2019年11月24日

コミュニティー

 私たちのまちのコミュニティーは進化していると思います。

 地域の人間関係が希薄になっているというようなことを言う人が居ます。向こう三軒両隣的な戦前戦後のようなコミュニティーのありようは確かに無くなってきているし、親戚関係の付き合いも以前のような濃いものではありません。あるいは会社では社員と家族総出の運動会・・なんて時代もありましたが、今そんな話は聞きません。
 だから今は地域のコミュニティーが希薄になっていて、それは子供の教育に良くないし、高齢者は孤独になるし、犯罪も増えるんだ・・といった連想を生むのでしょう。そうした中で黒岩知事は「地域コミュニティーの再生」ということを春の選挙で公約しました。
 しかし、これが県議会や市町村から反発を受けることになりました。
「地域コミュニティーを“再生”させるって、まるでダメになっているものを生き返らせるような言い方だが、市町村は住民の皆さんと直接触れ合う、最前線で一生懸命やってんだ!県が横から口を出して、上から目線で何を言う。」といったニュアンスの反発が多いように思います。

 確かに私の実感としても、先週行われた海老名の市民まつりも盛大だったし、市の職員は懸命になってこうしたイベントを盛り上げている。この週末も様々なイベントや新嘗祭などの祭事が行われ、昨日参加させて頂いた下今泉のコミセン祭りでは、長寿会の皆さんがコーラスを披露し、女性ばかりの和太鼓の演奏があり、居合切りやフラダンスの発表。そして、生け花や書道の展示など、百花繚乱の如く・・なんて言ったらちょっと大げさですが、小さなエリアのイベントでも様々なコミュニティーが色とりどりに息づいていて、年々盛んになってきています。
 そして、そこでイベントを運営する担い手の主体となっているのは、定年後の比較的時間のある若い高齢者の存在で、こうした人の数がどんどんと増えていることを見過ごすことはできません。更に、地元回帰の思考が高まっていると言われる若者の姿も多く見かけるのです。
 コミニュティーの形は進化していて、そこに気付かず一般論的な感覚で地域の再生などと、政治のリーダーが言えば、地域で一生懸命やっている人たちがシラケてしまうのは無理もないことだと、つくづくそう思いながらイベントに参加しています。
IMG_6440.jpgIMG_6444.jpgIMG_6450.jpg
 今日は海老名の「ふれあい農業祭り」に神輿の仲間とバーベキュー、横浜では11の武道団体が一堂に会して演武を披露する武道祭が行われます。

posted by おさだ at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月22日

サギにご注意

 冷え込んで来ましたね・・。朝のベッドから抜け出すのがひと苦労です。

 一昨日の深夜、自宅のファクシミリがツーツーツーと紙を吐き出しています。こんな時間に何ごとかと見てみれば英語の文章。私の語学力ですからあてにはなりませんが、まぁそれでもと分かる単語を拾ってみると、スペインの法律事務所からの知らせで、私の名前もSHINJI OSADAとフルネームで来ています。内容を見るとどうやら数年前に中国でOSADAという名の人間が死亡し、その人の遺産が7万5千ユーロあり、相続人を探している。あなたが相続人になってくれれば、100%ノーリスクでそれを受け取れる・・というような内容。

 そんな馬鹿げた話があるものか・・と思ってネットで検索してみると、最近はこうしたサギが増えているのだとか。つまり、大金がもらえるものかと連絡をとると、まずは手数料をということで金をだまし取る手口だそうです。
 皆さんもお気を付け頂きたいものですが、それにしても私のフルネームはともかく、自宅のファックス番号など公開もしていないのに、個人情報をどうやって入手したものか・・。

 そんなわけで昨日は寝不足のうえに朝の冷え込みで一層ベッドから出るのが大変でした。

posted by おさだ at 08:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月20日

紅玉

 香港の学生デモによる混迷は深まるばかり。警察官が学生に発砲する事態にまで発展するとは思いませんでしたが、でも私たちの国にも似たような時代はあったんですよね。
 今から思えば私はちょっと変わった子供だったと思うのですが、だれの影響か中学生くらいの頃から学生運動に憧れを持っていて、小田急線沿線の大学へデモの様子を見に行ったこともありました。
 今の香港とかつて日本にあった学生運動とでは時代背景も動機も大きく違いますし、デモという民主的な主張法も度が過ぎれば社会悪になってしまいます。だから今の私がそれを手放しで良い事とは言えないのだけれど、ただ、香港でデモに参加している学生たちはきっと青春を謳歌しているんじゃないかなと思っています。危険の裏側にある生きているという実感、見ず知らずの多くの仲間と連帯している実感・・そういうものを感じているんじゃないかな・・と、思っています。「ただのゲームよりも闘争こそ真実よ」は映画いちご白書の名シーン。
 平和な時代を過ごしている日本の学生と、果たしてどちらが、なんて比較するのは野暮ですが、私がどちらかを選んで今の時代に青春を過ごすことができるなら、やはり香港の学生の方を選ぶでしょう。
IMG_6428.jpg
 先日古本屋で、「紅玉」というタイトルの絵本に出会って買いました。
 今日本と韓国の間を分断している強制労働のことについて、改めて私たち日本人がかつてかの国の人々に何をしてきたのか?そのことを考えさせられる一冊でした。

posted by おさだ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月19日

魔薬より

 中学生の頃、顔を靴墨で黒く塗ったボーカルグルーブがブラウン管に登場し、そのカッコよさに私は大いにあこがれ、振り付けをまねたりしたものです。そのシャネルズというグループにいた田代まさしがまた麻薬で逮捕されたとニュース。「またか」と舌打ちも止まらぬうちに今度は沢尻エリカという女優さんも違法ドラックの所持で逮捕の報。
 本当にこの麻薬というやつは一度手を出したらやめることができない、まさに魔薬なんですね・・あぁ、恐ろしい。しかも日本では芸能界だけでなく、学生や主婦など広く一般の人々にこうした薬物の使用が広がっているのが実態であり、何とかしなければいけないとても大きな問題。是非県議会でも警察や子供たちの啓発を行う教育委員会などに対応の強化を求めたいと思っています。

 ここのところ、夜半に雨が降り、昼間は晴れ上がる天候が続いていますね。たわわに実っていた燐家の柿の木もすっかり収穫を終え、高みに一つ二つも木守柿(こもりがき)が残されています。
IMG_6423.jpg
 湿り気を含み、少し冷たい朝の凛とした空気を吸い込みます。大麻やマリファナなど吸わずに、この気持ち良さを知って欲しいですね。

posted by おさだ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月18日

思うところあり

 昨日までの秋晴れと打って変わり、今朝は冷たい雨ですね。
 政界の雲行きもあやしく・・安倍政権は持つのだろうかと不安が胸をよぎります。もしものことがあれば、せっかく好調な景気がオリンピックを前に腰折れしてしまうのではないか・・。

 余計なことは考えない方がいいですね。

 昨日は海老名の市民まつりが行われました。
IMG_6416.jpg
 思うところあって、祭りが終わった後も会場に残り、片付けが終わるまでその様子を見ていたのですが、出店ブースの片付けやゴミ処理、落とし物の受付、酔っぱらいどうしのトラブルなど、市民の皆さんがお帰りになってからも様々な仕事が残ります。私は一時間ほどその様子を見て帰りましたが、市の職員の撤収は毎年深夜になるとか・・・。改めて実行委員の皆さんや市役所職員の皆さんなど、関係者の大変な努力の中でイベントが維持されていることを実感しました。

 さあ、今日は12月議会に向けて議会運営委員会が行われ、12月18日までの会期で審議が行われる予定です。実は先日県庁の職員が自死したことについて遺族が県を相手に裁判を起こすといったことが報道されました。財政課という県の予算を預かる大変な職場で働き、疲れ切ってしまった末の自死であったようです。思うところ・・というのはつまり議会人として、職員の働きをどう見るか・・お役所仕事でだれ切っている!と決めつけてかかる議員もいますが、本当にそうだったら、職員が自死するようなことは無いでしょう。かと言い、甘い見方をすれば、納税者の付託に応えられないようにも思う。そこを見分ける目を持つことは、とても難しいことなので。

posted by おさだ at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月17日

バカ親の親バカですが・・

 考えてみると、私は息子のことを褒めたことがあるだろうか・・・
 先日のタウンニュースで私の息子が知的障害者による卓球の世界大会で監督を務め、良い成績を残したことが取り上げられ、それを読んだ多くの方からお褒めの言葉を頂きました。
 この場で家族のことを書くのは日頃控えていますが、率直に今回のことは「福祉」に関することだけに、息子も世の中のお役にたてるようになったかと、私もうれしく感じています。
 それにしても、我が子の活躍をタウン誌を読んで初めて「あぁそうだったのか」と感じるほどのバカ親なんですねぇ・・私は。
https://www.townnews.co.jp/0402/2019/11/15/506697.html
 さて、気を取り直して(笑)
 今日は海老名の市民まつり。ラグビーワールドカップの関係で開催時期が大幅にずれての開催になりましたが、幸い素晴らしい天候に恵まれそうです。秋の澄んだ空に打ちあがる花火を見てみたいですね。

posted by おさだ at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月16日

側近の責任

 今日は雲一つない秋晴れ。菊晴れなんて言うそうですが、季節は早いもので立冬、スイセンの花咲く頃とされています。
 五千円札の顔でおなじみの樋口一葉は、代表作のたけくらべで「或る霜の朝、水仙の作り花を格子門の外よりさし入れ置きし者の有けり」なんて、ちょっと意味深な表現で、冬の朝とスイセンを使って微妙な女心を書いている・・・そうですが、庭の片隅や墓地など、控えめな場所にに咲くことの多いスイセンも最近では随分と品種が多くあり、八重のものや、ラッパを吹いたような自己主張の強いイメージのものもあって・・秋ですからもう少し嫋(たお)やかな姿の方が、スイセンらしくて良いのでは・・などと思ったりするのは余計なお世話ですかね・・。

 もう一つ、余計なお世話ついでに言わせて頂くなら、安倍総理の桜を観る会の問題。申し訳ないけど安倍さんしっかりして下さいよ、と言いたくもあり。そんなことでつまづいてる場合ではない国内外の情勢に思いがつのります。そもそもこのようなことで国の宰相が指弾されるのは、周辺についている人間の責任。総理大臣と言えども一個の人間ですから、行き過ぎることもあれば、ときに振る舞いを誤ることもあるでしょう。その時に「総理、ここはお控えを」と忠言できる側近の存在が極めて大事。森友問題、加計問題・・いずれにしても高度な政治的判断とは別次元のことで宰相がつまづくのはみっともなく、そして国の安定を欠くこと。
 総理の傍を固める人たちには本当にこじっかりやってくれよと言いたいものです。

posted by おさだ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月12日

予知夢?

 ときどき、スマートフォンが出てくる夢を見ることがあります。いつも緊急事態が発生して、警察やだれかに知らせなくてはならないのに、何度かけようとしても焦って番号を間違えてしまう・・というほぼ悪夢。
 でも昨夜のはちょっと違って、まだ携帯電話が出始めた頃のような棒状(折りたためない)の端末を私が握りしめているのですが、その電話機の素材はシルバーでとても美しく、ボタンは普通に1.2.3と並んでいるのですが、意味の分からない言語、男女の区別のつかない声で懸命にこちらに話しかけてくるのです・・。

 ま、それだけの短い夢でしたが、妙に記憶に残っています。
 これって何かの予知夢? そういうのってありません?

 さあ、選挙も終わりゆっくりしたいところですが、昨日から12月議会の準備で議会に入っています。とりわけ台風19号被害に対する被害者への補助金など公的な支援については、早急に行う必要がありますので、早い段階で議会が予算を議決する必要があるのではないかと思っていて、ある程度その想定で我が政務調査会は動いています。

posted by おさだ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月11日

選挙結果

 おはようございます。
 昨夜は遅くまで海老名市長、市議の選挙結果を待ち、各陣営を訪問しておりましたのでちょっと寝不足です。
 結果は概ね予想通りで、市長選挙は現職が過半数を超えての安定的当選。大騒ぎをして海老名のまちをひっかきまわしてくれたN〇党の党首さんは、3千票に届かぬ惨敗。氏家氏は2万票に迫る勢いを見せての健闘だと思いますが、「反対票」と「反対勢力」を集めての選挙戦。今後はその反対派のレッテルをはがすのは難しいのではないでしょうか。
 市議選は6千票を超える候補もいれば、千票あまりで当選する候補もいて、得票数にばらつきのある結果となりました。また、女性候補8人全員当選の躍進も特徴的だったと思います。今後は長期政権となる市長に対して議会が議決機関としてどんなふうに対峙していくのか・・・注目してみたいと思います。

 ま、とりあえずホッとしています。

posted by おさだ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月09日

秋のウグイス

 幸いにして、試合の結果を知らないまま井上尚弥の戦いを録画で観ることができました。世界のでれにも真似できない、えぐるような左ボディーで強敵を仕留めた井上尚弥ですが、相手のドネア選手も強かったですね。ぶれない体幹からフェイントで強いパンチが飛んでくる感じですかね。これまで無傷だった井上の顔に初めて縫い針が入ることになりました。
 名実ともに世界一強いボクサー井上尚弥。海老名のとあるお蕎麦屋さんによく家族で食事に来るそうですから、いつか会ってみたいものです。

 海老名の選挙戦も今日はいよいよ最終日。「外敵から海老名のまちを守る戦い」と、私なりに位置づけた選挙戦。市長選は現職が手堅くまとめることと思いますが、市議選に関しては改選後の勢力図がどうなるか・・。
 市長も5選となれば、とかくワンマン的な批判がつきまとうもの。しかし、その原因は市長だけにあらず、議会の姿勢にも起因するもの。二元代表制の一翼を担う議会が、良識ある判断のもとに執行者(市長)に対して是々非々の姿勢を持てるか、それにかかっていると私は思います。

 明日は投票日。
 秋晴れの青い空からウグイスの声が聞こえてきます。


posted by おさだ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感