。治安の悪化など懸念された面はありましたが、ライフセーバーの皆さん始め多くの関係者の皆さんのおかげで大きな問題も無く8月が終わりました。そんな中、ビーチクリーン活動に参加して来たのですが、ゴミは本当に少なく・・・代わりに見つけたのがこれ。
IMG_7874.jpg
 青首大根ほどの大きさのシュモクザメの死骸・・・これって、人喰いザメですよねぇ・・(汗)。


 
posted by おさだ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年09月01日

自民党員

 昨日はいきなりの夕立があり、海老名駅前にいた私のスーツはぴしょ濡れになりましたが・・乾ききった海老名の大地に適度なお湿りを頂きました。おかげ様で今朝は暑さもやわらぎ、昨日より5℃ほど気温が低いようでホッとしています。

 昨日は議会運営委員会を開き、12月下旬まで続く議会の前半の日程などについて協議を行いました。どうやら県としては今回もコロナ対策に関わる大きな補正予算を編成することになりそうです。

 さて、コロナから安倍総理の辞意、新総裁選びと、ワイドショーネタの尽きない昨今です。この自民党の総裁選では党員による選挙を実施すべきだという意見があり、我々神奈川自民党としても小此木会長を通じて二階幹事長に選挙を実施するよう要望書を提出しました。しかし、選挙には時間がかかることから「政治空白を作らない」という理由でこの選挙は実施されず、国会議員と各都道府県の地方組織に与えられた三票による略式の選挙になる可能性が大。そこで私たちとしては、神奈川県の自民党として投票できる三票をだれに入れるか、本県独自の党員投票を行う考えでいます(新聞既報・正式決定は本日)。
 ちなみに、皆さんは自民党の党員て、どのくらいの数いらっしゃるかご存知ですか?
神奈川県内に約6万人。海老名市内に約600人。毎年4千円の党費を払って自民党という政党を支えて下さっている方がこれだけいらっしゃるのです。もっと突っ込んで言えば、自民党による我が国の政権を金銭的な負担をしてでも支えようという意識を持って頂いている方たち、と私は理解していて、本当に尊い事だと思っています。もし「私も自民党の党員になろう」というお気持ちのある方、いらっしゃいましたら是非私あてご連絡下さい。

posted by おさだ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月31日

総裁選・・

 第三回定例会の開催に向けて、今日議会運営委員会を招集しています。安倍総理の辞意表明を受けて、総選挙が実施されるようなことになると、10月頃の議会日程に影響が出そうでしたが、どうやら選挙は行われない模様ですので、ひと安心しています。

 自民党の総裁選イコール総理大臣選びは、菅官房長官の去就で決まりそうな気配。菅さんが勝てない戦いに打って出るとは思えず、出馬を表明した時点で党内派閥の多数を押さえたと見て良いのではないでしょうか。そうなれば岸田さんも引かざるを得ませんし、石破さんがドンキホーテよろしく突っ込んだところで、菅さんが相手となると国民の関心を引き付けるのは難しいし、下手をすれば死に体になりかねない。
 なんて、私の言う通りになるとは限りませんが、おそらく主戦場は来年10月の任期満了選挙に持ち越されるということで、その様子を新宿から腕組みして睨んでいる女帝がひとり・・。って感じですかね。
IMG_7907.jpg
 週末は空手の稽古にいそしんでおりました。

posted by おさだ at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月29日

安倍総理

 昨日の安倍総理の辞意表明には・・もしかして・・と思ってはいたものの、それでもやはり驚きました。そして昨夜総理と同じ病気を抱える知人からメールが届きました。

「本当に辛いんですよ悪化すると。大腸が浮腫み、潰瘍ができ、血便、潜血、お腹は重たいし、歩くときの振動さえきつい。トイレに駆け込む回数は日に20回を超えることも。それで何より外出すること、人に会うことが恐くなり、全てに対して弱気になる。ましてコロナにかかったら命取りだと医師からも言われ・・」

 歩くときの振動さえきつい、という部分を読んで、昨日のテレビで総理番の記者が「8月初旬の総理はまるで宙を歩いているような歩き方だった」という話をしていた意味が分かりました。
 コロナで5カ月も休めない日々、感染の恐怖、心身ともにもきつかったでしょうし・・「断腸の思い」とはまさにこのことでしょうね。

 8年近い安定政権の功績は非常に大きなものがあると私は思います。株価、有効求人倍率など主要な経済指数は安倍政権誕生時点から比較すると大幅に改善しており、その経済政策の効果は今でも明らか。また、トランプ政権との付き合い方、中韓両国に対する毅然とした態度など、外交面でも国家としての基軸を立てることができたと思っています。安倍政権については色々な人のご意見を伺いますが、この部分について評価できない方とは、いくら話しても政治に対する価値観を共有できないな・・と感じています。一方、モリ・カケ問題、桜を観る会、総理婦人の困った言動、総理自身の感情に任せた発言など、国民から批判される部分、反省すべき部分も多分にあったと思います。
 それらを踏まえて、次の政権をどう打ち立てるのか。まずは自民党の総裁選びがイコール次の政権ということになるのですから、ここは政党としての責任は重いと感じています。一義的には、党員による投票ということが民主的な方法だとは思います。しかし、はたしてそれが今の政治情勢の中でベストなあり方か・・と考えると悩ましい。国民投票ではない、年間党費4千円を払っている「党員投票」というものについての捉え方の問題もあるし、かなりの時間もかかる。コロナ禍という特殊事情も加味すれば・・オリンピックが終わるまでは現下の政権をきちっと踏襲できる人事が最も寛容かと、私は思います。ま、簡単に言えばアンチテーゼから抜け出せない、石破さんではダメだということですが。

posted by おさだ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月28日

記者会見について

 私の自宅は海老名市の南部にありますが、今月はほとんど雨が降っていません。最近はにわか雨があちこちで降っているようですが、どういうわけか海老名周辺は雨雲が発生せず、大地は乾いたまま。秋冬の野菜生産に向けて種まきなどの準備に入る農家も困り顔です。

 さて、今日は安倍総理が久しぶりに記者会見をするそうですが、どんな話をされるのでしょう。コロナ対策に関することはともかくも、健康不安説に対する説明がされるといったことの方に注目が集まっているようです。私も政治に携わる端くれとしては、国のトップにはいつも何を話す・・はイコール国民が何を聞きたいかということに忠実であって欲しいと思っていますが、今回の件について、つまり総理自身の健康にまつわることについては、極めて個人的なことであり、国民のだれであっても話せと求められるものではないと思っています。ただ、来年のオリンピック開催を前提に考えるなら、総理の体調といったこととはまったく別な次元の問題として、オリンピック前の早めの段階で総選挙を決断するには、すでにタイミングが来ていると思っています。今日、そのことについての言及があるならば私も「いざ鎌倉」といったところです。

 海老名耕地からは、西の空にそびえる大山の阿夫利神社。名前の由来は雨乞いの神「雨降り神社」とのこと。そろそろひと雨下さいと、阿夫利様に向かって手を合わせたい残暑の朝です。

posted by おさだ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月26日

命をけずって

 野党合流も結構なことですが、またぞろ立役者として「小沢一郎」という名が出てくるのには、まとこにもって鳥肌の立つ思いがします。まぁそれ以上に、選挙前に関係者にゲンナマを配っておいて、買収のつもりは無かったとシラを切る人間が法務大臣だったなんて・・あきれてものが言えない。無実ではないけれど、無罪だと言いたいのか・・。

 話を変えましょう。

 市内で頑張って乳牛を飼育していた酪農家が、牛乳の生産を廃業したという話が聞こえて来ました。二十年以上も前から、牛乳の生産と同時にジェラートを販売する、今で言う六次産業化を実現していた酪農家さんのことだけに、ちょっとショックを受けています。実は最近気づいたことなのですが、コンビニで500cc入った牛乳を買うと、その価格が137円で、下手をするとペットボトルに入ったお茶より安いということ。これでは酪農の経営が厳しいのはあたりまえ。まして飼料が高騰する中、今年のような猛暑から牛を守るには設備を強化したりと、経費ばかりがかさみ、酪農家は365日休まず働くことで経営を維持しているというのが現実のようです。茅ヶ崎のある酪農家は言いました「牛乳は牛の命をけずって飲むものなのだ」と。

 どんなものにも適正な価格(対価)というものがあるんじゃないかな・・競争、競争で低価格、高品質、高付加価値を極度に求める経済は、やがてどこかにひずみを生んで、立ちいかなくなるような気がしてなりません。コロナを機に、考え直さなければならないことはたくさんあるような気がします。

 政局よりも政策を。

posted by おさだ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月25日

いのちを大切にするメッセージ

 短い夏休みが終わり、小中高の各学校で授業が再開され始めました。例年、夏休み明けには生徒の自殺が急増する現実があり、教育現場では生徒の心身の状態や変化に腐心する時期であります。特に今年はコロナウイルスの影響で休みの期間が短く、また感染防止のため、旅行に行くとか、友達と遊ぶ、部活に打ち込むといったチャンスも少なかったはず。そうした特殊な状況に鑑み、神奈川県教育委員会では各県立学校及び県下の市町村教育長あてに「いのちを大切にするメッセージ」を、下記の例文を含めて発しました。
 教育現場も気を付けてくれてはいますが、それ以上に子供たちの家庭や地域が、しっかりと見守ることが大事ですので、皆様もご協力を頂きますようお願い申し上げます。

 児童・生徒の皆さんへ(例)
夏休みが終わり、学校生活が始まりました。
皆さんの中には、「休みが短かった」「遠くに行けなかった」「友だちと一緒にいる時間が少なかった」など、新型コロナウイルスの影響で、いつもの夏休みのように「思い出づくり」ができなかったと感じている人も多くいるのではないでしょうか。
新型コロナウイルスは、未だ不明な点が多いウイルスと言われており、誰しもが不安を感じることと思います。こうした中で、勉強のこと、進路のこと、部活動のこと、友だちのこと、家族のことなど、いろいろと思い悩むこともあるでしょう。また、様々な変化の中で、ストレスがたまって、体や心に負担がかかることもあるでしょう。そのような時には、一人で悩みを抱え込まずに、(担任、部活動顧問、養護教諭などの)先生や、スクールカウンセラー、家族など、周囲の人に相談してください。
「SNSいじめ相談@かながわ」や「24 時間子どもSOSダイヤル」などの窓口に、相談することもできます。
また、友だちから相談されて、自分ひとりでは支えきれないと感じる場合もあると思います。その時は、信頼できる大人に相談してください。
先生方をはじめ、周りの大人は、あなたたちの支えになりたいと心から思っています。辛い時、困った時、一人で苦しまずに、ぜひ声をかけてください。
posted by おさだ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月24日

多頭飼育

 ここのところペットの多頭飼育について、県民の方から相次いで相談を受けています。夏の暑さが厳しかったこともあるのか、異臭がもれるなどして近所の人がそれに気づくというケースが多いようです。
 多頭飼育は神奈川県の保健所や動物保護センターの所管する問題なのですが、飼い主を説得してすんなりと解決するケースは少なく、かと言って強制的な措置というのもなかなか取りづらい問題です。また、住人自身の福祉的な必要や、ごみの溜め込みなどの問題が併存していることもあり、それらに関係する行政部署や地域社会、親戚知人、ボランティアなどが多面的な角度から関わって行かなければ、問題の解決には向かって行けないことが多いようです。ただ、ペットが虐待を受けているとか、病気にかかっている、あるいは住民自身の健康に問題があるなどのケースは即座に踏み込んで行かなければなりません。しかし、そこまでではないケースについては多少時間もかけながら説得して行くことが肝要ということのようです。

 さて話は変りますが、私の母の実家はかつて自由民権運動の盛んであった厚木の荻野であり、ご先祖の中には熱心にこの運動に取り組んだ人もいるようです。実は昨年亡くなった叔父の遺品の中に貴重な資料があり、昨日は伊勢原の雨岳文庫で行われていた「自由民権資料展」にこれを持ち込んでみました。そしたら研究者の皆さん「これは貴重なものが出た」と大変驚いて頂き、早速大学の先生に鑑定して頂くことになりました。
 国民主権の黎明期、それを求めて決起した若者たちの熱き時代があり、そんな血を私も引き継げたのかな・・と、少々誇りに思いつつ。
IMG_7887.jpgIMG_7890.jpg
posted by おさだ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月23日

自己研鑽

 暑い日が続いていましたが、今日は朝から気温が低めで、ホッとできますね。まだまだ厳しい残暑は続くようですが、天気予報では今週からは30℃程度まで暑さがやわらぐのだとか・・。

 例年なら、議員は盆踊りや市民まつりなど、夏のイベントを駆け回っている季節ですが、今年はそれらが全て中止となっています。ぽかりと空いてしまった時間・・議員は暇を持て余すのではなく、この機会を逃さず普段できないことをして、自己研鑽に努めたいもの。
 そういう時に大いに活用したいのが政党による活動。昨日は私が副幹事長を務める「かながわ自民党」で二つの会合を持ちました。一つは、内閣府で副大臣を務めている平将明衆議院議員をお招きして我が国の成長戦略について講演して頂き、自民党の党員の皆さんと一緒に学ばせて頂きました。もう一つは県内市町村の自民党所属の議員が集まり、憲法改正に向けての勉強会。その他別グルーブは県議会議長が主催する湘南海岸でのビーチクリーン活動に参加・・など。
IMG_7880.jpgIMG_7882.jpg
 今日は・・個人的な研鑽として、伊勢原の雨岳文庫へ行って、かつての自由民権運動について勉強させて頂くほか、市民の方から、動物愛護に関する相談をお受けする予定です。

posted by おさだ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月18日

地震、カミナリ・・

 コロナ、コロナで、ついつい他の大切なことを忘れてしまいがちな昨今ですが、決して忘れてはいけない事の一つがこれからやって来る台風シーズンに向けての備え。今年の7月は異例なことに台風の発生が無かったということもあり、風水害に対する危機意識が薄れてしまってはいけません。そんな中、特に昨年の台風で緊急放流が行われた県の城山ダムでは、貯水量が満杯にならないよう、豪雨時の事前放流の仕組みを改善するなど、新たな運用を今日から始めると発表しました。
 地震、カミナリ、火事、オヤジ・・なんて言ったら若い人に「何ですかそれ?」と言われたことがありましたが、怖くなくなったのはオヤジばかりで、大規模地震の切迫性は日々高まり、温暖化による気候変動によって風水害は年々甚大になっています。もちろん火災も一瞬のうちに街を焼き尽くした新潟県糸魚川市での三年前の火災は記憶に新しいところ。コロナも充分に気を付けながら、災害についても注意怠りなくまいりましょう。

 余談ですがちょっと怖い話・・
IMG_7867.jpg
 先日のお盆。先祖様の送り火を焚いた様子をSNSにアップしたところ、うちの母の後ろにだれかいる! 先日他界した父の霊か・・! と一部で話題になりました。でも前後の写真から暗がりにうちの息子がいただけと分かり、ホッとしました。地震、カミナリ、火事、オバケ(笑)

posted by おさだ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月17日

国際社会の現実

 新型ウィルスの感染拡大が続いています。
 今思うのは、保健所の職員を始め、関係者の皆さんはきっと夏休みどころではないんだろうなぁ・・と。一人の感染者が出れば聞き取り調査を行なって、多くの濃厚接触者を洗い出して連絡をとり、ネズミ算のように増える接触者をPCR検査や隔離などへつなげる、そうしてウイルスをしらみつぶしにして行く作業はとても煩雑で、その感染者が県内で日に100人を越えるとなれば、その大変さは私などの想像をはるかに超えるものだろうと思います。
 思えば、今年の正月はぶた熱(豚コレラ)ワクチンの緊急接種で、環境農政局のスタッフや獣医の皆さんは元旦も大晦日も無く働いて頂きました。我々は感謝しているだけではいけませんね。こうした事象に対する危機管理と緊急対応について、日頃からの備えができるように、議論し具体に進めるのがこれからの課題です。

 さて、新型コロナウイルスに効果のあるワクチンを世界に先駆けて実用化するとしているロシアですが、そのロシアによるサイバー攻撃によって、新薬の開発情報が盗まれている事案が海外の研究機関などで相次いでいることから、厚生労働省は国内の製薬会社などに対策を呼びかけたと今朝のニュース。コンピューターウイルスを使ってウイルス薬の情報を盗むなんて、しゃれにもならない国家犯罪ですが、国際社会の現実はまさにこういうことであり、昨今TikTokについて米国大統領を神経をとがらせているのも同じようなこと。そして日本という国はこうしたサイバー犯罪に対して情報セキュリティーが極めて脆弱な国であり、知らずのうちに大切な知財や情報が盗まれてしまっている可能性はとても大きいと、国会の中ではこうした分野の第一人者である甘利明氏が再三に渡って警告を発して来ました。
 本当に私たちの国はデジタルトランスフォーメーションの時代に向けて真剣に取り組まなければ、これまで積み上げて来たものがあっと今に世界の悪の食い物にされてしまう。そんな危機感を改めて感じさせられたニュースです。

 今日から夏休み明けの方も多い事と思います。
 激しい暑さはまだまだ続くようですので、どうぞお気を付け下さい。


 
posted by おさだ at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月15日

六道

 暑いので、部屋にこもって本ばかり読んでいます。
IMG_7862.jpg
 今日は終戦の日。昨日はマスコミの印象操作とも思える記事にあきれてあんな風に書きましたが、不戦の思いは私も強いものがあり、それは学生時代に戦没者の遺骨収集事業に従事した経験から発するものだと思います。
 ところで、父が亡くなってから「ふた七日」が過ぎました。仏教の教えではこの七日の節目を七回過ぎた四九日目に死者は審判を受け、極楽浄土へ行けるか、または六道と言われるちょっと辛い世界に転生させられるかが決まるのだとか・・(ネットで調べただけの浅学です)。
 その六道とは天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道の六つで、なんとなくその文字を見て想像するに、人間に生まれ変わるならまぁ良いとして、生前の行いが悪ければ、動物になったり鬼になったり・・なんと恐ろしい顛末が待っていることでしょう・・。うちの親父はおとなしい性格の人で他人と争うようなことが一切無い人でしたから、きっと天道へ進んでくれるのかな・・いやいややはり人間に生まれ変わってどこかで出会ったりするのだろうか・・。

 ま、とりあえず今朝も実家へ行って線香をあげてくるか。

posted by おさだ at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月14日

プロパガンダ

 大手マスコミや47都道府県に等しく配置されている地方新聞にイメージを絞っての話ですが、この季節、戦争の歴史を振り返るというテーマでマスコミ各社は様々な特集を組みます。しかしその中にはあまりにも自虐的な史観に基づくものもあり、読んでいて、見ていて、辟易とすることがあります。中には戦争の悲惨から政権批判へイメージを誘導するものや、平和、反戦の主張に社会科の教科書採択という次元の違う問題を取り込むものまで。

 犠牲者の思い出をつづるなど、戦禍の歴史を振り返ることはとても大事なことです。同時に過去に起きた戦争は常に「平和を守る」というアピールの元に引き起こされていることを踏まえることも大切です。そういう意味では、あなた方マスコミが国民を煽り、戦争を扇動した歴史にこそ思いをはせて欲しいものだと思ったりもします。

 いよいよ米国による中国企業の締め出しが始まり、米中対立は抜き差しならないことろまで来てしまいました。香港、南沙諸島、北朝鮮、戦争の火種はすでにパチパチと音を爆ぜており、これをマスコミがどう伝えるかということこそ大事で、未来を考えるために歴史に学ぶという姿勢を持っていたいと、実は今朝の神奈川新聞の一面記事はコロナ対策と戦争を絡めて「よみがえる国民統制」だという記事を見て朝から暗澹たる気持ちになったもので・・。

posted by おさだ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月13日

ポスト安倍

 昨夕は、北西方からの遠雷と共に雨雲がやって来て、パラパラとした雨を半時ほど降らせました。
 6月、7月は倦むほどに濡れきった長梅雨でしたが、それが明けるとまるで野球の攻守が入れ替わるように照り続き。昨日の雨はわずかでしたが、それでも生き物にとっては良いお湿りだったのではないでしょうか。

 さて、秋には総選挙・・と、私は予想していますが、政界もおそらくこれに向けてでしょう、様々な動きが表に出ています。野党の結集はいよいよ国民民主党の分党という形で進みそうですし、自民党内もポスト安倍をめぐって、岸田は平時の駒だ、だとか、コロナ危機だから菅とか・・河野の目が急浮上・・いやいやコロナで注目の西村か、スリーAと言われた安倍、麻生、甘利の下で実力を付けた茂木・・なんて様々な話が出ています。こうして見れば自民党もなかなか多士済々ですし、神奈川の自民党に身を置く私としては県内から菅、河野と二人も名前が挙がっていることをうれしく思います。
 それで・・この総理選びについて私は思うのですが、目先の政権維持のために国民的な人気にばかり重きを置いて、かつての小泉政権のような轍を踏むようなことは避けて欲しいと。小泉さんの政権運営が悪かったと言うのではありません。小泉純一郎という個人のキャラクターに寄ってすがる政治ではその後が続かなかったということ。小泉退陣後、安倍、福田、麻生と、確かその順番だったと思いますが、それぞれ実に短命のうちに終わり、民主党に政権を奪われた過去があります。それを振り返れば同じような失敗を繰り返さないようにすることが大事だと思うのです。

 コロナ禍による経済的なダメージは大きく、この先は景気や財政の面で厳しい時がやって来そうです。また米中の摩擦は一層激化し国際社会も安定を欠き、我が国も難しい選択を迫られる時代に入って行くのでしょう。そうした中でどういう人を総理大臣に選んでいくか、実は今、この夏がとても重要な時期だと私は思います。

posted by おさだ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月12日

農耕

 海老名市では気温37℃を記録!なんてメディアが伝えるものでから、「海老名って暑いところなんですねぇ」なんて市外の方から言われ、もう説明するのもつらいというか、暑さと相まって、頭がくらくらするような思いがします。たまたま県央地域では海老名に観測所があるだけのことなのですが・・(汗)。

 コロナの問題が深刻化して以来6カ月ぶりに安倍総理がジムに入って汗を流したとか・・。ジムどころか国民の命を預かる総理大臣は、この間休暇を取ることはできているのだろうか。やはり適切なOFFがなければ良い仕事もできないでしょうし、そこは周囲が気遣いをしてあげて欲しいところです。

 一方、コロナによる自粛と、父の死去による服喪が重なっている私は安易に外出することもままならず、昨日から盆休みを頂いております。
 父が遺した畑の一部を譲り受けて、これからは少し農耕をしようと思うのですが、この数年耕作できていなかった耕地はすっかりやせていて、まずは堆肥をしっかりと入れて土づくりから始めねばなりません。
IMG_7850.jpg
 それにしても、暑いですね。
posted by おさだ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月09日

いきみたま

 お盆休みの時期となりました。先日わが家の菩提寺では「お施餓鬼」が行われていました。
 一般に人が亡くなった後、最初にやってくる盆を新盆(にいぼん)と言いますが、うちの場合、父が亡くなってまだ49日が過ぎておらず、つまりまだ父は来世に旅立っていないとこから、新盆は来年という事になるそうです。

 ま、身内の話はともかくとして、全国で新型ウイルスの感染が拡大する中で、盆休みの帰省については自粛要請はしたいが、それをすれば経済が冷え込んでしまうと、その狭間に悩む政府と、特措法で現場の責任を負わされた格好の都道府県知事との立場の違いが明らかになっています。これを国民から見る、とやはり我が国全体の統治機能が乱れているように見えてしまうのではないかと、心配になります。

 盆はご先祖様の御霊が帰って来るという事ですが、併せて今を生きている親族などの人々、これを「いきみたま」と言うそうですが、このいきみたまが集まり、互いに交流をすることも大切なことだとされているそうです。
 帰省ばかりではなく、私も例年なら昨日、今日あたりは盆踊りの会場をはしごして市民の皆様と交流しているはずですが、今年は残念なことに市内においてはただの一件も盆踊りが行われるという話は聞きません。
 しかし、これも現在の感染状況では仕方のないこと。無くして初めて気づくものもある・・そう思って今年はこの特別な夏を記憶にとどめ、やがて災厄が治まったときに「ああ、やはり普通の日常がありがたい」そう思えるようにするしかありませんね。

posted by おさだ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年08月05日

父が遺したもの

 父の葬儀があり、ブログの更新をしばらく休んでおりましたが、おかげさまで初七日も過ぎ、仕事に復帰しております。この間、通夜にご会葬頂いたり、励ましの言葉を頂いたりした皆様、本当にありがとうございました。なにしろ父の逝き方があまりにも立派というか理想的で、病まず、苦しむこともなく、恐れることもなく、自分の家で、自分でできることを一つずつ失って行き、「いよいよ最期かな・・」と、見守る家族が覚悟できるように命の炎を小さくして、おふくろと二人きりの時に大きく二つ息をして、ふつっと消えた、そんな終わり方でした。ですから、悲しいというよりも、私もこんなふうに死んでいきたいと思えるような、一つのお手本を示された気がしています。

 ただね、初七日を終えて父の遺品を整理していたら、いつも作業服のお尻のポケットに入れていた財布があり、使い込んだその財布の中から出てきたのが、小さくたたんだ何枚もの紙。
IMG_7809.jpg
 これにはちょっと・・まいってしまいました。

posted by おさだ at 09:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年07月29日

生前のご厚情に感謝申し上げます。

昨日、父が88年の生涯を閉じました。
働いて働いて働いて、妹7人を嫁に出し、子供三人を大学まで行かせてくれた父でありました。
まさに老衰ということで、どこを病むことも無く、自宅で家族に見守られながら旅立って逝きました。生前に皆さまから賜りましたご厚情に遺族一同心より感謝申し上げます。
尚、通夜につきましては明日30日㈭午後6時から8時まで(密集を避けるため、充分な時間を確保致しました)、大和斎場にて執り行い、告別式については家族のみにて行う予定をしております。新型コロナの事もございますので何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
posted by おさだ at 08:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感