2017年06月08日

資本主義の限界

 とても難しい本を読んでいます。
 難しい本を読むとき、私はヘビになった気持ちになります。
 大蛇が鶏を丸飲みするような気持ちです。
 とにかく骨でも羽でも丸飲みして、ゆっくりと胃袋で、ジワリジワリと、とろかしていく・・。

 そんな気持ちで難しい本を読む。
IMG_9823.JPG
 ここには、資本主義が間もなく終焉することと、その先の私たちの生活のあり方が記されているようです。実は私もこのまま資本主義の時代が続くとは思えなくて、それだからこんな本を読むのですが。
 横に広がりながら膨張し続けることで豊かさを生んで来た資本主義はアフリカに超高層ビルを建てるまで行きつくしてしまい、もう広がりようがない。グローバリズムはもはやイギリスのEU離脱やトランプ政権の誕生で見る通り限界。
 そして、物価と金利を上げながら成長する金融資本主義も、長引くデフレとマイナス金利によって限界に行きついてしまった。
 最後は効率化ということになり、今やioTやAIの活用というのが第四次産業革命と言われているけれど、所詮効率化であり、一度絞った雑巾をまた絞って水を出す程度の話。

 次はどうなる・・・そんなことを胃袋の中に納めながら、世界で起きていることを見ていると、いつしか少しずつ答えが見えてくるような、そんな気でいるわけです。

posted by おさだ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年06月06日

日本のベニス

 昨日は総務政策常任委員長としてのデビューを無事に果たすことができました。

 わが家を出るとたちまち谷戸田が広がります。アオサギが悠然と歩き獲物をついばんでいます。
IMG_9805.JPG
 事務所に車を止めて駅まで歩く道は田んぼに囲まれた畦道です。海老名耕地に引かれた水が発展都市海老名の一角を映しています。
FullSizeRender.jpg

 早産で生まれ、気管が充分に発育せず、喉に穴を空けて呼吸をして成長した子供たちに会いました。会話をすることはできませんが、とても元気でさかしげな眼差しが印象的です。乳児のときには10分おきに痰の吸引など医療的ケアをしなければならず、両親は不眠不休でこの子を育てました。小学校へ通う今も保護者の付き添いが必要です。
 なのにこの子たちはあくまでも病気の手術を受けた子であり、障がいがあるわけではないということで、障がい者としての給付もサービスも一切受けられません。支援学校にも入れません。日本の障がい者制度はそういう制度なのだそうです。
「制度のはざまに置き忘れられた子供たちです。」
 というお母さんの悲痛な言葉を聞きました。

 是非この思いを県議会で表現してあげたい。
 今、それができるよう準備を進めています。

 では今日も日本のベニスを歩きながら議会へ行って参ります。

posted by おさだ at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年06月05日

総務政策常任委員長

 今日は県議会常任委員会。
 総務政策常任委員長としての初仕事です。
 少し・・緊張しています。
 ワイシャツは白にしておこう。
 電車もいつもより一本早い特急で登庁しておこうと思います。

 では、行ってきます。
posted by おさだ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年06月04日

結婚式

 今日は地元の後輩の結婚式。親しい友人の人生の新しい門出に立ち会うことは、こちらにとっても幸せなことで、今朝はいくぶんはやく目が覚めて、朝風呂に入って身だしなみを整えたり、ご祝儀を用意したりと、いつもと違ったフワリとした気持ちの朝を迎えています。
IMG_9801.JPG

 季節は芒種。海老名耕地にも水が引かれ、田植えが始まりましたね。

 こんな日は、難しい政治の明け暮れなど忘れて、和やかに過ごしたいものです。
posted by おさだ at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年06月03日

水上バイクの安全航行

 昨日も一日政務調査会の仕事で議会に登庁しておりました。
 代表質問に向けた調査の一環で、昨日は大岡川で行われた水上バイクの安全航行のための実証実験を見学させて頂きました。ここは日ノ出町付近。横浜の港から川に1qくらい入った所です。
IMG_9751.JPG
 川幅30メートルほどの大岡川は左右の岸を高いコンクリート壁が囲んでいます。しかし桜の名所でもあることから毎年の桜まつりには多くの花見客が訪れ、また近年では水質も徐々に改善し、シーカヤックやスタンドアップパドルボード(SUP)などのレジャーも行われるようになっています。
 そうした中、近年ここを水上バイクが猛スピードで暴走するようになり、爆音をたて激しいひき波を起こして周囲の人に迷惑行為を繰り返すようになったそうです。
 昨日は大岡川周辺で事業を営み、「大岡川川の駅運営委員会」の伊藤さんを中心に警察、海上保安庁、市、県などの行政官庁、水上バイクやカヤックなどの愛好団体、販売業者、そして近所の人々など100人あまりが集まって、その危険性を確認し、適切な航行ルールを作るための実証実験が行われたのです。
IMG_9732.JPG
 一枚目の写真はスピート15qほどのスピードで、水上バイクとしては“普通に”航行したケースで、これでも狭い大岡川では引き波によってSUPが転覆させられる様子が見られました。バイクから来る直接の波と岸のコンクリートにはね返った波が複雑な波を作り、とても立ってはいられない様子です。
IMG_9744.JPG
 一方速度を5qほどに落とすと波の影響はあまり見られません。
 こうした実証に基づいてこれから地域の人たちや業界、団体による自主ルールが定められていくものと思われます。
 それにしても、15qでもあれだけの波がたつのに、30qくらいのスピードで爆走したり、くねくねとローリングしながら疾走する者もいるというのですから、それは迷惑なことに決まっています。

 テーブルに向かって鳩首しているばかりでなく、こうして現地現場を見る事、大切ですね。

posted by おさだ at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年06月02日

路地裏

 おはようございます。
 6月に入りましたが衣替えはお済みですか?私も下着をヒートテックから夏物の・・なんでしたっけ?クールテック・・違うな・・エアリズムでしたか・・それに替えました。なんだかヒートもエアも、どちらも似たようなものなので、夏冬で色を変えないとどっちがどっちだか分からなくなりますね。ましてわが家は二人の息子がまた似たようなものを着るものですから、洗濯係の女房はどうやって見分けているやら、そこはやはり主婦の知恵とか勘といったものですかね、たまにしか間違っていません(笑)。
 さて、今日6月2日は「路地の日」だそうです。防災のためなどもあって最近では道路整備が進み、裏路地なんてなかなか見かけなくなりましたが、私はこの路地というのが好きで、先日も仕事で都心の赤坂へ行ったのですが、30分ほど早く着いたので街をぶらぶらと歩いてみました。
 やはり自然と足が向くのは路地です。
IMG_9584.JPGIMG_9587.JPGIMG_9590.JPG
 都心にもこんな魅力的な路地裏があるんですね。

 話は変りますが、先ほどトランプ大統領が地球温暖化の防止に向けた取り組み「パリ協定」からの離脱を表明したとラジオニュースが報じています。G7での各国首脳からの遺留をはねつけての離脱表明は非常に残念です。私のような小人はともかくも、国のリーダーは路地や隘路にはまらず、大局的な見地で大道を歩んで欲しいと思わずにいられません。
 まだ初夏の入り口だというのに連日の真夏日。温暖化は人類共通の課題ですから。

posted by おさだ at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年06月01日

光陰矢の如し

 徒労感だけが残った感じでしょうか。

 五輪費用の負担について大筋の合意・・って、結局もともとの立候補ファイルの約束にもどっただけのこと。こんなこと、とっくに決めていなけりゃいけないことでしょうに、どこの国の話ですか?という気がしてくる。
 政府がいけないのか、組織委員会がいけないのか、あるいは小池都知事がいけないのか、はたまたその小池知事が誕生する原因をつくった舛添さんが一番いけないのでは・・いやいやその前の猪瀬さんでしょ・・?

 一連の足踏みで五輪に向けた盛り上がりに水をさしてしまったことのマイナスは、いくらか経費を節約したくらいのことで釣り合うとも思えない。

 光陰矢の如し、世界に恥をさらすようなことにならないよう、急いで準備を進めなくては。
posted by おさだ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年05月31日

バブル世代

「ゆとりでしょ?そう言うあなたはバブルでしょ!」

 今年のサラリーマン川柳。まったくもってグサリときましたねぇ・・私まさにバブル世代。
 威勢のいいこと言って後輩にハッパをかけるわりに面倒見は良くないと言われる世代です。でもね、確かに社会に出たときは空前の好景気だったのだけれど、たちまちバブルがはじけ、その後のどん底を味わい、失われた20年の中で20代、30代を過ごし、40代になったらリーマンショック・・そんな時代を生きて来たんです。そして・・これからやって来る団塊世代の老後を支えるのが私たちバブル世代なんだよなぁ。

 テクノカットにソフトスーツ、ワンレンボデコンで「ナウいねぇ」なんて言ってたあの頃がなつかしい。



posted by おさだ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年05月29日

休日

 掃除をするってのは心身共に良い効果があると思います。特に朝一で掃除をするとその日一日気分がいいですね。
 久しぶりの休日となった昨日は朝から自室の天袋を開けて掃除。20年も前の選挙の資料やなつかしい雑誌などが出て来て、ついつい見入ってしまい手が止まったり・・。

 午後からは最近個人的に研究をしている「神奈川の自由民権運動の歴史」について勉強をするため、伊勢原の雨岳文庫での講習会に参加して来ました。
IMG_9700.JPG
 そして家に帰ると同級生の友達が「魚を釣ったぞ!」と、クーラーバッグを車から降ろして得意顔。夕飯はメジナとマアジの刺身にするか!しばし板前になって包丁を振る私です。
fkgld.jpgFullSizeRender.jpg
 リフレッシュできる休日をありがとうございました。


posted by おさだ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年05月28日

和の伝承

今朝の川柳
 モリとカケ タヌキやキツネや 永田町

 土日は馬鹿げた国会論戦が無いだけ気持ちはラクか・・。
18699985_729105737269114_9150142474554557511_n.jpg
 昨日は海老名市の花、さつきの展示会。丹精込められた盆栽というのは本当に素晴らしい。最近では欧米などでも盆栽を趣味にする人が急増しているとか。しかし、この盆栽をお作りになっている人たちの様子を見ると平均年齢は70歳を充分に超えていらっしゃるようです・・。この良き日本の伝統技術を次世代に伝承していく努力をしなければ、やがて廃れていってしまうのではないかと不安にもなります。お話を聞くと東京には都立園芸高校という学校があって盆栽作りの授業もあるし「盆栽部」という部活もあるそうですね、驚きました。

 三年後にはオリンピック・パラリンピックもあります。世界中の人々が日本にやって見えたとき、こんな素晴らしい和の芸術でお迎えできるようにしたいし、何よりも日本人自身がこれを通じて日本の伝統文化に気付く機会になって欲しいものですね。

posted by おさだ at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感