2007年11月08日

(/><)/ 小沢さん!

 小沢一郎先生、あまりにも格好悪すぎますよ。それじゃ・・・いったいなんだったんですか?あの大連立騒動は・・・一っ時の気まぐれだったと言うなら今後のあなたの言動を信用するわけにはいかないし、「本当はずぅっと自民党に戻りたかった。」と言うなら民主党支持者の皆さんがあまりにもかわいそう・・・一刻も早く離党すべきだと思います。

 一部ではペースメーカーの不具合による重病説からCIAの関与までウワサされる小沢代表のご乱行・・・・これから日本の政治はいったいどうなってしまうのでしょうか?

 話は別ですが、昨日ある国会議員の方(甘利さんではありません。)とお話する機会がありました。「○○さん!悪いことしたときに載せる写真撮らせろよ!」とカメラマンが叫ぶのでムッ!とした顔でにらむとその顔をパチッと撮ってファイリングされてしまうとか。北方領土近海で日本の漁船がロシアに拿捕された事件のとき、交渉に向かった政治家の横でやたらにくだらないギャグを言う記者がいたそうです。政治家が思わず笑わせられた瞬間を写真に撮られて「この大事なときにふざけたヤツだ!」と報道されたとか・・・つまりマスコミは自分達の作りたいようにニュースを作り上げていくもの。今回の大連立騒動にもマスコミ界の大物の関与がウワサされています。小沢氏がそれに踊らされたとしたらあまりにも情けない話です。
posted by おさだ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月07日

エコカー

34e5a89b.JPG 先日、電気自動車の試乗をしてきました。三菱自動車製と富士重工製の二機種がありましたが、私が乗った三菱自動車のものに関しては驚くほど出足の加速力(トルクって言うの?)があり、走りも安定していました。最高時速は130q/h、一回の充電で距離80qの走行が可能で、燃費はおおよそ1kmあたり1円。ガソリン車の十分の一以下でしょうか。環境に対する負荷もハイブリットカーよりも格段に低いようです。説明では2年後を目途に発売したいとのことですが、気になる価格は300万円前後!これだけはちょっと考えちゃうなぁ・・・高値の原因はリチウムイオン電池の価格が高いことだそうで、この分野の研究開発が進んで安価なものが出てくることを期待したいと思います。

 でも世界中の車がこんなのとか、燃料電池車になったら・・・それこそ世界が変わるだろうなぁ。
posted by おさだ at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月06日

選挙戦

b3157404.jpg 市長、市議選に挑戦している同志の応援に駆け回っております。

 それにしても最近の選挙は本当に結果が予想しづらいものになっています。なにしろどの候補者の陣営を見ても人が集まらない。個人演説会に行っても参加者5人、10人なんていう会場も多い。そして後援会への入会者を募るリーフレットの回収が極めて少ない。従前の市議選なら集めた名簿の5割が票になるとか、3割だとか、陣営ごとに歩留まりを読んで得票状況を把握したものですが、最近では得票数ほどにも集まらない陣営が多いようです。個人情報に関する意識の高まりも背景にあるだろうけれど、根本的に従来からの選挙のやり方に有権者が飽きてきているのだろうと思います。無節操にかけまくる電話作戦。朝から大音量の選挙カー・・・自分もしてきたことだから威張って言うわけにはいかないのだけれど、一般市民からすれば迷惑な行為だろうと思う。しかし、それをやらなきゃ選挙陣営が盛り上がらないという現実の中でしかたなくやっているというのが実態では・・・選挙直前になって「長田さんのようなホームページを立ち上げて得票を狙いたい。」なんて真顔で相談に見える陣営もありますが、直前にそんなとしたって意味ないですよって答えるほかないこともあります。

 やはり“普段”からの“不断”の努力、人柄、そういうものを見極めて、だれからも拘束されない一票を投じて頂くことが大事ですね。
posted by おさだ at 08:22| Comment(5) | TrackBack(0) |

2007年11月05日

大連立!!!・・???

 新聞報道(読売一面トップ)によれば自民、民主の大連立は小沢氏の方から持ちかけたっ言うじゃないですか・・・・なんともありえない話だよ。選挙で散々こき下ろしておいて、いきなり連立なんて国民をバカにしてるとしか言いようがない。
 私は無所属で立候補したのに自民党の会派に所属したということでずいぶんとご批判を頂いたが、今回の騒動はその比ではない。民主党や民主党の候補者に一票を投じた人はいったいどんな気持ちでいるのだろう?当然の話だが、これほどのことをするなら選挙でその方向を示しておいて国民の審判を仰ぐべきだ。
 自民党以上に自民党的な小沢一郎氏が代表になったとき「民主党の終わりが始まった。」と日記に書いたが、まさに小沢氏の場合、新進党を作ったのも自由党を作ったのも民主党に合流したのもただ政権の座に就くための手段にすぎなかったということだ。そして民主党の中には「本当なら自民党の政治家になりたいんだけど、なれなかったから民主党」みたいな輩が少なからずいることも追々明らかになっていくだろう。こんなに国民をバカにした話があるだろうか?

 ただ、今回の騒動が改めて政界再編につながり、外交や安全保障を基軸に「イラク特措法賛成・憲法改正推進」といったグループと「集団的自衛権反対、護憲」といったグループとに色分けされた二大政党ができあがり、両者の間で真摯な議論と政権交代が行なわれるなら、それは望ましいことだとは思います。

 いよいよ海老名の市長と市議の選挙が告示されました。皆さんには高い関心をもってこの選挙を見つめて欲しいと思いますが、市議選に関しては・・・出色の候補者が見当たらないなぁ・・・何より選挙のときだけ派手なパフォーマンスをして、終わったら何処に居るの分からなくなっちゃうような事はもうやめにして欲しいものだ。

 
posted by おさだ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月04日

湘南の砂浜が消える!

99a2c8c4.JPG 湘南海岸の砂浜が侵食され、激しいところでは国道135号線わきの松の防砂林のすぐ下まで波が打ち寄せている状況にあります。その結果、今年神奈川を直撃した台風9号による高波で西湘バイパスが崩壊し、今も復旧しない状態が続いています。このまま事態を放置すればマリンレジャーのメッカ湘南の砂浜は消滅してしまう可能性があります。

 根本的な原因は相模川などの河川にダムが建設され、山からの砂礫が川を伝って流れてこなくなったことにあります。そこで神奈川県では相模湖の湖底に堆積している土砂をすくい上げ、川の途中にその砂を置き、川の水と一緒に流したり、直接侵食の激しい海岸(茅ヶ崎)に運び、砂浜に積み上げて少しずつ波にさらわせて海岸全体に堆積させる取り組みを行なっています。

 一方相模湖は湖底に土砂が堆積し過ぎて、ダムの貯水量が減ってしまうという悩みを抱えています。そこで従来より湖底を浚渫(しゅんせつ)して土砂を取りはらっているのですが、その土砂の処分に困っていました。

 ですから、この取り組みは両者にとって都合の良いものと言え、今後の成果を期待したいと思っております。

 先日その現場を視察してまいりました。茅ヶ崎の海岸に大量に積み上げてあった砂礫は台風9号により一夜にしてさらわれてしまい、今改めて同じ場所に砂礫を積み上げる作業が行なわれています。さらわれた砂は決して無駄にはならず、100mくらいの沖に止まり、日々の穏やかな波によって少しずつ砂浜に打ち上げられてゆくはずです。

 つらいなぁ・・・視察を終えて意気揚々。地元へ戻って湘南の現状を出合った市民の皆さんに訴えます。そしたら「そんなの茅ヶ崎の県会議員がやりゃいいんだろ。お前は海老名のことやれよ。地元をおろそかにするやつは次回は落選だ。」とか・・・
posted by おさだ at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年11月03日

公開討論会行なわれる

 一昨日、海老名市長選挙の公開討論会が開催されました。私の選挙の時には相手候補が出場を拒否したため実現しませんでしたが、今回は立候補を予定する二氏が顔をそろえ、市民の皆さんの前でそれぞれの主張を展開しました。

 どっちがどうだった、という感想は県議会議員としての立場もあり、ここでは差し控えたいと思います。

 立場か・・・立場ってのはあるなぁ・・・どうしても
 だんだんそういう政治家になっていくのかなぁ、自分の立場を大事にするような、魅力無いなぁ、そういうのって

 立場なんて格好のいい話じゃないんです。実は。
 現職陣営、新人陣営、私を応援してくれた多くの支持者の皆さんが今は双方に別れて選挙を戦っている。私がどちらかに傾けばもう一方にいる人たちを悲しませる。ただそれだけのことなんです・・・・盟友よ、あなたならわかってくれますよね。どうかゆるして下さい。
posted by おさだ at 07:21| Comment(1) | TrackBack(0) |

2007年11月02日

東名綾瀬インター始動

f17fe222.jpg 東名高速道路綾瀬インターチェンジの建設に向けて具体的な動きが始まります。まず最初の手続きとしてインター建設後の環境面での影響評価などを行なうアセスメントの手続きを始めることになりますが、この内容についての記者発表が本日行なわれます。

(論点)綾瀬インター建設は「駅無し市」の綾瀬市にとってはまさに悲願の事業であるようです。そして私たち海老名市民にとっても都心方向へ向かう交通の利便性が格段に向上するばかりでなく、海老名市内にできる海老名北インターチェンジ(相模縦貫道路)の混雑緩和のためにも大変メリットのある事業であると考えられます。
 今後の最大の問題は莫大な建設費用をダレが出す?という点にあります。もちろん事業の主体は神奈川県ですのでかなりの部分は県や国が負担することになりますが、残りの部分を地元の市町村でいかに賄えるか?が今後の焦点。
綾瀬市としては「私たちのまちだけでなく周辺の多くのまちにとってメリットがあるのだから皆さんも費用の一部を負担して欲しい。」という希望を持っているようです。しかし、ここで問題なのですが、例えば海老名駅も同じように綾瀬をはじめ多くの市外在住者が利用します。さがみ野もかしわ台も・・・しかしこの駅に関してデッキを作ったりロータリーや駐輪場を作ったりといったことについて綾瀬市や座間市がお金を出してくれたわけではありません。その点からすればこの綾瀬インターについて海老名市が資金を拠出する必要は無い。というのが海老名の基本的な考えであり、私も道理の通った話であると考えます。

 今後、広域行政としての神奈川県の立場、そして県議会議員としての私の立場、色々と難しい局面が待ち構えていることと思いますが、まずは海老名の長田として地元の皆さんのメリットを損なわないよう、海老名市の行政と良く連携をとって取組んで行きたいと思います。
posted by おさだ at 07:01| Comment(5) | TrackBack(0) |

2007年11月01日

殉職

86860806.jpg これほどたまらない気持ちになることなんて・・めったに無いことだと思います。昨日は警察官として職務に殉じ、尊い命を失った人々の慰霊祭が横浜の警察学校を会場に行なわれました。

 私は県議会の常任委員として最前列での参列、そして献花を行なったのですが、隣に座っていたのが、昨年犯人の追跡中に不慮の事故で殉職した中原署31歳の巡査部長の奥様と、その胸に抱かれたまだ1歳くらいの女の子なのです。

 献花のときにたまらず涙をこぼした奥様と静寂の中に響く赤ちゃんの声。生まれたばかりの子どもを残して死んでいった若い警察官はそのときどんな思いだったろう?この人たちはこれからどうやって暮らしていくのだろう?そんなことを思うと私はこみ上げる涙を抑えるのに必死でした。

 誠に残念なことについ6日前にも高速道路上で事故車輌への対応中の警察官がトラックにはねられ殉職しました。命がけの仕事がここにある。

「命をかけても・・・」なんて口で言ったりするばかりの自分を恥じるのです。
posted by おさだ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月31日

選挙違反防止に向けて

9f0ce512.JPG 自民党海老名支部主催による選挙違反防止講習会を実施致しました。5日後に始まる海老名市長、市議選挙に出馬する候補者のうち自民党の党籍を持っている11人の候補者の陣営幹部の皆さんを対象に実施させて頂きました。
 講師には党本部より上級専門職の加藤千晴先生を招き「最近の選挙違反事例とおちいりやすいミス」という点に絞って講演して頂き、会場を埋める参加者の皆さんからは熱心な質問が相次ぎました。

 天下のザル法と呼ばれた公職選挙法。選挙違反をしないで当選する候補などいない、というのも実態だと思います。しかし、最近では以前のようなあからさまな“買収”のような違反を犯す陣営が少なくなっていることから、それでも検挙実績を挙げたい司直は以前なら問題にならなかったような軽微な、言わば形式犯的な違反でも一気に逮捕まで持ち込むような事例が出てきています。つまりいきなりザルの目が一つ埋まるような判断をしてくるということ。

 海老名から選挙違反が出れば、「あぁ海老名ってところはそういう風土のまちなんだ・・・」と周囲の人たちから思われてしまうもの。違反の無いクリーンな選挙を実現しましょう。
 
posted by おさだ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月30日

秋のあぜ道

e9a99c91.JPG 私の事務所から海老名駅へはいつも徒歩で向かいます。何事にも縛られずに自由に思いをめぐらせながら歩く10分ほどの時間は、最近見つけた至福のひとときです。

 蛙が鳴き、白鷺の群れや鴨の親子が水面を揺らした夏から一変、今、市役所東側の田んぼのあぜ道を歩けば稲刈りの終えた土表に緑のジュウタンと碧く抜けるような秋空のコントラスト、そして朝の冷気が肺に沁みます。

 もうすぐウグイスが鳴き始める季節ですね・・・? クルマに乗ったウグイス嬢
posted by おさだ at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月29日

海老名警察署、快進撃

d51167de.JPG 先日行なわれた神奈川県警による武道大会(柔道と剣道)では県内54の警察署から選りすぐられた猛者たちの熱戦が繰り広げられ、私たちの海老名警察署は柔道部門で初戦敗退したものの、剣道部門では快進撃の3位入賞を果たしました。

 写真は段位で圧倒的に優勢な津久井警察署のメンバーに対して果敢に攻め込む海老名署の選手。
posted by おさだ at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月27日

一つの視点として

 亀田父子の問題については長男が会見をして一応の終息に向かうのか?なんとしてでもここは父親を引き離して、マジメになった三兄弟が涙を振り絞りながらハングリーな日々を送り、そして再起のリングでヒーローとなる・・・すでにそんなストーリーのリメイクをテレビ局は描いているのか?そんな気もしないでもない。

 さて亀田父子にしても朝青龍にしてもホリエモン、村上某にしても国民の総スカンをくってしまう人々の背景にいつもたたたずんでいるのが“金”である。亀田君は負けても1億円のファイトマネーを手にし、横綱はモンゴルで事業経営に成功し、ホリエモン社長は言うまでもないヒルズ族である。

 金が絶対的な価値。金を手にすることが成功者の証。といったような昨今の価値観に対する嫌悪感はここのところの私たち国民の中に鬱積しているようにも感じる。「あしたのジョー」の矢吹丈は貧乏だったからこそ乱暴な口をきいても多少の反則をしても許されたのかもしれない。

 あぁなんという理不尽・・・そんな気がしないでもない。
posted by おさだ at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月26日

緊急事態発生

 現在、私のPCについてリニューアルの作業を進めております。その過程で昨日と一昨日皆さんから頂いたメールの一部を誤って削除してしまうアクシデントが発生しました。市民要望を寄せられたメールもありましたので、お詫びを申し上げますと共にこの二〜三日の間にメールを頂いた方に関しては改めて送信して頂きますようお願い申し上げます。
posted by おさだ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月25日

さがみ野安全安心ステーション開設

ee0a42f6.JPG さがみ野駅前に民間防犯拠点、「さがみ野安全安心ステーション」が開設されました。この地域では県警察に対して永年交番の設置を求めて来ましたが、一向に実現しない状況にあり、今回は海老名市の主導的な努力により、いわゆる民間交番として防犯拠点が整備されました。午後の2時から午後10時までの間、警察官OBの方や地域ボランティアの方々が滞在し防犯活動に取組まれます。

 しかし、市民の皆さんにお願いがあります。それはここ(安全安心ステーション)はあくまでも「交番ではない。」ということ。警察官の方が常駐しているわけではありませんので、例えば身近で事件が発生したときなどは「まず110番通報する。」ことを心がけて下さい。ということ。またステーションで活動される方たちもあくまでも民間活動であることを念頭にくれぐれも無理はされないようにお願いしたいと思っています。犯罪者から逆恨みをされて皆さんが危険な目にあうようなことがあってはいけませんし、そのあたりのことはしっかりと指導、助言をして頂けるよう警察にも要請してありますので。

 事業の成功と地域の治安向上を心から願いつつ、私も交番の設置に向けて努力を続けさせて頂くことをお約束致します。
posted by おさだ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月24日

仲秋

 ところで、ボクシングの亀田一家はその後どうしているのだろうか?格闘技好きの私にも彼らの言動には嫌悪感を感じていたし、確かそんなことを日記に書いたこともあったように思うが・・負けてもファイトマネー1億円?おかしくなっちちゃうわけだとつくづく思う。
 ただ、今の日本社会の「一億総攻撃」的なバッシングには亀田父子のいきがり方をはるかに超えた恐怖を感じませんか?亀田のほかにも朝青龍しかり、ちょっと古くはホリエモンしかり、時代の寵児といっせいにもてはやしておいて、一気に奈落のそこに突き落とすような・・・もっとも違法、不当な行為を承知でやった彼らがいけないのだからかばい立てするつもりはないが、亀田父子の場合、あの親子をあんなふうに作り上げてきたマスコミ(TBS)の責任は問われなくて良いのだろうか?

 話は変わりますが・・・
 皆さんのご支援のお陰さまで念願の県議会議員にさせて頂いた私である。しかし、最近「日記がおもいろくない。」ともっぱらの評判。のぼせあがって亀田のようになりたくない。と、思っているわけでもないのだが、以前のように奔放に自分を表現するわけに行かなくなっているのも事実、であります。
 どうかしばらくは勘弁して下さい。議会でこのごろは、かわいらしい新人議員と持ち上げられる時期を過ぎ、徐々に先輩からの鞘当(さやあて)も厳しくなってきているところです。初期の私は若干、目立ち過ぎたのかもしれない。
posted by おさだ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月18日

挙。建事務所による構造計算の偽装について

 またしても建物の構造計算についての偽装事件が発覚しました。あの姉歯事件発生以後の意図的な偽装であり、実に許しがたい事件であります。
 偽装を行った藤建の遠藤設計士がかかわっていた物件について昨日発表があり、そのうち神奈川県内の11物件の中に海老名市内の共同住宅(マンション等)が1件含まれていることから多くの皆さんが大変心配をされていることと思います。昨日から私のもとにも「どの物件なのか?」との問い合わせが相次いでおります。私も説明のために事務所にやってきてくれた県の担当職員にたずねてみましたが、やはりそれはトップシークレットとのこと。今後同氏が構造計算を行った書類を精査して今回のような切り張りや係数の改ざんなどが発覚すれば、更に現地調査などが行われることと思いますが、それが明らかにならない時点で公表すれば無用な風評被害や不安をあおることとなりかねません。

 姉歯以降行政によるチェックは大変厳しいものとなっており、逆に建築の許可が大幅に遅れるなどの問題も出てきています。
 当面は推移を見守るしかない状態ですが、何かわかりましたらまたこのページを通じてご報告致します。

 

 
posted by おさだ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月17日

日韓交流

972c1a02.JPG 世界でも有数の港をかかえる神奈川はペリー提督が浦賀にやってきた日から私たちの国の国際交流の舞台として発展してきました。
 そんな土地柄ですから政府や行政機関による国際交流はもとより、民間どうしによる民際外交(故長洲知事提唱)も活発に行なわれています。
 そのような土地柄を象徴してか、神奈川県議会にも日中友好議員連盟(以下議連)や日華議連(台湾交流)、日韓議連などの組織が超党派によって作られています。

 昨日はその日韓議連と韓国総領事、在日本大韓民国民団(通称民団)の幹部の皆さんとの交流会が横浜の韓国料理店で行なわれました。

 政府間の外交は時に良くも悪くも大きく変化することがあります。しかし、私たち民間による交流はいつの時代も友好を求めて続いて行くし、またそうでなければいけません。県議会議員になって人との交際範囲が格段に広がりますが、同時に政治家としての視野も広げていかなければいけませんね。

 
posted by おさだ at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月16日

大谷八幡宮、秋のお祭

23f1bdba.JPG 先日大谷八幡宮のお祭に参加してきました。何かと市外に出て働くことが多くなった私ですが、こうして地元の趣き深い鎮守の森で年に一度のお祭気分。歌や踊りにいそしむ皆さんの様子を見ているとホントに心が和みます。

こころざしを果たして♪ いつの日にか帰らん♪
 山は青きふるさと♪ 水は清きふるさと♪
(童謡ふるさとより) 

 遠い土地で生活しながらふるさと海老名を思っている人もたくさんいることでしょう。これから海老名から旅立って行く子どもたちもいることでしょう。そういった人たちのためにこのまちをより良いものにしておきたい。そう思えば私の仕事も張り合いがあるってものです。
posted by おさだ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月14日

あいさつは、明るく短く元気よく!

4eb82255.jpg 今週末もたくさんのイベントに招かれて出席させて頂きました。
敬老の集い、市議候補予定者事務所開き、盆栽の会表彰式、動物フェスティバル、剣道大会、バザー、えびな彩フェスタ etc・・・

 どんなイベントでもたいがい式典でのスピーチを求められます。政治家の私にとっては皆さんの前でお話をさせて頂けることはうれしいことですが、会場の雰囲気によってはかえってヒンシュクをかってしまうこともあります。例えばみんな輪になって踊って盛り上がっている盆踊りの会場へ駆けつけて、踊りを中断させてスピーチなんてことになると・・・それはもうやはりヒンシュクを買ってしまいますよね。

 みんな整列して挙行するセレモニーでもやはり長いスピーチは禁物。(自戒の気持ちをこめてですが。)
 やっぱりあいさつは、明るく短く元気よく!が原則ですね。

写真は今年も大いに盛り上がった「えびな彩フェスタ ボルテージ6」中央公園にて
posted by おさだ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年10月12日

おかげさまで

21173c86.JPG おかげさまで県議会議員として二度目の定例議会(9月定例会)が終了しました。なんだかもう自分が一般質問に立った日(9月26日)がずいぶん前のことのように感じます。

 一ヶ月の論戦を振り返って良かったなぁと思うことは、松沢知事が提案した「多選禁止条例」についてしっかりと条件を付けながら可決できたことですね。これまで二回否決されて来たものですから。

 条例案を通したら通したでマスコミは好きなように批判していますが、これは知事も議会も真の地方分権を求める姿勢で一致できたことによる協働の成果であり、これからは私たち自民党も知事との間で適度な緊張感を持ちつつ同じ方向を向いて政策論議ができるのでは、と予感させる結果であったと思うのです。

 最終日の採決を終え、机の上に山積みになった資料を片付け、全ての後始末を終えて県庁を出たときにはすっかり夜も深まっていました。ライトアップされた開港記念館がいつもより明るく見えたような気がします。
posted by おさだ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) |