2018年03月21日

トライアルアンドエラー

 大学生の息子とテレビニュースを見ている時の会話。
「俺、森友とか財務省とかの問題、よくわかんねぇ」
「就活の大学生がそんなことも分からないでどうすんだよ、ちゃんと新聞読んでるか?」
「読んでるよ」
「じゃ、そこに書いてあるだろう」
「書いてねぇ」
「なんで?」
「だって、なんで国有地にゴミが埋まってんのか、そこがそもそも分かんねぇもん」

 確かにそうなんですよね。

 さて、県議会は昨日本会議を開き、現年度(平成29年度)分の議題について採決を行いました。議題の中には、丹沢などの山で捕獲する鹿や猪の肉を食材(ジビエという)としてレストランなどで提供できるようにしようと計画した、ジビエカーの導入を断念する趣旨の補正予算案もありました。ジビエカーとは、食肉処理設備を搭載したトラックのことで、山で捕獲した鹿や猪を捕獲場所に近い山道で車に乗せ、その場で衛生的に食肉処理しようというものですが、事業の断念によって予算計上した1500万円を減額することになりました。
 県当局によると断念の理由は、事業を委託した事業者が事業計画を立てたものの、どうやって試算しても採算がまったく取れないことが分かったため、ということですが、有害鳥獣の被害に苦しむ地域の議員からは駆除を進めるために期待していただけに「計画があまかった」「採算なんてどがえしでも・・」と、苦言が出されていました。
 しかし、私が所属していた自民党の政務調査会ではこのことを大きく取り上げて行政を批判することはしませんでした。なぜなら、行政とはいえチャレンジ色の強い取り組みはうまくいかないこともあり、ある程度のトライアルアンドエラーは仕方ないと考えたからであります。つまり今回のようなことを過度に批判してしまっては、行政組織や職員個々が新たな課題にチャレンジしようとする意欲をそいでしまう一面があるのです。

 財務省の問題に戻りますが、決済文章を書き換えたという事実は明らかに不当な行為と言わざるを得ません。ただ、近畿財務局が過去の遺産であるゴミの埋まった土地を処分して、民間の有効活用を進めようとしたことは理解できるところであります。
 理財局は国会での追及をかわすために文書の改ざんを行ない、その結果として自らが進めるべき仕事の足かせを作ってしまったわけで、このことによって進めるべき国有地の処分、活用が止まってしまうこと、それこそが実は問題だと私は思うのです。


posted by おさだ at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月20日

企業と行政

 昨日は役得というか、楽しい仕事がありました。
 神奈川県内に13ある酒蔵が加盟する神奈川県酒造組合主催の「きき酒会」。今年の新酒を各酒蔵が持ちよって毎年行われている行事に、今年は酒好きの県議会議員が招待されました。酒好き・・というのは冗談ですが、地元に酒蔵のある議員の一人として私も参加させて頂きました。
IMG_2378.jpgIMG_2380.jpg
 どの酒蔵の酒も美味いですよ。
 あー幸せ・・・で、今朝は若干の二日酔い・・。
 二日酔いの朝もそうですが、私は毎朝野菜ジュースを飲んでリフレッシュします。

 さて、神奈川県はこのほど私が毎日飲んでいる野菜ジュースやトマトジュースで有名なカゴメ(株)と包括協定を結びました。
 協定では神奈川県が進めている「未病改善」の取り組みについて、同社の様々なノウハウを提供して頂き、例えば給食の献立や食育への支援を頂いたり、県産食材によるフードメニューの開発。災害時に同社から救援物資の提供を受ける事。あるいは職場での課題可決に関する取り組み方法など、企業経営のノウハウを県立高校の授業に取り入れさせて頂くことなどが想定されています。
 企業と行政や県民がコラボレートしてお互いにWin・Winの関係が作れたら、それは大変良いことです。うまくいって欲しいですね。

 今日は県議会本会議。
 あいにくの雨ですが行って来ます。

posted by おさだ at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月19日

裏に隠れた表

 皆さん知ってました?
「裏」という文字には「表」という文字が隠れていることを・・。
IMG_2304.jpg
 物体のある面を表と定義するから、その反対側に裏ができるわけで・・表裏一体ということですかね。

 さて、その裏がよく見えないのが財務省。その解体論もちらほら聞こえて来ます。
 なぜなら・・・この省だけは他のどの省とも違う特別な存在で、まぁ当然と言えば当然なのですが、国の財務を司っているこの省の「予算の配分」によって他の全ての省は仕事をするわけですから、求める側の他省と与える側の財務省という、予算という点では全く逆の立場にある「特別な省」なのです。
 その財務省、ある政治家に言わせると、「国会議員を脅しあげるくらいのことは平気でやる」とのこと。これは別の国会議員さんに聞いたことですが、財務省があまりにも政治サイドに口出しをするものだから「それはいくらなんでも役人としてののりを越えているぞ!」、つまり役人としての立場を超え過ぎていると注意をしたところ、翌日相手の高級官僚から高級海苔の詰め合わせが届いたとか・・。政治家の忠告を冗句で受け返す態度に唖然としたと、その国会議員さんは話していました。

 城山三郎さんの小説などにも描かれていますが、「この国を動かしているのは俺たちだ」というのが財務官僚の心意気だそうです。その裏には「政治家なんて・・」という感覚もあるのかも知れません。もちろん、選挙や人気を意識する必要なく、ポピュリズムに陥らない立場から行政を見ることができるというのが役人の特性ですから、そういう感覚を持つのは悪い事ではありません。
 ただ、財務省に対する様々な風評を思い起こすと、今回の決裁文書の書き換えは、財務省内の独断で行われた可能性も充分にあると、思えてしまうのです。


posted by おさだ at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月15日

パラリンピックを先にやったら

 ピョンチャンで行われているパラリンピック。アルペンスキー大回転女子座位で日本の村岡桃佳選手が今大会日本勢初の金メダルを獲得!!
 でも、あのオリンピックの盛り上がりに比べたら、パラリンピックは人々の関心も報道のされ方も実に地味な印象があります。(世間の話題を集めている財務省問題がいけないのかもしれませんが・・それは別として)
 世界の平和や人類の共生を目指すのがオリンピック精神であるならば、私は人間の体力の限界に挑むオリンピックよりも、人と人の個性の違いやハンデキャップを乗り越えながら行うパラリンピックの方がふさわしい大会であると思います。ですから、パラリンピックをオリンピックの後にやるのではなくて、先に実施した方がいいんじゃないかと思うのです。競技場の完成度やバリアフリーなどの配慮はオリンピックよりもむしろパラリンピックの方が高い水準を求められます。まずはそのパラリンピックをしっかり成功させ、盛り上げて、次のオリンピックにつなげて行く・・・って感じですかね。その方が良いと思うのですが、皆さんいかがでしょうか。

IMG_2300.jpg
 庭先にやって来た春が、名も知らない小さな花を咲かせました。
 県議会は今日予算委員会最終日。各党が総括質疑を行います。財務省の問題で国の予算審議が進まない中で、地方自治体の予算が先に成立する・・そんな逆転現象が起きないように、国会も財務省の問題は問題として、予算は予算でしっかりと審議して結果を出して欲しいものです。

 花の名を調べました。「ホトケノザ」だそうです。でも春の七草でいうホトケノザとは違い、これは食べてはいけない植物だそうです。
posted by おさだ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月14日

庭先の春

 ここのところ暖かい日が続いて、いよいよ春がやって来たな・・と実感できますね。「庭先の春」なんていう季節の言葉もありますが、桃の花もほころび始めました。

 アメリカではいきなりティラーソン国務長官が解任されたと今朝のニュース。政治的な側面の強かった平昌五輪でも大きな役割を演じ、これから緊張の増す対北朝鮮外交の要の一人のはずですが、その人を米国大統領は「考えが違う」と、バサリと切り捨ててしまう。それが正しいことかどうかは分かりません。ただ、その一方で我が国の総理大臣は、日本の政治の信頼を揺るがす財務省の決済文章の書き換え問題が明るみに出てもなを、人事をためらっているように見えるのがとても残念です。
 
「政治家は使い捨ての消耗品」そう言ったのは小泉純一郎元総理。

 政府(自民党・公明党)には有能な人材がたくさんいるはずです。いつまでも古い金看板をかかげ続けているから、次の人材が表に出てこないだけではないでしょうか。
 ここは人心を一新することで、森友だの加計だのという問題にケリをつけて、政治を前に進めるべきだと私は思います。

posted by おさだ at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月12日

今日の国会はどうなってしまうのだろう・・

 昨日から花粉が多く飛んでいますね。
 私も花粉症の症状が激しい方で、朝の起き抜けなどはクシャミが止まらずメクチャハナクチャ、悶絶するほど苦しみます。そこで、先週から空気清浄機を室内に設置したのですが、これはいいですね。今のところ朝や夜中の発作は起きていません。

 さてさて・・

 日本の政治のゆくえが気がかりです。
 今日の国会はどうなってしまうのでしょう・・。

 私も自民党に籍を置く者ですが、いつまでも安倍・麻生の体制に安穏としていてはいけない。次の体制をしっかり準備しなければいけないと感じます。政治には力強いリーダーシップが必要ですが、正しくないことまで押し通すようなことであってはいけないし、周囲が忖度して無理を通すようでもいけません。もちろん今日の財務省の発表がそんなことでないことを、期待したいのですが。

 神奈川でも今週、自民党(県連)の体制が一新します。私も重い役職に就くのかも知れません。
 若い頃は「政党政治なんてだめだ」と思っていた時期もありました。今は、政党は国民のためにあるのであって、所属する議員のためにあるのではない。そのことを忘れないようにしたいと思います。

posted by おさだ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月11日

自浄作用

 震災から7年、3月11日ですね。
 今だ避難生活を余儀なくされている方たちも多く、復興にこれほどまでの時間がかかろうとは当時思いもしませんでしたが、とにかく原発の被災さえなければ、こんなにも深刻な事態にはならなかったろうにと、悔やんでも仕方のないことですが、そのことをいつも思います。

 さて、森友学園問題にまつわる財務省の資料改ざんの問題は深刻です。役所が議会に対して嘘をつくようなことなら、それは信用を前提としている我が国の行政制度や議会制度を根幹から揺るがす問題だと感じています。
 これが財務省という言わば特異体質とも言える省に限ったことなのか?他省もそうなのか?あるいはそこに政治サイドの関与があったのか?仮にそうだとすれば、安倍政権は存続しえないほど深刻な問題であるし、自民党としての政権も大きく揺らぐ事態となるでしょう。

 急展開を見せる北朝鮮情勢、来年には天皇陛下のご譲位があり、その秋には消費税の増税、その先に東京オリンピック・パラリンピックも控えている。こんな大事な時に、我が国の政権がぐらついてどうするんだ。

 小さな学園一つの問題でいつまでもつまづいていないで、事実関係を明らかにしてさっさと前に進んで欲しい・・と思って来ましたが、問題の根幹は財務省の隠蔽体質にあることが資料の改ざんが明らかになることによって、白日の下にさらされるわけです。

 どうなるにせよ行政の最高責任者は安倍総理。

 ここは思い切って患部を切除する勇気が必要だと思いますが、自浄作用を発揮できるか、自民党という政党の真価が問われるときだと感じます。


posted by おさだ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月09日

気になりますが・・

 おはようございます。
 すごい雨でしたね。朝一番のニュースでは「神奈川県海老名市では午前4時までの1時間で72mmの大雨となりました」「神奈川県寒川町の目久尻川では氾濫の可能性がある危険水域を越えていることから警戒をしています」「JR相模線は海老名駅と寒川駅の区間で運転を見合わせています」 と、身近な地名を挙げて全国ネットが伝えています。
 私も大雨になると永池川が溢れて浸水する自分の事務所が気になり、午前4時ころ行ってみましたが、やはり前の道路が10pくらい浸水し、その道を走り抜ける車からの波で床が水浸しになってしまっていました。

 さて、県議会では三名の議員が民進党に離党届を出して、立憲民主党に入党したことから、会派の構成がどうなるのか・・議会運営について、今日緊急の会合を開くことにしました。当事者の民進党県議団は離党者が続出することを警戒しているのか、自発的に問題を整理できない状態のようです。
 都知事の小池さんが始めたお騒がせな新党立ち上げの余波に、地方の議員が翻弄される様子は傍目に見ていても気の毒なくらいです。

 とにかく議会に行かなきゃ。

 昨夜の雨で市内でも被害が出ていることでしょう。夜明け前のあちこちで赤色灯を回している消防の車両を見かけます。地元が気になりますが仕方がありません、それでもとにかくこれから県議会に行ってまいります。

posted by おさだ at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月07日

支援者に囲まれて

 政治の仕事をしていて、つらいと思うこともストレスを感じることもあるけれど、自分を応援して下さる方たちがいると思えば頑張れるもの。そしてそういう人たちと一緒にいるときというのは、なんと言いますか・・本当に心強く、そして癒されるものです。
IMG_2261.jpg
 昨日から春の県政レポートの発送準備が始まり、多くの支援者の方たちが私の事務所に手伝いに来て下さっています。たくさんの手紙を発送しますので、宛名のシールを封筒に貼ったり、レポートを封入したり・・わいわいと話をしながら一日を過ごす。そんな日があと二日くらい続きます。

「ああ、ありがたい、ありがたい」

 県議会は常任委員会での審議が続いています。
 来週からは予算委員会が開会されます。

 春に向かって不安定な天候が続くようですが、体調を崩されませんようにお気を付け下さい。


posted by おさだ at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月06日

虐待

 庭のバードフィーダーには毎朝雀がやって来ます。
IMG_2253.jpg
 チーチーパッパ♪チーパッパ♪♪・・・とつい口ずさみさくなりますが、「ムチをふりふりチーパッパ」の部分でふと、ムチ?? 曲が作られた時代の時代背景ですかね、今の時代に先生が生徒に対してムチなんて振ったら大変なことになりますし、こんな童謡の作詞もありえませんよね。

 さて、5歳の自分の子供を殴るなど虐待して死なせた男が逮捕され、連日報道されています。報道では過去にも二度、虐待の罪で書類送検されていたことや、子供を児相が一時保護していたことなど、この虐待が長い間続けられていたことが伝えられています。亡くなった女の子の気持ちを考えると何とも言葉がありません。

 神奈川県では昨年、虐待を受けたりして心に深い傷を負った子供たちを専門的に、永く、切れ目なく支援する施設「子ども自立生活支援センター(愛称)きらり」を平塚の地に新たに開設し、こうした子供たちの支援を行なっています。 
 今回のような事件を無くすために、あなたの周囲で「そうかな?」と思うような現象を見付けたら、躊躇せずに、まずは市役所や児相、あるいはこの「きらり」のような専門施設に相談してみることが大事です。
 虐待している方も、虐待を望んでしているわけではなく、そういう心理状態になってしまう自分に苦しんでいるのだろうと思います。そうした家庭に第三者が介入することはとても大事なことだと思います。
 今日はその「キラリ」のホームページをリンクしておきます。
http://www.pref.kanagawa.jp/div/1329/

posted by おさだ at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月05日

議会運営

 昨日、立憲民主党が県内で地方組織を立ち上げ、県議会からも三人の議員が参加したと、今朝の朝刊が報じています。併せて、同党に入党した議員は民進党に離党届を出しているが受理されていないとも・・。つまり二重党籍の状態ということ。

 現在開会中の県議会にも影響のある問題で、会派の構成が変われば、常任委員の配置や各種の役職、議席の位置まで、変更の手続きを取らなければなりません。県民の皆さんにとっては細かなことだと思われるかと思いますが、スポーツに細かなルールがあるように、主義主張をぶつけ合う議会においてもこうした議会運営上の取決めは大事なことなのです。

 一義的には早速民進党から他の会派への事情説明があり、各派が議会運営委員会を開催して相談をすることになるのですが、すでに定例議会の日割り日程が組まれており、今日も四つの常任委員会が招集されてしまっています。もちろんそれをおろそかにするわけにはいきません。

 どうしたことやら・・・新聞記事にあった通り「議会が終わるまでは態度を表明できない」としている議員もいるとか。こうした議員は、議会運営というものをしっかりと認識しているのだろうと思います。

posted by おさだ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月01日

巨星墜つ

 県議会議員の大先輩である水島祐吉先生が亡くなり、今日は大和斎場でお通夜が営まれます。私は常任委員会を終えたらそのまま会場へ向かいます。
 つい先日は元海老名市議会議長の武井平八郎先生が亡くなったばかりです。

 どちらの先生も私にとっては大恩人で、29歳のときに市議会議員に当選できたのは、それまで市議として守っていた本郷地区の地盤を「後継者なんてのはよくねぇ。応援してやるから思いっきりやれ」そう言って惜しみない支援をして下さった武井先生のおかげです。37歳のときに県議会議員に落選した時からくれまで、盆暮れの挨拶に伺うと、私を台所のテーブルに座らせて、自らお茶を淹れて、あれこれとご指導下さり、柏ヶ谷地区をがっちり固めて支援して下さったのが水島先生。

 お二人とも90歳。

 人の恩というものが、身に染みる今日この頃です。

posted by おさだ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年02月28日

いじめ防止

 今日はピンクシャツデーだそうで、私もピンクのシャツを着て出かけてみようと思います。
IMG_2207.jpg
 ピンクシャツデーとは・・(公式ホームページより)
2007年カナダの二人の学生から瞬く間に世界に広がった世界的いじめ反対運動。 ピンクのシャツを着て登校した少年が「ゲイ」だといじめられた。 それを見た二人の学生がピンクのシャツを友人・知人に配り翌日登校した。 学校では、呼び掛けに賛同した多数の生徒がピンクのTシャツを着て登校。 学校中がピンク色に染まり、いじめが自然となくなった。 そのエピソードがSNS等世界中に広まり現在では70ヵ国以上の国で活動が行われている。

公式ホームページ
http://www.pinkshirtday.jp/

神奈川でのイベント
https://www.kodomofund.com/pinkshirtday/2018/
posted by おさだ at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年02月27日

綾瀬インター

 先日の夜、海老名駅を降りて駅入り口の交差点に立つと足下に白い鳥の糞がいっぱい。
 見上げてみると電線に白いお腹を見せる小鳥の群れ。長めの尻尾の様子からセキレイと思われますが、さえずるでもなく、じっと静かに電線にとまっていました。
 人を怖がらず、道案内でもするように前を歩く鳥ですが、こんなふうに群になることがあるんですね。
IMG_2194.jpg
 人の多い場所ですから、フン害に合う人もたくさんいそうですね。
 皆さん気を付けて。

 さて、昨日は東名高速道路綾瀬インターチェンジの建設に関係する人たちが集まる「地区協議会」が県の施設で行われました。予定地の中に立地している企業の移転先が決まらず建設が遅れ、完成時期も見通せない状態が続いておりましたが、ようやくこの移転の問題に目途がたち、「東京五輪までに完成させる」という計画で建設工事を進めて行く方針が確認されました。
 駅の無いまち綾瀬の皆さんにとっては待望の交通インフラでしょうから、一日も早く開通するといいですね。もちろん海老名の人にとっても非常に便利だと思います。

posted by おさだ at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年02月25日

良い村は・・

 ふと、もののけ姫で主人公のアシタカが言ったセリフを思い出しました。
「良い村は女が元気だと聞いています」
 だったかな・・。たたら場で冗談を言い合い、歌を唄いながら鉄を溶かすためのふいごを踏む女たちを見てのセリフでした。

 昨夜は晩酌をしながらオリンピックの女子カーリングを見ていましたが、強豪イギリスに勝っての銅メダル、立派なものですね。後攻のチームが1点ずつを取り合う我慢の試合展開。「積極的に攻めるイギリスが今日はディフェンシブな試合展開です」と解説者がイギリスの戦いぶりを説明していましたが、やはり負けられない強者の立場がそうさせたんですかね。最後の一投も硬くなってしまったように見えました。
 一方で、スピートスケートの高木菜那選手はすでにパシュートで金メダルを獲得しているから、硬くならずにチャレンジできたという趣旨の発言をされていましたが、最後の一周で一瞬の隙をつく攻めのレースで本当にみごとな二つ目の金メダル獲得でしたね。

 次は2020東京オリンピック・バラリンピックですね。
 引き続き、女が元気な国であって欲しいね!


posted by おさだ at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年02月23日

苦渋の決断

 この一年間、自民党県議団の政務調査会のメンバーとして本会議での質疑内容を作り上げて来ましたが、本日の一般質問をもって一年のその仕事が終わることになります。

 いやはやこの役職に就くと大変だ・・・。

 さて、今日は議員の定数について検討する委員会が9時30分から開会されます。新聞報道の通り、公職選挙法の規定により南足柄市の選挙区(定数一)を隣接する足柄上郡(定数一)とひとまとめにして定数一とすることを決めて議長に報告しなければなりません。
 どちらの選挙区も今は私と同じ自民党所属の議員が選出されており、我々仲間としては実に苦渋の決断でありましたが、お二人とも潔くこの方針を受け入れて、互いに選挙戦を戦う覚悟をされているようです。
 自分の身に置き換えて・・例えば海老名の選挙区が綾瀬と一つになって、と考えたらそれはつらいよなぁ・・

 もう家を出る時間です。
 それではひとまず、行って来ます。

posted by おさだ at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年02月21日

ジョウビタキ

 ジョウビタキのメス。ここのところ毎朝わが家の窓際に遊びにやって来ます。
IMG_2162.jpg
 議会が始まると朝がせわしなくて・・なかなか日記を書く時間がありません。
 今日から一般質問。そろそろ出かけなくては。

 では、行って来ます。

posted by おさだ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年02月20日

友情

 オリンピックもいよいよ終盤に入ります。平和の祭典であると同時に、世界の人々が「自分の国」というものを強く意識する機会でもあるのがオリンピック。自国の選手を応援したいという気持ちを持つのは世界の人々にとって共通のことのようです。
 ただ、過度に自国の選手ばかりを応援しようとしたり、選手が「祖国のために」といった意識が強すぎると、そこに国と国とを分断する素地を作ってしまう面があると思います。
 そうしたナショナルな思いとは別に、テニスの錦織圭選手がアメリカのテニスアカデミーで育てられたように、スピードスケートの小平奈緒選手もまたオランダに留学して実力を身に付けたそうです。つまりスポーツの世界もベースの部分では国境を越えたグローバル化が進んでいるということ。

 そんなことを考えながらオリンピックの様子を見ていますが、やはり小平選手と銀メダルの韓国選手との友情には「やっぱこれだよね」そんな思いがこみあげて来ました。

posted by おさだ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年02月19日

合区

 宮内庁の発表によると、本日は天皇陛下がご来県されることとなり、知事、議長ともに陛下をお迎えすることになりました。そのため、県議会本会議は開会時刻を若干遅らせて行われることとなりました。

 テレビニュースを見ると日本海側では激しい吹雪の日も多いようで、雪下ろし中の転落などで人が亡くなったという話を毎日のように聞きます。寒くはあるけれど、カラっと晴れる日の多い関東の空の下に暮らしていると、何だか雪国の人たちに申し訳ないような気持ちにもなります。

 さて、国会(自民党)では参議院の選挙で議員を選出できない県を無くすなどのために憲法改正の準備を進めているそうですが、「国会だけじゃないですよ、地方議会も忘れないでね」と、私は言いたい。
 先日の新聞報道にもあった通り、来年の県議会議員選挙では南足柄市の選挙区が人口要件を満たさず、隣接の選挙区と合区されることが、公職選挙法の規定上避けられません。今回は南足柄市ですが、さらにその四年後を予測すると、議員一人あたりの人口が最も多い海老名市(つまり私の選挙区)と比較して人口が三分の一以下の選挙区が愛甲郡を始め三つも四つも出現することになりそうです。こうなると憲法上の「一票の格差」の問題でこうした選挙区もやはり合区ということになるでしょう。そして政令市などの都市部の県議会議員がその分増えるという状態になります。
 選挙における人口要件は大切ですが、県議会議員は市町村自治体の枠の中で選ばれ、意見を代表する側面もあります。人口が集中する市街地だけでなく、森林や河川、農林水産業、医療施設の不足、高齢化、過疎対策など、人口とは別な意味での行政需要もあるわけですから、やはり現在のような仕組みで議員を選出する規定は地方議会においても見直しできるよう法律を整備して頂く必要があります。

 県議会では国への意見書を提出することができます。南足柄市選挙区の合区の問題を機に、国に意見書を提出し、制度の見直しを早急に実現して頂く必要もあると、私は考えています。

posted by おさだ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年02月18日

日本の伝統文化

 昨日はテレビの前にくぎ付けだった人も多いと思いますが、それにしても羽生結弦がみごとな金メダルに輝いたかと思うと、同じ日に同じ羽生でも羽生善治永世七冠が中学生棋士に敗れるという波乱も。
「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」と言いますが、スポーツの世界でも文化の世界でも、小さな子供の頃から飛びぬけた才能を持った存在というのは在るものなのですね。そしてやがてその飛びぬけた人も旬を過ぎ、次の世代に敗れて行く・・。

 さて、昨日は県内の武道9団体による連携組織である「神奈川県武道連絡協議会」による模範演武会に参加して参りました。私は県議会の中に組織されている「県議会武道振興議員連盟」の幹事長を務めています。
IMG_2065.jpgIMG_2071.jpgIMG_2077.jpgIMG_2110.jpg
 今年は相撲、少林寺拳法、居合道、柔道の四団体によるみごとな演武を見学させて頂きました。
 このほか9団体には空手、剣道、なぎなた、弓道、銃剣道がありますが、そのほか私も有段者である杖道、日本拳法、鎖鎌・・古武道や分派まで含めたら日本にはいくつの武道(武術)があるのでしょうか・・。その広さ、奥の深さは素晴らしいものだと思います。

 そして今日も色々な行事に参加させて頂きますが、中には日本舞踊の団体によるおさらい会もあります。つくづく日本の伝統文化というものは・・・人々の暮らしに息づいていると思わされます。

posted by おさだ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感