2017年08月20日

中国からのお客さん

 昨日夕刻の雷雨は大丈夫でしたか?昨日は市内で4件の盆踊りに招待されていたのですが、途中で北の空から黒い雲が一気に広がり、どの会場も主催者の早めの判断で中断の措置がとられました。こんな時は「やめる勇気」が必要ですね。

 今朝は朝早くから窓の外で大きな声でさえずる鳥がいて目が覚めました。とてもきれいな、そして大きな声は間断なく続きます。
m_2_5_2.jpg
 声の主はガビチョウという鳥で、最近わが家の庭にも遊びに来るようになった中国原産の鳥です。
 ヒヨドリより一回り小さく、色味は黄色みがかった茶色かな、目のスジが白く後ろの方まで長いのが特徴です。
 この声聞いたことありませんか?↓ たぶん皆さんも聞いたことがあるはずです。

https://www.youtube.com/watch?v=KQGzRw87wKE
 この鳥は鳴き声がキレイで、ウグイスや昆虫など、他の生き物の鳴き声を真似することから珍重され、中国から愛玩用として輸入されたものが、いつしか外に放たれ、日本の自然界に定住し、繁殖するようなった鳥です。
 環境省ではこの鳥を「特定外来種」として指定し、国内での飼育や輸入を禁止しています。当然それは日本の環境(生態系)に悪い影響があるからです。

 外来種というと、ヒアリが最近大きな問題となっていますが、その他にもこうした動物や植物の世界でも、外来種の問題は起きています。

 でもまぁ、決して彼らが悪いわけじゃないんですけどね。悪いのは人間。窓際にやって来るガビ君もそれを訴えにやって来ているような気になります。


posted by おさだ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月19日

言葉をもてあそんで、国を失う

 今度はバルセロナでテロ事件。これに対して各国の首脳が「テロは絶対にゆるさない」旨の言葉を発しています。その中で私はどうしてもトランプ氏の発言だけが空虚に聞こえてしまう。案の定マスコミも取り上げない。

 言葉をもてあそんで、言葉を失ってしまった。ということだと私は思います。
 トランプ氏はハートのこもらない、刺激ばかり強い言葉を連発し過ぎた。しかもツイッターというナマの手法で。その結果、ここぞ大事な時に発する言葉がぬくもりを持たず、何を言っても平べったく空虚なものになってしまったのだと私は思います。たぶんもう、彼がリーダーでいる限りこの状況は変わらないでしょう。下手をすれば、大統領が言葉をもてあそんで、国をも失いかねない。

 武士にとって刀が命であるように、政治家にとっての言葉は大切な物。普段は鞘に納めておくことも必要だと思うのです。

クリス「僕は一生この町から出られないのかな?ゴーディ」
ゴーディ「君が望むなら何だって出来るさ」
クリス「ああ、そうだな・・・。ホラ、握手」
ゴーディ「またね(I will see you)」
クリス「当然(Not if I see you first)」

 映画「スタンドバイミー」のラストシーンです。
 平凡な日常に飽きてトランプという冒険の旅に出たアメリカも、そろそろ家に帰る時が来ているのではないでしょうか。



posted by おさだ at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月18日

空蝉

空蝉の身をかへてける木のもとになほ人がらのなつかしきかな
空蝉の羽におく露の木がくれてしのびしのびにぬるる袖かな

 空蝉(うつせみ)はセミの抜け殻ですが、源氏物語には空蝉という名の女性が登場して、それは紫式部自身が自分のことを描いたのではないかと言われているそうですね。その姿は控えめで慎み深く、小柄で容貌も美貌とはいえない地味な女性であったが、立ち居振る舞いが水際立っており趣味も良かった。源氏の求愛に対しても、悩み迷いながらも最後まで品良く矜持を守り通し、始めは彼女を見下していた源氏を感心させている。(Wikipediaより)
 空蝉に求愛する光源氏。これを知った彼女は薄衣一枚を脱ぎ捨ててその場を去ったとか・・。その薄衣を蝉の抜け殻になぞらえて光源氏が歌ったのが冒頭のものです。

 情愛の深さが日本人らしくていいですね。

 夏も盛りを過ぎ、蝉の抜け殻を道端で見かけるようになりました。

 不順な天気が続いておりますが、皆さま何卒ご自愛ください。


posted by おさだ at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月17日

刹那的光景

 静かな異常気象・・といった感じでしょうか。毎日続く小ぬか雨。8月の平均湿度が85%だそうで、これって体調や環境にどんな影響が出るんですかね。
 盆休み明けの私は連日議会に詰めて9月定例議会の準備に入っています。
20891329_1248327438630354_605050521_n.jpg
 そんな中、15日には異様な光景を目にすることになりました。ポケモンGo!の人たちが県庁周辺を埋め尽くしているのです。いや本当に人・人・人・・・。それがほとんどの人が単独行動で、見渡す限り会話がないのです。アメリカではこうした人たちを「ゾンビ」と呼ぶそうですが、確かにそんなふうに見えなくもありません。
IMG_0283.JPG
 まぁ、それだけなら悪いことではありませんし、構わないと思うのですが、違法駐車がズラリで渋滞は傍迷惑にことです。つまり駐車した車の中でゲームをする人がいる。それにスマホを見つめたまま車道を歩く人、県庁の庁舎に入って来る人・・・。

 お盆にこんなことしてて、ご先祖様が出て来たりしちゃったらどうするんですかね(笑)やっぱりゲット?!

posted by おさだ at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月16日

送り火

 私の住まう地域では、盆の送り火は15日の夜に行う習慣となっています。
 迎え火を焚き、この煙を目指して、キュウリの馬で急いで帰ってきて下さい。
 送り火を焚き、ナスの牛に乗って慌てずゆっくりと帰って下さい。
20864232_1249091305220634_1332304678_n.jpg
 叔父や叔母が実家にやって来て、親戚のみんなで団らんのひとときを過ごすことができました。これもご先祖様のおかげ様ですね。
20883708_1249091308553967_1983782092_o.jpg

 さて、今日からまた仕事。
 9月の定例議会に向けて準備開始です。
posted by おさだ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月14日

仏膳

 自宅から歩いて2分。実家に行きますと今年も盆飾りがしつらえられています。
 ご先祖様にお線香をあげ、おふくろのいる台所へ行くと仏膳の準備をしています。
IMG_0276.JPGFullSizeRender.jpg
 ご先祖様が帰って来る。そのご先祖様に食事を用意してお供えする。しかもこんなに小さなお膳を用意して・・。子供の時から見ている当り前の習慣も、改めて見ていると不思議と言うか、日本人の信心の深さを感じ、安らぎを覚えます。

 アメリカでは白人至上主義を訴える団体と反差別を訴える団体の衝突があり、多数の死傷者が出たと昨夜からニュースになっています。見過ごせない重大なニュースだと感じています。
posted by おさだ at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月13日

盆の入り

 迎え火を焚いて、ご先祖様をお迎えして、明後日の夜送り火を焚くまで・・って、すっかり実家にお任せで自分はなにも手伝っていないのですが・・('◇')ゞ それでも、めちゃくちゃ酔っぱらいで優しくてボッコだった爺ちゃんと、グチを言い言いたくさんの教訓を遺してくれた婆ちゃんが帰って来るんだなぁ・・と思いながら、今日から盆休みに入ります。

「後生楽してんと、ろくなぁ大人になれねぇぞ」
 〜ごしょうらく〜 これ婆ちゃんが俺によく言った言葉。将来を憂えずのんきに過ごしていると・・という意味です。
IMG_0257.JPGIMG_0226.JPG
 盆踊り回りも前半戦が終わりました。
 盆休みくらい、後生楽にさせてもらってもいいでしょ、婆ちゃん。

 
posted by おさだ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月12日

ペルセウス流星群

 今日は夏の風物詩、流星がたくさん見える夜ですね。明日の夜明け前がもっともよく見えるそうですが、あいにく月明かりの明るい夜だそうで、視界に月が入らない角度で夜空を見上げると見やすいそうです。あとは・・空に雲がかからないことを祈って早寝をしましょう。

 北朝鮮によるミサイルの発射に備えて西日本の各地に迎撃ミサイルPAC3が配備されたとニュースが伝えています。私たち日本人にとってとても大切なお盆の季節、先の大戦に思いを馳せ戦没者を追悼する季節であることを知ってか知らずか、独裁国の暴走には不安と恐怖を増幅させられるものがあります。
 平和の対義語は戦争だと私は教えられました。しかし、私は同義語、ないしは関連語なのではないかと考えるときがあります。なぜなら戦争はたいがいにおいて、平和の維持を理由に引き起こされます。兵士は平和を求めて戦場に向かいます。湾岸戦争もイラク戦争もそして太平洋戦争も・・。平和のための戦争、戦争がもたらす平和、このどうしようもない矛盾が悲しいかな人類の現実。

 高齢な方の中には花火が苦手だという人がいます。あの戦火を思い出させるからだそうです。

 夏の流星群が、ミサイルの飛来する閃光の記憶と重なるような未来がやって来ないように、戦闘回避のための努力をしなければなりません。

 日本政府やトランプ政権に忠告したい。戦争や紛争を政権維持や景気浮揚に利用するようなことだけはするなと。

posted by おさだ at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月11日

被災地へ

 東日本大震災から7年目を迎えています。
 私は今月8日から3日間の行程で東日本大震災の被災地を訪問して来ました。
 7年目には7年目の苦悩がある。それが一番強く感じたことです。
 震災のことについてはいつも日記を記す指先が重たいのですが・・・例えば、仮設住宅での生活から復興マンションなどへ移る人が多いけれど、そうした人の中から孤独死や自殺が発生していること、仮設住宅での生活の時は無かったことだそうです。
 沿岸部では大規模な造成(かさ上げ)工事が進むものの、この街に帰って来るという意向の人は・・多くはないようです。
 校庭に仮設住宅の立ち並ぶ小学校。震災後に小学校に入学した子供が一度も自分の学校の校庭で遊ぶこともなく卒業して行ったこと・・など。
IMG_0239.JPGIMG_0247.JPG
 写真は街の造成工事が進む大槌町と陸前高田市の追悼施設です。

 そうした中、ラグビーのワールドカップ開催に向け、競技場の整備が始まった釜石市では、自ら津波にのまれながらも生還し、今は街の復興に熱く元気に取り組む宝来館という旅館の女将さんの話を伺う機会に恵まれました。その女性の熱い思いに触れることができ、こちらも本当に胸が熱くなりました。ものすごいエネルギーを感じました。これ、今回の訪問の最も大きな収穫であったと感じています。

posted by おさだ at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月07日

鎮魂

 昨日8月6日は広島に原爆が落とされた日。朝から追悼する会に参加して参りました。

 土曜日には海老名市主催による戦没者追悼式が行われ、この季節日本は彼の大戦に対する鎮魂のムードに包まれますね。
IMG_0219.JPG
 そして夜は盆踊り。昨夜は9軒の盆踊り会場を巡りました。
IMG_0226.JPG

 また新しい一週間の始まりです。
 暑さに負けずに頑張りましょう。

posted by おさだ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月05日

学生刑事(デカ)!?

 昨日のタウンニュースによると、海老名警察署では警察官の仕事に興味を持ってもらうため、市内在住、在学の高校生や大学生に対して警察官の職務体験をする「学生刑事」の取り組みをするそうです。犯人の指紋や足跡を採取したり捜査車両に乗ったり、あるいは逮捕術の訓練をしたり。
 実にユニークな取り組みでいいですよね。署長の米川さんは私の出身高校の先輩ですが、いかにもアイデアマンの雰囲気を持った方ですし、市民から親しまれる警察を作って欲しいものです。と言うよりも、これ私も参加してみたいなぁ・・学生刑事ならぬ議員刑事?? 様になりませんね。
IMG_0215.JPG
posted by おさだ at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月04日

インプットの季節

 内閣改造が行われました。確かに堅実な布陣だと思います。
 昨日のNHKによる首相の独占インタビューを見ていましたが。以前とは変わって安倍さんの低姿勢な様子が目立ちました。今、世界のリーダーたちが日本のリーダーシップに期待し、安倍首相に注目している中です。しっかりと国民の負託に応え、世界の期待に応えられる政治を行なって欲しいもの。大学の設置一つの問題で経済大国の政権が揺らぐ様を世界のリーダーたちがどう見ているか、与党も野党ももっと意識して欲しいと私は思います。

 さて、神奈川県議会。私はこの時期を「インプットの季節」と名付けています。これから年末に向かって来年度の予算編成作業が県当局によって行われますが、その前に要望すべきことはしっかりと要望しておかなければならない。これが9月の議会での仕事。その9月の前に広く県民の皆さんが何を求め、何に困っているのか?そのことを吸収しておかなければなりません。従って今の時期は、県内の市町村長と会って要望をお聞きし、各種の団体や個人とも会って要望事項を吸収します。私たちは総じてこれを「ヒアリング」と呼んでいます。横浜港などで発見されている蟻のことではありません。
20476508_1418980328156983_6947324209073128247_n.jpg
 例えば県西部の自治体から一様に挙げられる問題が、野生鳥獣による被害の問題であります。先日私も箱根は仙石原に行く機会がありましたが、ここでもホテルの植え込みにイノシシの親子の姿を見ました。観光客が多く訪れるホテルの庭に大型の野生動物が入り込んでしまう・・。
FullSizeRender.jpg
 自然豊かな自治体にはそうした自治体なりの悩みがあり、都市部の自治体には都市部ならではの悩みがあります。これらを受け止めて神奈川県という広域に渡る自治体が金、人、知恵(法)を使ってカバーをしていくことが求められるわけです。

 聞いただけ、聞きっぱなしで終わらない政治を実践して行きたいと思います。
 
posted by おさだ at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月03日

節水を

 一昨日の大雨はテレビニュースなどで「海老名」の様子がずいぶんと報道されましたが、皆さん被害はありませんでしたか?
 私はその時たまたま県の防災センターにおり、刻々と伝わる気象情報に耳を傾けながら被害が出ない事を願うと同時に「この雨が県の水がめ(ダム)を満たしてくれれば良いが・・」と考えておりました。そして、あれだけ降ったのだからきっとそれなりに・・と半ば期待をしながら県企業庁のホームページを開いてみたのですが、残念ながら全体の貯水量は上がらず昨日現在で58%という状態。私の7/21の日記で66%と書いていますから、二週間ほどで8%も減ってしまったことになります。
 このままでは私たちの生活に影響が出る可能性もありますので、皆さん今のうちから節水を心がけて頂きますようお願い致します。
企業庁H.P  http://kanagawa-dam.jp/web_data/news_mizugame.html

 追伸・・安倍内閣の改造人事がほぼ固まりました。前日までにこんなに報道されては「呼び込み」(総理が大臣を指名して首相官邸に呼び込むこと)の意味はほとんどないですね。ま、それはそれとして、私たちの神奈川県からも三人の人が入閣する見込みです(菅、河野、小此木)。これまで自民党内で安倍政権に距離を置いてきたり、はっきりと批判をしてきたような人が抜擢されたことが今回の人事の特徴かと思いますが、特に外務大臣に起用された河野太郎氏がどんな働きをしてくれるか、地元神奈川の者としてもとても楽しみです。

 
posted by おさだ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年08月02日

本物は常に・・

 忖度(そんたく)・印象操作・一線は越えてません・・・これ以上政界発の流行語は生まないようにして欲しいものです。明日は内閣改造が行われますが、新味はなくとも確実に行政を進めて頂ける方を閣僚に据えて欲しいですね。「本物は常に地味だ」とも言いますから。
posted by おさだ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年07月31日

美しいものには毒がある

 昨日のニュース・・兵庫県で小学生がヤマカガシに咬まれて一時意識不明の状態になったとか。「そう言えば最近
ヤマカガシって見なくなったなぁ・・」と私は晩酌をしながら独り言。アオダイショウより小さく、オレンジ色のキレイな斑点のあるヤマカガシは子供の頃よく見かけたもの。このヘビに毒があるということは大人になって知りましたが、ハブやマムシ以上の毒性があるとは知りませんでした。ただ、毒牙が口の奥の方にあるため人間に咬みついても毒が人体に入ることはないと教えられていました。ただ、小さな子供などは気を付けたいですね。

 さて、口の中に毒牙をちらりと見せられたような気になったのがその続報でした。
 私はテレ朝のサンデーステーションというニュース番組を見ていたのですが、北朝鮮によるミサイルの発射を取りあげた場面で、とても若い女性、三浦瑠麗さんという東大の先生がコメンテーターを務めていて、とってもクールに語り始めたのです。
「アメリカはどういうふうに行動するかというとタカ派のことは言ってみせるんですがただ、軍が何かできるかというと何もできないんです。現政権としても健康保険であるとかそういう方向に集中しているのでとても、それどころではないんですね。」
 〜 女性キャスター 〜
「言うだけで何もやらないということですか?」
「やらないですね。」
 若い女性ながらはっきり言う人だなぁ・・と私は感心して見ていたのですが、そのあと
「日本にはまったく主導権がないのでもし主導権を取り戻すとすれば」
 と前置きして
「非核三原則の見直し」
 と言い出したのには私も驚きました。「これ、テレ朝だよな」と思わず番組表を見直してしまいました。非核三原則を見直して北朝鮮に圧力とはまた思い切った発言です。案の定女性キャスターは完全に慌てた様子で「私は反対ですが」と言ってこの発言が番組の意図ではないことを伝えようとしていましたが、女性コメンテーターは動じず「対話と圧力と言ってるだけだけではおまじないだ」と断じたのですから。

 調べてみたら三浦瑠麗さんという人は茅ヶ崎のご出身で昭和55年生まれの方だとか。
 いやはや、ヤマカガシのニュースのあとだけに、美しいものには毒がある・・そんな気持ちになりました。

 以下番組内でのやりとり

北朝鮮が発射した弾道ミサイル。
射程はアメリカ本土の広い範囲に及ぶおよそ1万kmと推定され脅威が一段と高まっています。
これを受け、航空自衛隊は今日九州の西側から朝鮮半島沖の空域でアメリカ空軍と共同訓練を行いました。
一方アメリカのトランプ大統領。
北朝鮮に対する働きかけを期待していた中国にいら立っているようです。
ただ、アメリカが、何か具体的な行動を取るかについては触れませんでした。
「北朝鮮は今回1か月もたたないうちに2度もICBMの発射実験ということで三浦さん、現状打開というか解決の糸口がなかなか見えない状況ですよね。」
「日米韓が何を言っても何もできないということは北朝鮮もわかったうえで足元を見ているんですね。足元を見られていて今回、ICBMですから特に長距離でアメリカを念頭に置いたものですよね。アメリカはどういうふうに行動するかというとタカ派のことは言ってみせるんですがただ、軍が何かできるかというと何もできないんです。現政権としても健康保険であるとかそういう方向に集中しているのでとても、それどころではないんですね。」
「言うだけで何もやらないということですか?」
「やらないですね。なので、日本にはまったく主導権がないのでもし主導権を取り戻すとすれば何ができるか。
15年ぐらいたっている対話と圧力という政策が何も生まない以上は対話も、例えば国交正常化も目指すべきかもしれないし圧力のほうも、これは非核三原則の見直しであるとか様々なこと、圧力を実態的に強めるもの…。」
「非核三原則の見直しですか?」
「対話と圧力と言ってるだけだとおまじないなので。1つ1つを格上げして国交正常化しつつ我々の抑止も高めていく必要もあるんでしょう。」
「見直しについては反動もたくさんあると思いますよね。来週日曜日は広島に原爆が落とされた日ですしそのあと長崎も続きますし私はそれは反対なんだけどここは議論のポイントなんですね。」
「そうですね。現状を肯定しているだけ目を塞いでいるだけではできないということですね。」




posted by おさだ at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年07月30日

この国の姿

 日本人てのは、なんでこんなにも祭がすきなのか・・と思うほどです。この週末も市内のあちこちで行われる夏祭りや盆踊りに参加させて頂きます。
IMG_0153.JPG
 私も世界のいろいろな国を旅して来ましたが、海外の人が日本の小さな祭を巡ったらきっとビックリするでしょうね。だって、この週末だけで神奈川県内でいくつの祭が行われるでしょう・・たぶん何百どころか千を超えるのかもしれません。
 自社仏閣などによる宗教的な意味合いのある祭もあれば、盆踊りのような風習や風俗に基づくもの、自治会や子供会などが主催する地域のイベント、そして商店街などが行う商業振興、大企業が社員と周辺住民へのサービスとして行う祭・・・実に日本の祭は多彩です。

 そして、その祭というものは主催する人たちも参加する人たちもまるまるがコミュニティーなんですよね。私たちの国はそれだけ地域や企業や商店街、宗教などのコミュニテーがキラ星のごとく輝いている・・・ちょっと大げさかも知れませんが、和太鼓の響きに耳を傾けながら、素晴らしい国だと再認識させられたりしています。

 今日は日本のベンチャー企業が全長10mのロケット打ち上げに挑戦するそうですね。是非成功して欲しいものです。挑戦は挑戦でも、北朝鮮のように国家をあげて核兵器を積んだロケットを打ち上げようとする国もある。同じロケットでもこの違い・・どう思いますか?比較するのもどうかとは思いましたが。

posted by おさだ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年07月28日

辞任

 昨日は“辞任”の一日でしたね。

 我が国の政治の迷走はどこまで行くのか・・。
 安倍総理の求心力の低下は否めない。

 次が見通せない中での政権批判は慎むべきだと考えてきましたが、そんなことを言ってればいつまでたっても次など育ちはしない。そんな気がしています。

 とにかく大きな問題は、厚労省、防衛省共に役人サイドと政治サイドの軋轢を露呈してしまったこと。これは非常に大きな政権の失態だと思います。

posted by おさだ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年07月27日

過剰報道

 目を閉じるなか、周囲から無数のシャッター音とフラッシュ。この状況で心静かに祈りを捧げられる人がいるだろうか。
20258091_1424470110967548_1817732758155578254_n.jpg
 昨日は津久井やまゆり園事件から一年。私は議員の仲間と連れだって現地へ向かい、鎮魂の祈りをささげてまいりました。
 当惑とはこのことにほかなりません。献花台をぐるりと取り囲む報道陣。およそ30名、ビデオカメラ、スチールカメラ合わせて約20台。

 この事件では、被害者の名前を公表しないということが、一つの課題となり、マスコミはこのことを強く長く批判し続けて参りました。私は、当事者が障害者であることも踏まえると、公表しないことがむしろ差別的な扱いだ、というように受け止められる向きもあるのではないかと、これは賛否両面の議論が必要だと考えて来ました。
 しかし、これを体験したら、遺族の多くが名前を公表しないで欲しいと思うのは当然だな、と思います。つまり、こうした事件において名前の公表を避けるその大きな一因を作っているのが、マスコミ自身の過剰な取材や過剰な報道自体にあるんだと、つくづく感じた次第であります。

 ただ、私のような者が現地でそういうことを口にすれば、沈痛の中にこの日を迎え、けなげにも来訪者の応対をしている現地スタッフを混乱させてしまうと思い、何も言わずに立ち去ることにしました。誰よりも彼らが一番そのことを感じているのでしょうから。

※掲出した写真は、そうして撮られたものの一枚です。
posted by おさだ at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年07月25日

だれにでも優しくなれるか・・

 だれかを変えよう。だれかの考え方を改めさせよう。そういうふうにこの問題を考えても何も答えは見つからないのではないか。
 行政が、地域社会が、マスコミが・・と課題を探る努力は必要だけれど、それは問題の核心ではない。

 自分は、弱者を足手まといだと思ったことはないか?例えばスポーツチームで戦うとき、「あいつが下手くそだから、うまいやつだけでチームを作れば・・」と考えたことはないか?そんな心の動きも小さな優生思想と言えまいか?
 まして、自分はだれにでも優しくなれるのか?

「障害者なんていらない」と言った犯人の心に潜むものは闇ではなく、自分の心にも在るものなのではないか?という「自分自身への問いかけ」から始めなければ、何も変わらない。そんなことを考えていました。
IMG_0131.JPG
 昨日、津久井やまゆり園での事件から一年を迎えるのを前に神奈川県などが主催する追悼式典が相模原市の施設をお借りして実施されました。
posted by おさだ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年07月24日

真剣さ

 私の地元海老名では昨日「えびな市民まつり」が開催され、陸上競技場を中心とするスポーツ公園全域で様々なイベントが開催され、大変な賑わいとなりました。
IMG_0128.JPG
 幸いに曇り空のおかげで涼しく、適度な風とわずかな降雨で非常に過ごしやすく最高な一日だったと思います。

 とにかく今の時期は毎週のようにイベントの続く季節ですが、私などが思うのはやはり「基礎自治体の職員というのは、大変な仕事だな。」ということ。昨日のイベントだけで海老名市役所の職員がどれくらいの数働いていたことでしょう?どれほどの準備をしてきたことでしょう?そして片付けも・・・。それが週末のたびに続くのですから、本当にお疲れ様です。
 一方神奈川県では、津久井やまゆり園事件から一年を迎えるのを前に今日、相模原市の施設をお借りして公式の追悼式を行ないます。
 どのような催しであれ、自治体がそれを主宰するとき、職員のひとりひとりの表情には「真剣度合」がはっきりと表れるものだと感じています。
 今日の式典もそうですが、この事件への県民の思いを共有するためのイベントも予定されています。昨日の海老名市職員の皆さんは新人職員から管理職まで、真剣に頑張っている様子がとても好感度が高かった。このように、神奈川県職員の皆さんも頑張って欲しいな・・と、思うのです。


posted by おさだ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感