2020年06月19日

再生

 三日間の代表質問を終え、今日は休会日。梅雨寒の朝はしまわずにおいた電気ストーブに足を温めています。
 
 さて、神奈川県は昨日の対策会議で、新型ウィルスの感染拡大防止のための時短営業や屋内外でのイベントの開催について、自粛の要請を大幅に緩めることにしました。また、県立高校の通常登校についても前倒しで実施される見込みとなりました。そして今日からプロ野球も開幕されるのですが・・・喜びというよりも、以前の生活に戻れるのだろうか・・という不安が自分の気持ちの中でぬぐえません・・梅雨寒のせいですかね。

 代表質問の中で、ある会派が言っていました。「14世紀のヨーロッパで起きたルネッサンスは、人口の三分の二が亡くなったペストの大流行の後に起きた再生のうねりだった」と。世界の人々を恐怖に陥れ、経済を止めた今回のコロナ禍が、やがて人々の生活意識を変え、平和で慎み深い新たな時代の再生につながってくれたらと、そんなことを思いながら質疑を聞いていました。

 休会日だからといって仕事が無いわけではありません。今日は事務所にいて、地元の皆さんの陳情や海老名市との連絡調整など、日常業務を行なっております。

posted by おさだ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年06月18日

一色

 それにしても幼稚なことだと・・爆炎を上げるテレビの画面を見てあっけに取られてしまいました。韓国と北朝鮮の間に何があったのか分かりませんが、交流のための建物をこれ見よがしに爆破して見せるというのは、国家間の意思表示としてはあまりにも直接的で子供じみた態度としか言いようがありません。
 そして思うのは、私たちの国はこうしたことをする国と隣り合わせにいて、ミサイルを撃ち込むぞと脅されているという現実。まさかそんなこと・・と私たちは思ってしまいがちですが、実際にやりかねません。ですからこそ、今回防衛省が設置を断念したミサイル防衛システムの事について、政府の対応は残念としか言いようがありません。「政府が安全保障のために必要だと言っているのだから信じましょうよ」と不安な住民を説得してきた地元の県知事を始め関係者が怒るのも仕方がありません。
 成果は花火のように消え、失策は貯蓄されて行くのが政治に対する評価。自民党の政権も安倍総理による長期政権が続き、失点だけが積み上がってきている印象を持ちます。もちろん全体としてはそれ以上の成果もあげているのですが。

 さて、今日は代表質問三日目。毎朝、相鉄線、みなとみらい線に乗って県議会へ行っていますが、かなり乗客の数が戻ってきた気がします。マスクをしていない人を見かけないわけではありませんが、9割以上の皆さんはちゃんと感染予防をされているな、と感じます。そして代表質問は感染症対策と経済対策や学校教育など新型コロナ関係の質問でほぼ一色といった感じです。

 間もなく議会に着きます。

posted by おさだ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年06月16日

異例の議会

 毎年一回受ける健康診断の時期となりました。血圧、尿酸値、血糖値・・・50歳を過ぎた頃から色々と気になる数値も現れ始め、昨年の11月から始めた毎朝のジョギングの成果が表れるか、不安と期待・・ですかね。

 県議会は今日から三日間の代表質問が行われます。
 私たち自民党の代表は先日逝去された横田滋さんに対する哀悼を申し上げてから、新型ウィルス感染症対策などの質疑に入ることになると思います。本会議場ではマスクを着用し、議員どうしの距離を保つため出席者は定数の過半数にとどめる。また発言者の席には透明なシールドを設置、発言中の水分補給はペットボトルにするなど、異例づくめの会議になります。

 こんな時は早めに登庁すること。
 とにかく、行って参ります。
posted by おさだ at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年06月12日

朝露の一滴

 昨日の梅雨入りと共に、県議会も本会議が開かれ、補正予算案や条例の改正案が提案され、これから本格論戦が始まります。
 危機事態の発生初期にあっては、私たち議会も現場を司る執行機関は大変だろうと思いやり、意見を言ったり、要望したいりということについて、窓口を集約するなど、相手方への影響を極力控えてきました。しかし、もうフェーズが変わったと判断して良いでしょう。これからは県民の実情をどしどしと行政のぶつけていく時だと思いますので、県民の皆さまも遠慮なく私たち議員にご意見をお寄せ頂きたいと思います。

 朝刊を取りに出た早朝。雨あがりの庭に朝露が光っていたので、スマホ用の接写レンズを持ち出して撮ってみました。
IMG_7600.jpgIMG_7595.jpgIMG_7603.jpgIMG_7587.jpg
 朝露の一滴にも 天と地が 映っている
 開高 健

 小さな県民の声にも・・・ですね。

posted by おさだ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年06月09日

2ヶ月半ぶりの・・

 この春、私の家の裏山にオオタカが営巣しました。今朝は巣立ち前の子どもがキーィ、キーィと盛んに鳴く声が聞こえて来ます。
 このオオタカ、雄雌がペアを作るとどちらかが死ぬまで一生続くのだそうですが、毎年7月ごろに子供たちが巣立って行くと、そこからは別行動をし、来春また再会して子づくりに励むのだとか。なかなかいい関係ですね。

 さて、昨日は県内での新型ウィルス感染者がゼロとなりました。なんと2カ月半ぶりのこと。油断はできませんが、それでも知事はじめ危機管理に携わる人たちはホッと一息つけた瞬間だったのではないでしょうか。

 今日も暑くなるようです。
 マスクの着用による熱中症には充分にお気を付け下さい。

posted by おさだ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年06月08日

どちら・・

 読売新聞の世論調査では、国内で再び感染が拡大した場合、政府が緊急事態宣言を出すことについて、「国民の健康を守るため速やかに出すべきだ」と「経済への影響を考えて慎重に検討すべきだ」のどちらに考えが近いかを聞くと、「速やかに」が61%で、「慎重に」の36%を上回ったと、今朝のニュース。

 なるほど・・ここまではっきりと差が出たことには色々思うところのある調査ですが、では私がこの同じ質問に応えよと言われたらどちらを選ぶかと・・しばし考えました。

 結果は「慎重に」。

 ウィルスへの感染は怖いけれど、景気の悪化による倒産・失業・自殺の増加・家庭の崩壊・青少年の非行・犯罪の増加といった負の連鎖による被害の方がよほど大きくなってしまうのではないかと、思ってしまうので。

 今朝のゆみうり時事川柳
 紫陽花が 密を見せつけ 恨めしい

 昨日、この川柳とまったく同じことを思っていました。

posted by おさだ at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年06月06日

6月6日

 昔、子どもに習い事をさせるには6歳からが良いと言ったそうです。6という数字は、指を折って数を数えたときに、小指が立つことから、子どもの成長を意味するのだとか。
 そんなことから今日6月6日は「稽古始め」「習い事始め」の日なんだそうです。

 神奈川県では高校野球の自主大会をやらせてあげないのか!と、そんな声が日に日に高まっていて、中には県や県教委の姿勢を消極的だと厳しく言われることもあります。そんなとき、私は申し上げます。「この問題、間違いなく言えることは、関係する全ての人が、三年生たちに最後の試合をさせてあげたい、と強く思っています。たぶん例外なくみんなそう思っているんです」と。ただ、「思い」だけでなんとかなるものではなく、「実際にやれるか」ということについて様々な角度から検討がされていて、今現在は答えが出せていないということだろうと思います。検討というのはもちろん新型ウィルスから生徒を守ることだけでなく、会場が確保できるか?例年通りスポンサーの新聞社は協力してくれるのか?秋季大会や夏休み中の授業、受験など時間軸の問題、そしてルール・・等々。
 答えを急げば、できない方向にベクトルが向いてしまう。時間をかけて可能性を探れば、間に合わなくなってしまう。このジレンマの中で「なんとか生徒たちのために」と尽力して下さっている県高野連を始め関係の皆さんは、本当に大変な思いをされていることと思います。

追伸・・今日は横田滋さんのことを書こうと思ったのですが・・すみません、考えがうまくまとまりませんでした。
posted by おさだ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年06月05日

かまきり生ず

 6月5日。二十四節気の芒種(ぼうしゅ)。米の種をまく季節という意味だそうです。
 前代未聞のコロナ禍の中で、世の中の様々なことが変化を余儀なくされました。その変化は痛みを伴うものでもありますがその中で、また新しい息吹も生じてくれたらと思います。
 新型ウィルスの感染について、私たちの国では死亡者がとても少ないということが言われていますが、それは時が過ぎ、第三者がそれを評価してくれたらありがたいことで、今の政府要人が得意になって語るのはあまりにも手前味噌な話。コロナ禍を機に、この国の政治こそ変化をしなければ、持続していくことはできないのではないか。環境の変化に強いものが生き残るのではなく、変化に順応できたものが生残るこということだと思うので。

 一年の季節を七十二に分けた候で今は、「かまきり生ず」とされています。子供の頃、ツンと伸びた雑草の茎に大人の親指の先ほどの大きさのかまきりの卵をよく見付けました。そこから小さな、でも形はちゃんとカマキリの姿をした子どもがぞろぞろと出てくる様には思わず時を忘れて見入ったものです。初夏の日差しがジリジリと背すじを焼いて、それでも好奇心の目は小さな兵士たちの行方を追ったものです。

 では、仕事に入ります。
 
posted by おさだ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年06月03日

精読日

 おはようございます。
 昨日34人の感染者を出した東京都がアラート(警報)を発する事態になったというテレビニュース・・そのまま見るともなく見ていたNHKの朝ドラに志村けんさんが出演しており・・コロナに倒れる前に撮影したのでしょうね・・なんともやるせない思いがしました。

 さて、5月の末に県議会の役職改選が行われ、私は議会運営委員長に就任した旨、このブログでお知らせしました。併せて八つある常任委員会の委員改選も行われ、私は文教常任委員会に所属することになりました。
 例年の議会日程ですと、今日はその常任委員会が招集され、当局、つまり私の委員会の場合は主に教育局から事務事業の概要を聞き取り、来週から始まる審議に備える流れになっています。ま、わざわざ聞くまでもなく休校していた公立学校の学びをどうやって取り戻すかなど教育をとりまく課題は山積なのですが。
 しかし、この事務事業を聞き取るための委員会は、感染症防止対策が続く現下の状況に鑑みて、今年については議会各位が自宅や事務所にてクラヴドにアップされた説明資料を精読することをもって委員会の開催に代えることとしました。残念ですが、まだまだ油断できない状況ですから、議会も審議も極力シンプルにすることも必要なことと思い、そうすることにした次第です。

 私も通常の委員会に合わせ、10時半から資料の精読をしたいと思います。
IMG_7438.jpg
 良い天気ですね。道ばたのサツキもこの陽気に誘われて一斉に花を咲かせ、大きなミツバチがミツを集めにやって来ています。一度しかない人生ですから、なにげない日常にも目を向けていたいものです。

posted by おさだ at 09:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年06月01日

急いては事を・・

 今日から県内の公立学校が分散登校などの方法で再開されます。子供たちも大人たちも、先生もだれも経験したことが無い3ヶ月の休校から再開するのですから、子どもたちがどんなふうにコロナ対策のとられた教育環境に慣れて行ってくれるか、大変心配なところです。自殺対策なんて言うととても厳しい話に思えますが、子どもたちの精神的な面にも気配りが必要ですよね。もっともこれは大人の世界も同じ事だと思いますが。
 先日、ラジオの投稿にこんなのがありました。
「孫の登校に間に合わせるように、手づくりのマスクを縫い上げたのですが、学校からはマスクは白いものを使うようにという連絡があり、私が作った花柄のマスクは使えないそうです。」
 まさか、そんなことを言う学校や教育委員会があるなんて、ちよっと驚きです。子供たちを感染から守るためのルールは大切。でもマスクの色はそれに関係ないはず。もっと柔軟に考えられないのですか?と、私がその学校の保護者なら言いたくもなります。

 マスク一つとっても、用意できない家庭もあるでしょう、させようともしない保護者もいるでしょう。今日一日だけでも、色々な事が現場では起きることと思います。先生たちの苦労も並ではないと思いますが、急いては事を仕損じる。あせらず慎重に少しずつ、元の学校生活にもどって行けるよう、努力と工夫を重ねて行って欲しいと願っています。もちろん行政からの支援も必要ですよね。

posted by おさだ at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感