2017年02月22日

緊急事態条項

 県議会での議論が一日行われ、それが終わると、夜は党や議員連盟が主催する勉強会に参加する。定例議会が始まると毎日そんな日々が続きます。
 先日は自民党主催による憲法改正についての勉強会が行われました。憲法改正を党是とする自民党の党員である私ですから、当然にそのことは意識しながら政治活動を続けているわけですが、国会の様子を見ていると、なかなか一朝一夕に議論は進みません。
IMG_8871.JPG
 私などが思うことは、憲法9条のことはさておいても、時代の変化に合わせて変えて行かなければならない事というのは当然あるわけで、70年もの間それができないでいるというのは「呪縛」ではないかとさえ思ってしまいます。
 その変えて行かなかければならないものの一つが「緊急事態条項」を加えること。
 なにも敵国が攻めて来るなどということではなくとも、大地震や風水害、新型インフルエンザなどによるパンデミックなど、国民が危機に瀕するような状態というのは想定されるわけであり、それに備えて憲法を定めておくということは必要だと考えています。いや、むしろそれが無いことの方がよほど不思議です。
 例えば、パンデミックが起きたときに、外出禁止や一定のエリアに人が立ち入ることを禁じる措置が取られるなど国民の行動を制限するようなことが考えられます。企業活動が制限されれば損害を伴うことにもなりましょう。このように、人々の行動の自由を奪うことになるわけですから、これをもって「憲法違反だ!」と、裁判に訴えられたら現行の憲法では違憲ということになる可能性が大であります。現に東日本大震災の後、政府はもっと必要な措置を積極的に行うべきだったという反省は多々ありますが、ときの政権が憲法違反を恐れ、必要な手立てを講ずることができなかったと私は思っています。
 大地震なら、緊急車両を通すために個人の建物を除去するといったことは必要になるでしょう。例えばテロを想定するならば、9.11の同時多発テロの際、米国では国内を飛んでいる全ての飛行機に緊急着陸を命じました。
「どういう事が起きたら」、「誰が判断して」、「どの機関が」、「何をすることができるのか」、そして可及的速やかに国会がそれを評価して「良い」という判断ならこれを続け、「良くない」という判断なら取りやめる。そういう取決めができるように憲法に定めておくこと、これは何も特別なことでは無くおよそ世界の多くの国がこうしたことを憲法に定めています。

「環境権」を憲法に加えること。一票の格差の問題を越えて政治家を人口の少ない地域からも送り出すことができるようにすること・・などなど議論して変えて行かなければならないことは多々あるはずです。


posted by おさだ at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月20日

季節は雨水

 何かとせわしない週末が終わり、今日からまた一週間が始まります。いや、一週間て日曜日から始まるって近年ではカレンダーなどもそういう形になっていますが・・、私は休日から一週間が始まるってのには違和感があるなぁ・・やっぱり月曜日からでしょう。と、思う。
 和暦によれば、季節は「雨水」。雪が雨に変り、大地が潤い始め春の気配を感じる頃。
 今日は少し暖かくなるようです。
 議会が開会されない日なので、久しぶりに事務所に居られます。

 そう言えば、昨日厚木のイトーヨーカドーが閉店したそうですね。ここには私もたくさんの思い出がありますから、寂しいかぎりです。41年の歴史だそうですが、昭和の頃は海老名の人間も買い物は厚木でしたからね。長崎屋と一番街の東急ストア、そしてこのイトーヨーカドー。最上階のエレベーターを登りきったところにあった売店のソフトクリームの味は忘れられません。
FullSizeRender.jpg16649336_1218969611550202_3833038865281805760_n.jpg
 写真は県内や東北から22チームが海老名に集まって行われた小学6年生によるラグビー大会の様子と、海老名市のカローリング大会で始球式を務めるの図。

 

 
posted by おさだ at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月19日

武道のある国

 柔道・剣道・弓道・相撲・ 空手道・合気道・少林寺拳法・なぎなた・銃剣道。
 これを武道九団体と言います。神奈川県ではこの九団体の皆さんが連絡協議会を作りお互いに連携して武道全般の普及に努めていらっしゃいます。そして私は「神奈川県議会・武道振興議員連盟」の幹事長を務めています。

 昨日は神奈川県内の武道団体を代表する武人が集まり、演武会が開催されました。
ldmgp.jpgIMG_8918.JPGIMG_8898.JPGFullSizeRender.jpg
 武道というものの、その素晴らしさ。今さら私が言うまでもありませんよね。
 ただただ思うのは私たちの国にこんなにも多彩な武道という道があって、本当に良かった。日本という国はこれがあるから美しい。日本人というのはこれがあるから真面目で勤勉なのではないか。そんな思いです。

 2020年のオリンピック・パラリンピックを通じて日本の武道を世界の人たちに知って欲しい。その目標に向かって武道の振興に努めて参ります。
 ちなみに私は「神道夢想流・杖道三段」↓
http://kanagawa-jodo.main.jp/about_the_jodo/index.html

posted by おさだ at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月18日

ともに生きる

 昨日は春一番が吹き荒れましたね。おかげで花粉の飛散も増えているようで、マスクをしている人を多く見かけるようになりました。先日は県議会でも「花粉症対策杉」の普及を推進しようという議論が行われましたが・・以前は「無花粉杉」っい呼んでいたはずだよなぁ・・名称を変えたのは何か理由があるのでしょうか。

 さて、一昨日の早朝7時から桜木町駅前で「ともに生きる社会かながわ憲章」について、県議会のみんなでアピールする活動を行いました。津久井やまゆり園での事件を機に私たちは改めて、障害のある無しに関わらずみんなが安心して暮らせる社会を作らなければいけないと決意し、そして憲章という形にすることでこれを常に忘れず、県政の隅々にに生かして行こうと考えています。
16763576_1389035447838189_1287467558_o.jpg
 憲章なんて、ただ言葉にしてメモリアルするだけでなんの意味があるのか?と、思われる方もいるかも知れません。しかし、少なくとも言論の府たる議会では、これが後世まで生き続け共生社会に近付いて行くためのベクトルとなってくれるものと思ってこれを定めました。
「ともに生きる社会かながわ憲章」は↓をご覧ください。
 
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f535463/
posted by おさだ at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月17日

知識は自信

 昨日は議会を終えたあと、県歯科医師連盟主催の勉強会に参加させて頂きました。
 横浜市旭区の小学校では、給食後の歯みがき指導を徹底した結果、この5年間インフルエンザによる学級閉鎖ゼロを実現した事例が紹介されるなど、健康維持のためにいかに口腔のケアが大切かということを学ばせて頂きました。
IMG_8869.JPG
 今日はあまり時間が無いので詳しくは書けないのですが、国会議員でもある講師の一人が言われたことが強く心に残りました。
「知識を得ることで自信につながるんだ」「しっかりした知識があればどんな議論も恐れることはない」「生半可な知識、聞きかじりの知識ではなく、エビデンスに基づいた事実をしっかりと学ぶことが大事なんだ」

 まったくもって勉強になりました。

 では行って来ます。
posted by おさだ at 08:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月15日

歯周病予防

「ぼくのことをもっとかまってよー」
 そんな声が北朝鮮から聞こえてくるようだ。

「二頭の水牛がぶつかったら一匹の蚊が死んだ」
 作家開高健がベトナム戦争をルポタージュして書いた作品「輝ける闇」でそんな表現をしていた。米ソ二つの超大国がぶつかり合い、ベトナムという小さな国がつぶされる様をこのベトナムの諺を用いて表現している。
 おそらく今の北朝鮮もこの先は似たようなことになって行くのではないだろうか。ただ大きな水牛は米ソではなく、米中ということなのだろうけれど。

 さて、始まった県議会では「口腔」つまり口の中の健康を守ることが老後の健康維持にいかに大切か、ということを、どのような政策にして県民に浸透させて行くかが一つの課題となっています。
 ちょうど今朝のNHKラヂオで口腔ケアの専門家が話していたことを紹介したいのですが、歯周病ができるとそこから血管を通じて菌が体内に取り込まれてしまいます。中程度の歯周病(ほとんど自覚症状が無い)が歯茎全体に広がっていた場合、菌の入り込む傷口の広さはほぼ手の平くらいの面積になるそうです。その面積から口の中の菌がどんどんと体内に取り込まれて体のあちこちに悪さをしてしまうのですから、これが万病の元となるのは当然ですね。

 実は私も昨年の暮れに、歯のクリーニングのために伺った歯科医院で「歯周病が始まっています」と言われ、以後2か月ほど通ってすっかり治療してもらいました。「奥歯の歯周病ポケットはかなり深かったですよ」と言われ、しばらくは知覚過敏などの痛みも続きました。しかし、歯科医に通うまで私自身にその自覚症状は無く、むしろ毎食後一日三回歯磨きをするものですから、歯の健康には自信があったくらいです。

 まずはしっかりと歯みがきをし、定期的に歯科医院に通って口内のケアをすることが大きな病気を防ぐために大切ですね。
posted by おさだ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月14日

感謝

 ようやく・・と言ってよいのか、神奈川県議会では昨日から本会議へのタブレット端末の持ち込みが許可されることとなり、このタブレットを使って会議資料を閲覧する形でペーパーレスの取り組みが始まりました。
 私が市議会議員の頃、ダイオキシン問題などを契機にゴミの削減を目指してペーパーレス化を推進しようと提言したことがありますから、ずいぶんと長い道のりでようやく実現するようになったんだなぁ・・と、タブレットを見つめながら思いました。

 昨日から40日間の会期で第一回定例会が開会されました。

 私は今年、県議会の中で49人の議員が所属する自民党県議団の副団長を務めていますので、議会の日には毎日開催される団会議(県議団の最高意思決定の場)の仕切りや、勉強会や視察の企画立案・・それこそ日々の弁当の手配まで、議会が始まると多用を極めます。
 そしてその仕事をサポートしてくれているのが、受付などの業務に就く県職員の皆さん。本当に細かなことに気が付いてくれて、助けられることばかり。元来とても優秀な人たちで、あの就職氷河期の時代に県の職員になったような世代の人たちですから、もっと政策的な現場で県民の役にたつような仕事をしたいんじゃないかな・・と、私は時おりその気持ちを慮ります。でも、「配属された以上は!」という思いで私たちのサポート役に徹してくれているのでしょう。我々はそれを無駄にしないようにしなくては。

 感謝!

 では今日も行って来ます。

posted by おさだ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月13日

トランプに無いもの

 日米首脳会談を恫喝するような北朝鮮のミサイル発射。新型ミサイルだとの情報もあり、平和を脅かす行為は断じて許されません。ただ、その一方この蛮行によって日米首脳による北朝鮮に対する警戒感が高まり、安全保障への決意が新たにされたものと思います。だとすれば、北の行為はまさに愚行ですね。

 さて、安倍&トランプの日米首脳会談はとても良好な形で行われたようで良かったですね。
 私は「どうしてトランプは日本の首脳をここまで厚遇してくれるのか・・」それをずっと考えていました。

 私なりの答えは「トランプに無いもの」がキーワードなのではないか・・ということ。
 トランプですから、裏も表もあるけれど・・無いのは厚み。なんて冗談ではなく、ゴルフを楽しんだトランプ大統領と安倍総理。例えばハーフを回ったあたりで安倍総理が言ったとしましょう。

「日本の総理大臣とアメリカの大統領がゴルフをするのは、私の祖父の岸信介以来60年ぶりでねぇ、相手はアイゼンハウアーだったよ」

 大金持ちのトランプでも、この築かれた歴史や血筋というものはどうしても手に入れることができない。

「うちの爺さんが総理大臣のときにねぇ、今の自衛隊を作ったんだよ」
 と、麻生副総理が加州訛りでペンス副大統領に言ったらどうか・・・。

 トランプ政権に無いものを日本の安倍政権が持っていることに私は気付いたような気がします。それは、他の国々を見渡しても稀なものではないでしょうか。(まぁ、しいて言えば韓国の朴大統領はお父さんも大統領でしたが・・・)
 そして今回のような、人と人とによる外交が国を動かすとき、“それ”が目に見えぬ力となることもあるのではないか・・。

「世襲政治なんてくそくらえだ」そんな反発を糧にして政治に参画してきた私だけれど、今回はそんなものにも期待したくなってしまうから不思議だ。

posted by おさだ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月12日

いつまでも

 昨日は私の母の誕生日ということで、うちの倅(せがれ)が「ばあちゃんを回転寿司に連れて行ってやろう」と従兄弟たちに呼びかけたようです。「なんで回転寿司?」と思いましたが、母はそれが好きなのだとか。「うん、特にシャケの上にタマネギの乗ってるやつがいい」って(笑)・・知らなかった。
「親父も一緒にどう?」って、私も誘ってくれましたが、つまり金を払わすつもりでしょう。

 でもまぁそんなわけで久しぶりに両親と共に外食をして参りました。
 その回転寿司のお客の多い事にも驚きましたが、やはり父の老いが進んだことに少しばかりショックを受けています。かいがいしく介助したりするのにはまだまだ照れがあって、階段で手を差し伸べたりはできなかった私ですが、いよいよそうもいかなくなりました。

 いつまでも、いつまでも、元気でいて欲しい。


posted by おさだ at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月11日

もしかすると

 今朝はサクサクと凍った雪が地面を覆っています。昨日は大雪になるかと心配しましたが、そうでもなくて良かったですね。今日の陽光がこの美しい雪景色を溶かしてしまうことでしょう。
 でも・・雪が降ると50過ぎのおじさんでもワクワクしてしまうのはなぜでしょうね(笑)。

 安倍総理とトランプ大統領の会談が朝から報じられています。実はなんとなくの勘ですが・・もしかしてトランプって徐々に評価が変わって行くのではないか。そんな気がし始めています、良い意味で。
 あくまでも勘ですけど、日本のマスコミが報じているのは予め「トランプ=暴君」と決め込んだものばかりでしょうからあまりアテにはなりません。むしろ「トランプ100日プラン」という綿密に練られた計画に基づいて、シンクタンクと共にツイッターをはじめ様々な発信を行っているという話もあり、「メキシコの壁」も「中国の関税45%」も「イスラム7カ国入国禁止」も、あくまでもブラフとしてぶち上げておいて、それから「交渉」に入るシナリオを考えているのかも知れません。Aを脅したらBとCが喜び、Bを締め上げたらAとCがほくそ笑む、Cを褒めてやるとAとBがすり寄って来る・・。超大国アメリカがそんな狡猾な外交を展開したら、世界の様子は変わって行く可能性があります。あくまでも何んとない勘ですけどね、それが私たちにとって良いことかどうかは分かりません。良いことにするために安倍さんはアメリカまで行っているのでしょう。まして、この先クリントン財団の巨額な資金やその出元の疑惑などが出てくると、風景は一変するのでは・・。

 そのトランプ100日プランの目標は「最低の支持率から最高の支持率へ」というものだそうです。

 私などに何が分かるわけでもありませんが、マスコミの報道するトランプの姿と、世界の首脳のトランプに対する姿勢や気遣いに大きな「差」を感じます。「オバマ(民主党)の政治があまりにもだらしなかった」という前提からトランプを見直すと、また違った姿に見えるような気もするのです。

posted by おさだ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月10日

寒い!!

 寒かった!
 昨日は江の島へ行き、2020オリンピック・セーリング競技の会場予定地を視察して来ました。
写真2017-02-09 02.12.33 PM.jpg
 漁業権に関する問題や、港の整備などについて視察したのですが、現地に立って特に問題と感じたのは5千人分を用意するとされている観客席(立ち見を含む)について。前回のオリンピックで現地を視察した職員の感覚としては、「観客は千人もいたろうか・・」という感じ。確かに海上で行われる競技ですから、観客席に居たところでレースの様子が見れるわけではありません。

 それとセーリングの場合、競技が行われる海によってレースの環境や条件が変りますから、選手はそれに慣れるため事前に現場へやって来て練習を積みます。その一環として、来年にはプレプレ大会、再来年はプレ大会が開催されるわけですが、東京都も組織委員会もいまだ具体的な動きが見えず、何をどうして良いのか我々は、焦りを感ずるばかり・・それが現状です。
写真2017-02-09 02.52.12 PM.jpg
 それにしてもセーリングって私も詳しい競技内容はまったくと言って良いほど無知なのですが、色々な艇の形やサイズがあるんですね。それら艇の形と男女別などで合計10種目が行われるのだとか・・まずそこから勉強しなければいけませんね。

昨日の読売「時事川柳」
 たらればの話も出ないクリントン
※トランプという人を生んだのはオバマのていたらく。私はそう見ます。
posted by おさだ at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月09日

女性アスリートの健康

 やっぱり人は美しい方がいい。あたりまえのことですが、ノルデッイクスキーの高梨沙羅選手を見ていると、今年からメイクをしているそうで、すっかりきれいになって魅力的ですね。きっとメイクだけでなく、内面も美しく強い女性に成長しているんでしょうね、見ていて眩しいほどです。
 一方、スケートの宮原選手が疲労骨折で大会を欠場すると新聞にありました。これには女性アスリートに多い重大な問題をはらんだ事だと感じます。フィギアスケートに限らず女子マラソン、女子体操など体重や体形を意識しなければならない競技では、ダイエットのためにアスリートの栄養が不足し、骨粗鬆から骨折を招くケースは多くあるそうです。そしてそれは骨だけでなく女性の身体全体に影響し、無月経やひいては不妊症につながって行くケースも多いそうです。
 この問題はなにも一流アスリートに限ったことではなく、中学、高校の部活動などでも見られる問題であり、若いときからきちっとした栄養摂取や生理にともなった休養など、適切な指導が行われるようにして行くことが必要です。

 今年は県議会の「県民スポーツ常任委員会」に所属している私。オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、施設の整備や観光客の誘致ばかりでなく、こうした問題にも国民的に関心を向けて行く契機にしていかなければと思っています。

 さて、今日はそのオリンピックでセーリング競技が行われる江の島へ行き、予定される競技会場の青写真と現場を見比べながら視察をして来ることになっています。
 寒そうですが・・行って来ます!
posted by おさだ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月08日

オートファジー

 小池知事にまつわる東京都の話題が尽きません。マスコミは千代田区の区長選挙でもことさらに「小池VS自民党」という構図を作り上げて報道し、自民党が「負けた」という形を演出することにやっきなように見えます。たしかに一人の女傑が多数の組織を打ち負かす方が、見てる方も見せてる方も面白味がある。
 しかしです。まさにこういうことってのはいわゆる傍目八目なのですが・・ふと思います。これって自民党にとっては良い事なのかも・・と。

 間もなく都議選になるわけですが、選挙はなんやかんや言ってマスコミに取りあげられることが大事で、こうしている間に「小池新党」と「自民党」ばかりが浮き上がり、他の諸党が埋没して行くという構図が見えてくるのではないかと。つまり自民党の陣営は必死になって防戦する中、小池さんに票を食われるのはその他の政党、陣営ということ。

 細川護熙、小沢一郎、渡辺喜美、鳩山由紀夫・・・自民党から出て行って新党を作ってやがて瓦解し、その残党がいつのまにか自民党の中にいる・・なんてことはこれまで繰り返されてきた歴史で、今も国会の自民党では神奈川の浅尾さんや、北海道の鈴木宗男さんのお嬢さんが自民党に入党しようとしている。

 広く長い目で見れば、今回の小池ブームも自民党のオートファジーな自浄作用だと言えるのかも知れません。

追伸・・都政改革というものを否定するつもりはまったくありません。
posted by おさだ at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月06日

スタート

 おはようございます。やっぱり人間には潤いってやつが必要なんだなぁ・・と感じる今朝。昨日の雨のおかげでしっとりと湿度を感じるひと朝です。
16473777_669643246548697_3929364106988348470_n.jpg
 昨日は県政報告会と早春の集いを実施させて頂きました。
 多くのご来賓の皆様からご挨拶を頂きましたが、何より集いの閉会にあたって挨拶をしてくれた青年部の内野さんから「おさだ進治は最近鼻が高くなっている」と戒めの言葉をもらってしまったこと。そんなつもりはないのだけれど、身近な支援者の皆さんにそう思わせてしまっているのかと、昨夜は考えさせられ、反省しました。

 さて、これで年始の諸行事も終わり、今日から県議会がスタートします。
 平成29年度の第一回定例会ですから、当然最大の課題は新年度の予算審議ということになります。それと「津久井やまゆり園」の建て替え問題は「大規模施設ありき」でもなく「小規模ありき」でもない、両方ともに必要という姿勢から改めて議論を深める議会となるでしょう。知事の不用意な発言が物議を醸した部分はありましたが、そうした問題は「政治の側の課題」とひとまず置いて、やまゆり園の建て替えという行政課題について時間をおかずに結果を出して行かなければならないと感じています。

 では、行って来ます。

posted by おさだ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月05日

県政報告会

 今日は久しぶりに雨が降る予報です。これまで日本中が乾燥して、風邪やインフルエンザが流行していましたから、本当に恵みの雨ですね。

 今日は午後5時から県政報告会を行います。場所はオークラフロンティアホテルにて。
 今はやはり津久井やまゆり園での事件についてお話をしなければと思っています。それと「さがみ野駅前交番」のこと、県が押し進める“未病対策”について、など報告したいと思っています。

 毎年のことですが、この行事が終わると年初からの気ぜわしい日々が終わり、明日から議会が始動する、という流れになって行きます。
FullSizeRender.jpg
 季節は立春。旧暦ではこの季節をもって一年が始まります。
 わが家の庭では節分に蒔いた大豆を集めておくとそこに雀が集まり、朝から大賑わいです。

posted by おさだ at 07:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月04日

海老名の地ビール誕生

 海老名駅の西口にまた一つ新名所・・というか海老名の名物ができます。
 それは海老名の地ビールを作って飲ませるレストラン。その名も「EBINA BEER(エビナ ビール)」・・って、そのまんまですが(笑)。
FullSizeRender.jpg
「国民一人当たりの消費量が世界一、「ビールの国」チェコ出身のレハク・トーマスさんと、海老名市出身の奥さま史香さんが2人で始めたこのお店は、本格的なクラフトビールや料理はもちろん、内装もご自身で手を加えるなど手づくりを大事にしたお店。」だそうです。

 2月7日にオープンするそうですが、楽しみですねー。

営業時間:11:00〜22:30
(ランチ11:00〜14:00/カフェ14:00〜17:00/ディナー17:00〜22:30)
※クラフトビール、コーヒーはどの時間帯でも可。
席:カウンター12席/テーブル18席
アクセス:JR海老名駅よい徒歩3分/小田急線・相鉄線 海老名駅より徒歩5分
(ららぽーと海老名向かい側 リコーフューチャーハウス隣)

 詳しくは↓のページをご覧ください。
http://ebijoy.jp/ebina-beer
posted by おさだ at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年02月02日

政争にかまけている場合ですか?

「よーしやるぞー!」と、意気の上がっていたあの思いはどこへ行ってしまったのか・・。

 2020東京オリンピック・パラリンピックにおいて、江の島でセーリング競技が行われる神奈川県。その競技に関する施設などの整備費用について、県は昨日試算を発表した。
 江の島大橋を三車線に拡幅したり、港を改修したりする恒久的な施設については当初の取決め通り神奈川県が負担します。その額はだいたい40億円。一方、観客席などの仮設や今江の島に停まっている船の移動などにかかる運営費はだいたい80億円。これも当初の取決め通り組織委員会が負担して下さいね。ということ。

 しかしだ、そもそもこんなことをなぜ神奈川県が試算して組織委員会やら東京都に提示してあげなければならないのか?本来なら組織委員会や東京都の側から、「これくらいかかりますが神奈川県さんお願いしますね」と依頼して来るのがスジだろう。それなのに神奈川県が親切にこうした試算を発表するのは、黙って見ていたら組織委員会が負担すべき部分を我々に押し付けて来かねないという危機感があるからだ。
 まったくふざけた話で、東京都も組織委員会もいまだに費用負担の詳細を明らからにせず「何やってんだ」と言いたくもなる。先日テレビを観ていたら、同様の趣旨で都知事に対応を求めた埼玉の知事が「不快な思いをしている」と言ったら小池さん「今、不快なとおっしゃられましたけど、それを深い関係に・・」と答えていた。イラッときたなぁ・・本人は当意即妙のつもりかもしれないが、困らされている側からすればますます腹立たしい。

 セーリング競技は2019年にプレ大会が行われ、2018年にプレプレ大会も行われるのだそうだ。今年は2017年・・・東京さん、こんなんで間に合うのですか?区長選とか、都議選とか、新党結成とか、政争にかまけている場合じゃないでしょ。

posted by おさだ at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月30日

大統領令

 昨夜は遅い時間にひと雨降ったようで、まさに「良いお湿り」ですね。
 乾燥していた空気がしっとりと潤っています。
 この週末も色々な行事に顔を出し、多用な時間を過ごしました。
ohayasi.jpg
 写真は海老名市お囃子保存会の皆さんによる「新春叩き初め大会」の様子です。

 今日は県議会厚生常任委員会が開催されます。
 通常の議会日程には無いこの時期に常任委員会を開催するのにはわけがあります。それは、年末から議会が休会している最中に、津久井やまゆり園に関する諸課題について、行政サイドによってあれこれと事が進められ、県民意見を代表する議会側はそれを後から知るような事があるためです。2月の定例会を待つのではなく、臨時に委員会を開催して状況を確認し、「必要な意見は伝えよう」ということで、本日の開催を年初に決めたものです。
 しかし、その開催が決まり、準備をしている最中に知事がやまゆり園の建て替え方針を見直すと、いきなり大きな方針転換を示唆してしまったわけですから、議会が困惑するのは当然の話。
「大規模施設のままの建て替えはいかがなものか」という意見は議会の中でも出ていたのですから、障害者団体の皆さんからも同様な意見が出されましたと、改めて議会での議論を経て出直すならば、民主的な安定性を確保できるのだけれど、知事一個の判断となると今度は逆に見直すこと自体に反発する意見もあり得て、右往左往してしまいかねません。

 最近では「大統領令」なる言葉を紙面で目にすることが多くあります。
 比較するわけではありませんが、私たちの国は何事も「万機公論に決す」の精神を基本に置くことが大切だと思うのです。

posted by おさだ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月28日

党内融和

 今朝の新聞で初めて知ったのですが、甘利代議士が麻生派に入る方向で検討中とのこと。併せてこれまで無派閥であった田中和徳、山際大志郎、福田峰之、中山展宏の四氏も行動を共にすると新聞には書かれています。

 甘利の地元の県議会議員である私としては、代議士が国政で活躍しやすいようにサポートするのが第一義。
 一方、私も役員を務めている自民党の神奈川県連は、昨夏の参院選での中西候補の推薦問題や、4区での浅尾慶一郎氏の自民党会派入りの問題で党本部との間で軋轢が生じており、結果的にそれらの人たちを麻生派に飲み込んでいく麻生太郎氏への不信があります。

 ここは軽挙を慎み、党内の融和を第一に考えて行動すること。
 それが俺の取るべき立場だろうなぁ・・。

posted by おさだ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年01月27日

銀婚式

 おかげ様で私と妻と、結婚して25年(銀婚)を迎えました。
 長い間支えて頂いた皆様に感謝致します。

 25年か・・長いようだけどあっと言う間でした。26歳で結婚した頃50代の自分なんて想像もしませんでしたね。子供を育てて、家を建てて、選挙に出て、当選して落選して当選して、がむしゃらに突っ走って来た感じです。今は、この年代も悪くないな・・と素直に思えるので、まあ良いとしましょう。

 え?次は金婚式・・やっぱり想像がつきません。

 今日は風が強いみたいですね。
 お気を付けて。
posted by おさだ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感