2019年08月29日

視察でした。

 二泊で福岡県に視察に出かけておりました。
 北九州市が臨海部の広大な埋め立て地で、メガソーラーや風力発電など自然エネルギー施設の集積を進めるエネルギーパークや、宗像市で人間型ロボット(ヒューマノイド)の製造を手掛けるメーカーなどを訪問してまいりました。更にZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)と呼ばれる、公共の電気やガスなどのエネルギーを使わずにビルディングが運用できる民間企業の最新型ビルを訪問させて頂きましたが、技術的には全てのエネルギーを自然エネルギーで自活できるビルも建設できるとのことで、これには未来を感じさせられるものがありました。

 九州北部は連日の雨。線状降雨帯のただ中で過ごした視察でしたが、神奈川も雨だったみたいですね。
 今日からはまた晴れるのかな・・。

 いよいよ9月の議会に向けて議会全体が動き始めます。
 ただ・・ちょっと気になる話もあって・・。

 ま、また改めて・・。

posted by おさだ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年08月26日

週末

 昨日は地元でお不動様をお詣りする講中がありまして、村の辻に建つ不動明王の石碑に住民がみんなでお詣りをして、そのあと茶碗酒で一杯・・と、まぁそれはいいんですが、おつまみに頂いたのがあの「都こんぶ」。
 私は子供の頃これが苦手で、酸っぱい味といい、匂いといい・・この世にこんなにまずい食い物があるのか・・!と、これを美味しそうに食べる女の子なんかを見て鳥肌の立つ思いがしたものです。ところが・・人の味覚というものは歳を重ねると変化するものなんですね、昨日はちょっと驚きましたよ。単なるなつかしさと酔いの好奇心で一枚口に入れてみたのですが、案外美味いじゃん!
IMG_5960.jpg
 この週末も色々な事がありました。
 かながわ自民党では一般の方たちを集めて政治大学校を開校しており、私はこの政治大学校の副校長を務めています。土曜日には東大卒の政策通で知られる林芳正参議院議員を横浜にお招きして、我が国の財政について勉強させて頂きました。我が国の財政状況を客観的な数値でおさらいして頂く内容の講義でしたが、改めて10月からの消費増税の必要性を感じさせられた勉強会でした。
IMG_5955.jpg
 だれも増税して欲しい人なんていないのですが・・。

posted by おさだ at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年08月23日

平和と安寧を

 それにしても常軌を逸してしまっている。
 韓国が日本との軍事情報包括保護協定を破棄するとした問題。米国からもさすがに失望しているという声が出た。世界中のどんな国でも歴史的な経緯や経済、交易といった問題では多かれ少なかれ隣国との間で問題を抱えているもの。しかしそうした国々も、こと軍事のことについては互いに情報を交換し、不測の事態を招かないように努めている。政治サイドの者はもちろん、制服組の人たちこそそういう強い意識をもって安全保障に努めるのが世界の良識というもの。日韓の軍事協定も両国間に様々な問題があるときだからこそ、綿密にコミュニケーションが図られなければならない時のはずで、まさかこれを破棄するなど、侍で言うならば刀の鯉口に指をあてたようなもの。ヒステリーにもほどがあると思うのだが・・。

 何を言ってもやってもヒステリックな反応しか返って来ない国を相手に、わが国としては目には目をといった報復合戦に陥らないよう冷静に対処することが肝心だけれど、今後徴用工問題で日本企業の資産が切り売りされるようなことになれば、日本政府も黙認するわけにはいかず、そのときどうするのか・・とても難しい局面を迎えることになりますね。

 両国の平和と安寧を祈るばかりです。

posted by おさだ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年08月21日

旱星

 朝5時、枕元のラジオが時報を告げ、目が覚めます。まどろみの中でニュースに耳を澄ますと、「タピオカドリンクが人気でタピオカの輸入が昨年の20倍になりました」と。続いて「しかし、タピオカは糖質が多く含まれ、ドリンク一杯分でどんぶりのご飯一杯分の糖質があり、肥満に注意が必要だと〇〇大学の〇〇先生が・・・」

 朝のトップニュースが「タピオカで太る・・か」枕に顔をうずめなおしながら「平和な国だよなぁ」と思ってもみたり。

 酔っぱらって家に帰り・・流し場の鍋の裏側が茶色く汚れているのが気になり・・クレンザーの付いた金タワシを出してゴシゴシと始め・・ピカピカになった鍋を見て悦に浸っている自分もやっぱり平和な人だと、思ってみたり。

 ま、いいか。

 季節の言葉に旱星(ひでりぼし)という言葉があります。
 この季節、夜空に浮かぶさそり座の目にあたるアンタレスという赤い星が、赤く赤く輝くほどその年は豊作に恵まれると、昔の人は占ったそうです。もっとも、サソリの赤い目は「酒酔い星」とも言われるそうですが・・(笑)

posted by おさだ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年08月20日

You are sailorman

 9月の代表質問に向けて準備を進める日々。
 今度の質問(本会議)はラグビーのワールドカップ開会直前ですし、東京五輪も近いので、こうした大会を通じてフェアプレー精神の大切さやそれを称える心構えのようなことについて、私たち議会や県行政が神奈川県民に対して何かアピールできないか・・・という観点で議論してみたいと思っています。

 以下はプロセーラーで鎌倉市出身、三崎水産高校を卒業、単独無寄港無補給での世界一周を史上最年少で成し遂げ、世界で最も過酷なヨットレースと言われる「ヴァンデ・グローブ」にアジアから始めて出場した白石康次郎氏のお話です。(講演を聞いた私の記憶によるものです)
 大航海時代を経て帆船で世界を渡って来た文化を持つヨーロッパでは、一般社会においても正しく勇気ある行動をする人のことを「You are sailorman」といって称賛します。その逆で卑怯なことをしたり、勇気の無い行いをした人を指して「You are not sailorman」と言うのです。孤独な海の上では見栄も虚勢も通じず、星を読み、風を捕まえ、たった一人の力で生き抜くセーラーこそ、勇敢な人の象徴とされるのです。これをあえて日本の文化に例えるならばセーラーはさしずめ「武士」という言葉に置き換えることができるのではないでしょうか。
 ちなみに、世界を渡るレースの途中、海洋のただ中で大型の船舶と航路が重なることがあります。そうしたときは大型の舟が速度を緩め、ヨットに進路を譲る慣習があり、これもまた勇敢なセーラーへの船乗りたちの敬意の現れであり、さらにそうした際には決まって大型船から無線が入り「水はあるかい?」「何か困ったことはないか?」とたずねられ、「Good Luck」と、エールを送られます。


 神奈川では東京五輪のセーリング大会が江の島の地で行われますので、こうした競技の背景にある様々な文化や逸話についても多くの県民に知って頂きたいものです。

posted by おさだ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年08月18日

解夏(げげ)

 解夏とは仏教用語で、夏の修行に励んでいた僧侶たちがその修行から解かれるときのことを言うそうです。
 夏の甲子園では東海相模が惜しくも敗退してしまいましたが、この季節中学でも高校でも3年間の部活動の集大成となる大会が終わり、解夏のときを迎えている3年生も多いのではないでしょうか。

 おかげ様で夏の週末は、盆踊り、夏祭り、バーベキューなどのイベントへの参加など忙しく地域を回らせて頂いております。そんな時間の合い間にららぽーとへ立ち寄ったのですが・・二階の入り口に「大昆虫展」の特大ディスプレーがあり、その前で立ちすくむ子供たちの姿がありました。スズメバチですかね・・その足もとには餌食になったと思われる小動物の死骸もあり・・そのリアルさに私も「ゲゲ!!」
IMG_5934.jpg
posted by おさだ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年08月17日

フロントライン

 住宅街に何度も現れたヒグマを札幌市が駆除・・つまり射殺したことについて、300件以上の苦情が市に寄せられていて、そのほとんどが「クマがかわいそう」「麻酔銃で眠らせれぱ」といったクマを殺したことに対する批判的な内容だそうです。
 人里に慣れてしまったクマですし、私がその地域の住民だったら、あるいは私の家の庭にクマが現れたら、一刻も早く駆除して欲しいと思うだろうなぁ・・と。そして駆除したことに批判的な意見が寄せられていると聞けば、余計なお世話だとも、きっと思うだろうなぁ・・。それをわざわざ報道するマスコミにも、そもそもあんたたちが勝手に報道してこんな大きな騒ぎになってるんだろう・・と、やっぱり思うだろうなぁ・・。と、思っています。

 さて、昨日は県央地区の県政総合センターや防災センター、保健所、自然環境保全センターなど、県の出先機関の所長さんたちと意見交換の場を設けて色々と話をさせて頂きました。本当に色々なことを話しましたが、その中の話題の一つがイノシシやサル、シカなど野生鳥獣による被害のこと。この夏もイノシシに畑の作物を食いつくされた人もいれば、ツキノワグマに遭遇して危険な思いをした人、家の窓を開けて赤ん坊を寝かせていたらサルが入ってきたこと、そしてそれらを駆除するハンターが減少していることなど、深刻な問題が話題になりました。県議会でも度々話題になることですが、都会に住む議員の中にはその実感が持てず「サルってかわいいじゃん」なんて言う人もいるのです。

 人口の減少が始まった日本人。
 大きな視点で見れば、ニンゲンの生息域と野生動物の生息域が交わるフロントラインが、動物によって徐々に押し戻され始めた・・。そういうことであり、フロントラインでの戦いは太古の昔から続いて来たものだし、これからはそれが厳しさを増す。そういうことでははないかと、私は思っています。

posted by おさだ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年08月16日

送り火

 一般的に盆は16日までで、今日送り火を焚いてご先祖様をお送りするのだそうですが、私の実家やその周辺は15日の夜に送り火を焚く風習があるため、昨夜のうちにじいちゃんもばあちゃんもあの世にお帰りになり、ほっとしています。ほっと・・って、あの世からは何もかもお見通しですから、怠惰な私のことを見て「コラ!進治!」そんな声が聞こえて来るようで、ご先祖様のいるお盆の実家では、私はいつも首をすくめるような気でいるもので・・(笑)。

 さて、昨日は終戦から74年。私たちの国にとっては「終戦」の日ですが、韓国の人々からすれば日本の占領から解放されて74年なのであって、不戦の誓いをする日本とは違い、韓国の方たちにすれば占領の屈辱を忘れず、二度と領土を奪われないことを誓う日ということになるのでしょう。まだまだ74年。当時の記憶をとどめる人も多い中で、感情的なものが残るのも致し方の無いことだと思います。

 ナショナリズムを刺激すれば燎原に火を点けたように治まりがつかなくなってしまうし、外交や経済、防衛といったことは感情を抑制し、ドライに進めるべきだと思います。そういう意味では、昨今の日韓の軋轢について韓国側の対応には眉をひそめずにいられないものがあります。
 ただ、8月15日の私たち日本人は、自らの過去だけでなくアジアの国々に耐えがたい苦痛を与えてしまったことについても、思いを致すことが大事だと思います。

 二日間、夏休みを頂きました。
IMG_5919.jpg


posted by おさだ at 08:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年08月15日

寂寥

 今年も盆がやってきた
 蝉の音が古いガラス窓をたたき 冷蔵庫がかすかなうなりを続けている
 息子たちは成長し 父母の老いは深みを増す
 盆が来るたび変わりゆく様に わずかな動揺がある
 それなのに 自分の変わりようが分からない
 ただ確かなのは
 今年もまた 盆がやってきた
IMG_5930.jpg
posted by おさだ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年08月12日

今日から・・

 今日から9月の代表質問の粗原稿の執筆に入ります。
 これまで2週間、政務調査会のメンバーと県当局を交えて下調べをしてきた成果を活字にします。
IMG_5927.jpg
 お盆中には仕上げよう。
posted by おさだ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感