2018年04月06日

住民相談

 救命のために土俵にあがった女性のことが世間の話題になっています。
 相撲という国技のうえでのしきたりと、今そこで命の危機にある人を助けるという目的とを比較すれば、言うまでもなく人命救助が優先されるのは当たり前のことです。ただ、だからと言って大相撲が守って来た様式の中に「土俵に女性をあげない」というしきたりがあること自体まで否定するような方向に報道が行こうとしているような気がして、それはちょっと筋の違った話だなと私は思っています。どことかの女性市長さんが「私も土俵に上がらせてくれ」と、日本相撲協会に申し入れて断られたなんて話も続報されていますが、今回の人命救助の問題とは別な問題としてとらえるべきであるし、その可否を判断するのは日本相撲協会の主体的な判断に任されるべきであると感じます。東大寺の二月堂のお水取りにも、高野山にも比叡山にも女人結界というしきたりがありますが、それはそれとして尊重されて良いのではないですかね・・。

 県議会が休会しているこの時期、私は地元にいて、県民の皆さんからの住民相談を積極的にお受けするようにしています。「県立がんセンターを受診したいのだけれど・・」といった医療にかかる相談や、調整区域への建物の建築など建築基準に関する相談、自治会館前の横断歩道が消えてしまっているといった警察行政についての要望などなど、頂く相談は多種多様です。
 そうした相談を頂いたとき、私は関係する役所の窓口に電話を入れて状況を確認したり、法令上の可否を問い合わせたりします。
 昨日もそんなことで県の窓口に電話を入れたあと、相談者の方が私の顔を見て不安そうに言いました。「議員が電話をして、忖度になりませんかね・・」。冗談で言われたのかと思いましたが、やはり不安そうな様子でしたのでちゃんと説明して差し上げます。大事なことは「これをやれ」と、行政の仕事に対して無理を押し通すようなことをしたり、「やらないと議会で追及するぞ」などと議員としての権限を利用して圧力をかけるようなことは絶対にやってはいけないということ。でも、例えばあなたのように、これこれこういうことでお困りの方がいるので、行政の対応としてできることがあればして欲しいと、窓口に照会するようなことは議員としての仕事のうちですよ、と。まして国会のように、議員が選ばれて大臣などになって執行権を持つ制度(議院内閣制)と違って、地方議会の議員には行政上の決定権はありませんから、森友学園などで今問題になっていることとは本質的に違うのですよ、とも。
 それにしても「忖度」なんていうあいまいな言葉で評価されてしまうと、政治家が住民と行政を結ぶ役割に不要な足かせをつけてしまうばりで、これは困った事だと思っています。

 頂くご相談の中には民間企業への就職、縁談、物件探しまで、政治や行政と関係のないものまで幅広くあります。どんなことでも構いませんから何かありましたらどうぞ遠慮なく長田進治までご相談下さい。ただし、無理なことは「無理です」とお答えしますのでその時はご容赦下さい。


posted by おさだ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年04月03日

清明

 そば屋を営んでいた知人ががんを発病し、亡くなりました。原発は食道がんで、転移があったそうです。家族の話では「毎日忙しくて、立ったまま熱いおそばをかきこみながら仕事をしていたのがいけなかったんじゃないかな・・」と。確かにそういうことは身体に良くないそうですね、私などもさすがに立ったまま食事をするようなことはあまりありませんが、時間に追われる食事はありますし、熱いものでもなんでもかき込むようにして食べるクセがあるので、注意しなきゃいけないな・・と、思っています。
IMG_2466.jpg
 少し落ち着こう・・と思ったからってわけではありませんが、最近kindleという端末を使って読書を楽しんでいます。液晶画面のように光るものではないので目が疲れず、紙の本を読むのに比べても違和感はありません。たまにはこんなものでも持って桜の花の下で読書でもしていたいものです。

 さて、米軍からの発表によれば、厚木基地に駐留していた空母艦載機の部隊が3月30日(金)をもって岩国基地への移駐を終了したとのこと。当初の予定より前倒ししての完了となりました。
 これまで戦闘機等による爆音に悩まされていた基地周辺に方たちにとっては朗報と言えると思います。ただ、これで厚木基地に飛来する戦闘機などの航空機がゼロになるわけではありませんので、これからも基地をめぐる諸問題には関心を持ち続けていたいと思います。

 季節は二四節気の「清明」。
 世の中の生命が輝き、ものものが清らかに活き活きとする季節。
 若葉が芽吹き、鳥たちがさえずり、温かな風がほほをなでます。
 今日も一日がんばりましょう!

posted by おさだ at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年04月02日

あきば

 昨日は海老名市の公設民営の障害者支援センター「あきば」の開所式に参加させて頂きました。作業所やショートステイ、カフェなど複合的な施設として、障害のある方たちの支援をして行く施設です。
IMG_2465.JPG
「障害のある人もない人も、だれかの役にたち、社会に貢献することが生きるうえでの大きな喜びです。皆さんがここで仕事をして作ったものが人々に使われ、皆さんが淹れたコーヒーを飲んだ人がほっとひと息つける。そんな喜びを多くの人に与える施設になって欲しい」
 そんなスピーチをさせて頂きました。
IMG_2461.jpg
 午後からは氏神様である本郷神社のお祭り。
 幸い晴天に恵まれ、気持ちよく神輿を担がせて頂きました。

 さぁ今日から新年度の仕事が始まる方も多いと思います。
 お互いにがんばりましょう!!

posted by おさだ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年04月01日

新年度

 おはようございます。
 4月1日、今日から新年度のスタートですね。平成という時代の最後を飾る一年を大切に過ごして次の時代につなげたいものです。

 今日は私の住まう土地の氏神様の祭です。
 幸い素晴らしい天気に恵まれました。
 私も地域の皆さんと一緒に神輿を担いで新しい年度を始めて参りたいと思います。

 余談ですが・・今朝のネットニュースで、救急要請で現場に駆け付けた救急隊員が"心肺蘇生をしないで欲しい"と求められるケースが多く、現場での対応に苦慮しているとの報道がありました。多くは高齢者で本人から心肺蘇生などの延命措置はしないで欲しいという意思表示が事前にあるなどのケースだそうです。しかし、だからといって救急隊員がその場での措置を行わなければ、後になって責任を問われかねません。ですからそうしたことについての全国的なルール作りが必要ということになります。
「救急隊は命を救うためのもの、救命措置がいらないなら救急車を呼ばないで欲しい」というコメントが寄せられていました。
 色々と考えさせられる、そして早急な対応が必要な事だと感じました。

posted by おさだ at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月30日

たえて桜のなかりせば

 今日は年度最後の平日。
 今日をもって職場を定年退職するとか、異動になる、そんな方も多いのではないでしょうか。
「退職の日」という、さだまさしさんの歌があります。黙々と働き、淡々と最後の出勤をして行く父と、それを見送る母の様子を、わずかなレールと共に公園に置かれた機関車と対比させて歌った歌です。
http://j-lyric.net/artist/a0004ab/l0102e7.html

 県庁も職員の異動と引継ぎが行われています。行政の側がそんなわけですから、議会はなかなか動きがとれず、定例会が終わったばかりでもあり公式な日程はしばらくありません。この機会に議員の多くは視察に出かけたりしていますが、私は地元に居残りをしてして、ときおり退職や異動の挨拶にお見えになる方たちのお相手をしたりしています。
IMG_2439.jpg
「桜が満開ですね」
「桜はもう散り始めましたよ」
「今日は風が強いね」
 そんな話を聞くたびに、「見に行かなくちゃ」という焦りというか、ある種の強迫観念にかられます。
 世の中に たえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし
 在原業平・古今和歌集より

※この世に桜の花が無ければ、春の気持ちはもっとのどかなのに・・といった意味のようです。桜も仕事も人生も短く限りがあるからこそ・・ですね。

 写真は私のお気に入りの桜鑑賞ポイントです。


posted by おさだ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月29日

異動

 いよいよ本格的な春到来ですね。
 事務所の前にクルマを停めると、頭の上からビーイ、ビーイという鳥の鳴き声が聞こえます。事務所から望遠レンズの付いたカメラを持ちだして撮った写真。
カワラヒワ.jpg
 スズメと同じ大きさのこの鳥は海老名市の鳥カワラヒワです。
 カワラヒワなんて知らないという人も多いのではないでしょうか。でも日本では北海道から九州まで広く生息している鳥です。草の種を好んで食べる鳥で、河原などの草地の広がるような場所でよく見かけられることからこの名前が付いたそうです。相模川に面した海老名市ですから、この鳥を市の鳥するのは自然なことかも知れませんね。ちなみに神奈川県の鳥はカモメ、日本の鳥は・・・なんでしょう?

 昨日、県庁へ立ち寄りました。
 やはり異動の季節。どことなく落ち着かない空気の中で、職員の皆さんが働いていらっしゃいます。今回は知事部局だけでも3千人を越える異動だそうです。栄転や昇格もあれば不本意な異動もあることでしょう、職員の皆さんにとってはセンチメンタルな季節ですね。

 卒業、入学、就職、退職、異動、転勤・・・ウキウキとした陽気の中に出会いと別れの気分が折り重なる、春は複雑な季節ですね。私などもこの季節はどうもメンタル的に・・少し落ちます。

※日本の国鳥は・・・雉(キジ)です。


posted by おさだ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月24日

不安な週末

 私のようなシロウトでも、これは大変なことになるのではないかと不安になっている。米中貿易戦争と言われるトランプ政権による、対中であり対日でもある貿易制裁の問題。
 極東アジアの視点で見れば、これまで中国制裁を「しない」ことで対北朝鮮問題への中国の協力を引き出して来たトランプが、米朝会談を決めたとたんに対中制裁に乗り出した・・と見れば、中国、北朝鮮、韓国、そして日本という複雑なバランスの中に成立して来た極東アジアの関係を、一気に崩すことになりかねないことだ。しかし当のトランプは自国の利益しか頭に無いのではないだろうか・・。
 中国もまた売られた喧嘩は買うといった態度だ。今後両国の対立が深まれば、韓国はともより中国とは地続きの欧州諸国、そして日本もそうだが中国経済に大きく依存している国々は、もはや世界の二大大国の一つとなった中国の顔色を伺わないわけにはいかないのではないか。

 一方日本と米国という視点から見れば、今回の米国による貿易制裁は中国と同じように日本もその対象としており、トランプは「安倍はいいやつだったが、それは過去の事だ」といった趣旨の発言をしているという。米国のねらいは日本との一対一の通商交渉に持ち込むことであり、そこで日本に対して農産品の輸入増を求めたり、自動車への関税強化を発動してくるようなことは当然に考えられる。そしてこうなったとき、TPPなどどうなってしまうことやら・・。

 そしてこの問題による先行き不安は世界的な株安の連鎖を発生させている。

 それなのに・・週明けの国会は相も変わらず森友問題で騒ぎをやるのだそうだ・・・。株高と緩やかな経済回復に支えられて来た安倍政権は、森友や財務省を持ち出すまでもなく、経済不況に陥ればたちまちに国民の支持を失ってしまうだろう。まして、中国と韓国が手を組み、ナショナリズムをかき立てて選挙に圧勝したロシアのプーチンが北から虎視眈々とこちらの様子をうかがい、米国は自国優先の保護主義に陥って行くようなことになれば、日本は孤立してしまう。

 私たちはもっともっとリアルな感覚で国際政治に関心を持たなければならないのではないだろうか・・。


posted by おさだ at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月23日

 昨夜のニュースを見ていて思ったこと。「やっぱり石破さんじゃダメだ」。
 憲法9条の改正について、自民党が一つの答えを出したというニュース。国の最高法規を論ずるだけに、微妙なニュアンスの違いで党内には様々な意見の違いがありました。しかし、どこかでまとめなければ話は前に進みません。私に言わせれば、これまであまりにも長い党内議論を経て、ようやく昨日「本部長に一任してまとめてもらいましょう。」ということになったということだと思いますが、その会議が終わるや「一任ありきの、私の経験に無い強引な会議だった」と、石破氏は記者に語っていました。
「そんなこと記者に言うくらいならあなた、身体はってでも阻止すれば良かったじゃないか」と私は思います。様々な意見の違いはあるし、それを集約するための会議で議論は大いに戦わすべきだけれど、ひとたび政党として方向を決めたなら、それに従うべきであるし、そもそも政党とはそういうもの。それに従えないなら党を出て行くなりすればよいではないか。まして、終わってから記者に異論を呈するような人では、組織のトップは務まらない。仮に総理大臣になって同じことをされたらどうでしょう。それこそ国がおかしくなりますよね。

 まして、憲法9条とか、有事法制の議論では、我が国に危険が迫った際に、国民に選ばれた国会がしっかりと事態を把握し、冷静適確な判断のもとに承認しなければならないなど、民主的な手続きが担保されることが大切です。その際、行政とか自衛隊などから提供される情報が正しくないとか、恣意的に操作されたりしていれば、即ち国民を危険にさらすことになります。9条改憲に不安を募らせる人々の根幹にこのことに対する不安があるのは当然です。「大本営発表」そんな言葉に国民が騙された歴史はそれほど遠い過去のことではありません。
 だからこそ、今回の財務省による決済文書の改ざん問題は、単に森友問題に限らない重大な問題なのです。

 このくらいにしておきますね。


 さて、気温の変化が激しい昨今ですが、それでも各地から桜の知らせが届き始めましたね。

山ざくら 惜しむ心のいくたびか
  散る木のもとに 行きかえるらん
 周防内侍(すおうのないし)

桜の散るのを惜しむ心は、行くたびも私を桜の木の下へ向かわせる・・といった意味でしょうか。

 今日は県議会第一回定例会の最終日(採決)です。



posted by おさだ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月22日

コジュケイ

 早朝、私の家の裏山からコジュケイの鳴き声が聞こえるようになりました。チョットコイ、チョットコイ・・と聞こえるのは繁殖期を迎えた"さえずり"です。この鳴き声でこれからペアを探すのでしょうか、チョットコイなんて乱暴な誘い方で相手は見つかるんですかね(笑)。
91176.jpg
 国会でもこの鳥が鳴いてるみたいです・・・佐川さんチョットコイ!!

 冗談さておき、来年度の県予算を審議する第一回定例会も大詰めを迎えています。今日議会運営委員会を開いて、明日の採決に向けた各党の調整が行われます。

写真は参照・・https://www.photolibrary.jp/
さえずりはこちら・・https://www.suntory.co.jp/eco/birds/encyclopedia/detail/1426.html
posted by おさだ at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年03月21日

トライアルアンドエラー

 大学生の息子とテレビニュースを見ている時の会話。
「俺、森友とか財務省とかの問題、よくわかんねぇ」
「就活の大学生がそんなことも分からないでどうすんだよ、ちゃんと新聞読んでるか?」
「読んでるよ」
「じゃ、そこに書いてあるだろう」
「書いてねぇ」
「なんで?」
「だって、なんで国有地にゴミが埋まってんのか、そこがそもそも分かんねぇもん」

 確かにそうなんですよね。

 さて、県議会は昨日本会議を開き、現年度(平成29年度)分の議題について採決を行いました。議題の中には、丹沢などの山で捕獲する鹿や猪の肉を食材(ジビエという)としてレストランなどで提供できるようにしようと計画した、ジビエカーの導入を断念する趣旨の補正予算案もありました。ジビエカーとは、食肉処理設備を搭載したトラックのことで、山で捕獲した鹿や猪を捕獲場所に近い山道で車に乗せ、その場で衛生的に食肉処理しようというものですが、事業の断念によって予算計上した1500万円を減額することになりました。
 県当局によると断念の理由は、事業を委託した事業者が事業計画を立てたものの、どうやって試算しても採算がまったく取れないことが分かったため、ということですが、有害鳥獣の被害に苦しむ地域の議員からは駆除を進めるために期待していただけに「計画があまかった」「採算なんてどがえしでも・・」と、苦言が出されていました。
 しかし、私が所属していた自民党の政務調査会ではこのことを大きく取り上げて行政を批判することはしませんでした。なぜなら、行政とはいえチャレンジ色の強い取り組みはうまくいかないこともあり、ある程度のトライアルアンドエラーは仕方ないと考えたからであります。つまり今回のようなことを過度に批判してしまっては、行政組織や職員個々が新たな課題にチャレンジしようとする意欲をそいでしまう一面があるのです。

 財務省の問題に戻りますが、決済文章を書き換えたという事実は明らかに不当な行為と言わざるを得ません。ただ、近畿財務局が過去の遺産であるゴミの埋まった土地を処分して、民間の有効活用を進めようとしたことは理解できるところであります。
 理財局は国会での追及をかわすために文書の改ざんを行ない、その結果として自らが進めるべき仕事の足かせを作ってしまったわけで、このことによって進めるべき国有地の処分、活用が止まってしまうこと、それこそが実は問題だと私は思うのです。


posted by おさだ at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感