2019年12月03日

まさか・・あれじゃないよね。

 富士山に傘雲がかかった翌日は雨になると言われていますが、昨日の天候はまさに雨どころが大降りでしたね。かなり降ったところもあって、道路などが冠水した場所もあるようですが、皆さんは大丈夫だったでしょうか。
 気が付けば今年も師走。流行語は「ワンチーム」に決まりましたね。あのラグビーワールドカップの盛り上がりを思えば当然の選択かも知れません。続いて今年の一文字は何になるのでしょう・・・? やはりラグビーにちなんで「組」とか、紳士のスポーツから「紳」なんてどうですかね・・・ラグビーと政界の混乱を掛け合わせて「桜」だけは・・・・ご勘弁。

 今日は晴れますね。
 今日は海老名の事務所におります。

posted by おさだ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年12月02日

傘雲

 忘年会へ出かける道すがら、大谷峰の下道で丹沢の方向に向かってスマホを構える人を見かけました。「なんだろう」と思って見てみると、夕暮れの富士が帽子をかぶったように雲がかかっています。まるで巨大なUFOが富士を捕まえに来たような光景に私も思わずスマホを向けました。
IMG_6486.jpg
 傘雲というそうですね。そして翌日は雨になるとか。まさに今日の天気はその通りになりました。

 県議会は今日代表質問三日目。自分で言うのもなんですが、国会よりはちゃんとやっていると思っています(冗談です)。ただ、批判だけするのはたやすい事と、きのうの新聞記事を読んで思いました。隣の選挙区の国民民主党の衆議院議員が、台風19号の際の城山ダムの予備放流について神奈川県の対応を批判したとか。

 さて、一昨日から都心直通運転が始まった相鉄線。ダイヤが大幅に変更されましたので、今日は時刻表を確認してから出かけたいと思います。
posted by おさだ at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月29日

チャイナという秩序

 ホンコンの混乱に米国議会が手をつっこみ、中国が報復もあると敵意をあらわにする。北朝鮮はミサイルを打ち上げ・・今、世界中で一番キナ臭い地域が、私たち日本を含む東アジアではないか。

 昨年中国を訪問してから思っていることだが、すでに地球の一部に「チャイナ」という新しい「秩序」が誕生していて、そのチャイナを相手に米国や日本などの西側諸国が躍起になって、自分たちのルールに従わせようとしても無理なのではないか・・と。
 チャイナという秩序は資本主義でも共産主義でも自由主義でもないもので、例えば今この国では立ち小便をして防犯カメラに写ったら、顔認証によって氏名が公表されてしまう。そんなこと日本やアメリカだったらとてもできることではないが、この国では国民がそれを受け入れている。国民が受け入れているのだから、他国の者がプライバシーなんてことを持ち出して忠告しても意味は無い。
 そうした強権的な政治の魅力は何よりも政治判断がスピーディーであること。民主的ではあるが、ポピュリズムにおちいり、物事が決められず、スキャンダルで政治が揺れ動く国に比べたら、強い競争力を持ちやすい政治構造だ。そしてそれがあれよと言う間に世界で最も電子マネーが普及した経済環境の国を作り上げ、ファーウェイやアリババといったインターネット関連会社の躍進を生み。医科学の世界においても世界の先端技術を凌駕しつつある。
 これからこのチャイナという新たな秩序に、韓国や北朝鮮、ASEAN諸国、あるいはアフリカ諸国までもが取り込まれて行くのか・・大きなせめぎ合いが始まる。香港で起きている暴動はそうしたエポックの始まりを告げているのではないか・・・と思ってしまう。

 さて、私たち日本は欧米と共に自由主義諸国の一員として、これからその時代をどう生きて行くのか。国を動かす者は、そうとう真剣に考えなければいけないことだ。
 だが、この国のポピュリズムはどうにもしようがなく、またしても国会は今日から審議拒否なんだそうだ。

 一つ言えること。この地球上の歴史で、この150年ほどのわずかな時を除けば、中国という国は常に、世界で一番大きな国であったということ。


posted by おさだ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月28日

今日から

 おはようございます。
 今日から県議会は各会派の代表者による「代表質問」が行われます。
 自民党の政務調査会として一ヶ月に渡って準備してきた内容で、今日は西区選出の加藤元弥議員が本会議の檀上に立ちます。

 明日の新聞紙面を飾るような内容もいくつか盛り込めたつもりです。
 今日は福祉団体、漁業団体はじめ5つの団体が議会へお見えになり、要望を受ける仕事も。

 では、行って来ます!
posted by おさだ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月27日

健口推進員になりました。

・食べるときに食べこぼしてしまうことが多い。
・汁物を飲むときにむせることが多い。
・声がかすれる。
・しゃべるときにはっきりと言えない。

 こんなことが以前より多くなったな・・と思うようでしたらそれはお口の虚弱(オーラルフレイル)です。65歳以上の人だと健康な人でも、4人に1人がそんな状態だいうことが分かって来ました。そしてそのままにしておくと虚弱が進み、体力が低下し、全身の病気につながり、やがては介護状態になってしまいます。
 でも、早いうちにお口の体操を続けるようにすれば、状態はかなり改善し、介護状態になることを予防できます。
IMG_6475.jpg
 昨日はそうしたことの研修を受け、オーラルフレイル健口(けんこう)推進員の資格を頂いてまいりました。

 今日は、厚木の相模川の畔にできた鮎(アユ)の中間育成施設の視察に行きます。

 議員の仕事はとても多彩です・・。


posted by おさだ at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月26日

提言

 朝から自宅の玄関チャイムが鳴るものだから出てみると「りんごを売っているのですが、買って頂けませんか・・・」なぜりんご?なぜ訪問販売? 疑問は浮かびましたが、何か話しかけると話が長くなってあげくにりんごを買わされてしまいそうなのでやめました。

 昨日は政務調査会のメンバーと県知事とで対話。来年度予算の編成が始まるこの時期に合わせて提言書をまとめ、手渡しました。
IMG_6461.JPG
 今年の7月から始めてこれまで多くの団体と対話し、政令市を除く全ての市町村の首長さんらと対話をし、そこで要望されたこと、そして我々議員が日々の活動の中で県民の皆さんから頂いている要望を取りまとめたものです。
 米中貿易摩擦や日韓関係の悪化などで、県内の経済に悪影響のある中、来年度の県税収入はかなりの落ち込みが予想されています。そうした中だからこそ無駄のない、創意工夫のある予算編成を知事には心がけて欲しいもの。「未病と関連づければいくらでも予算が付く」なんて職員や市町村に言われないようにして欲しいものです。

posted by おさだ at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月25日

相鉄線時刻表

 今朝は深い霧が立ち込めていて、常夜灯の灯りがかすむほどでした。
 昨夜から今朝、そして日中は暖かいようですが、夜は冷え込むそうですから気を付けてお出かけ下さい。

 今月30日から相鉄線の都心直通運転が始まります。そのためダイヤが大幅に変更になります。海老名駅については↓に時刻表をリンクしておきますのでご確認下さい。
http://transfer.navitime.biz/sotetsu/pc/diagram/TrainDiagram?startId=00001174&linkId=00000736&direction=up&datetime=2019-11-30
 朝の通勤時間帯に新宿・渋谷などの都心に直通する電車が一時間に4本出ます。
 中には大宮や川越に向かう電車もありますので、時間のある時に古都川越あたりまで行ってみたいものです。たしか、五百羅漢のいるお寺があったかと。
 ただ、そうした電車が発着する分、横浜へ向かう電車は若干減便されるので、横浜に通勤されている方はその点ご不便にお感じになるかと思います。

 海老名から都心を見て、また近くなったな・・と感じますが、私はそれをひっくり返して、都心や川崎方面の人たちにとって海老名というまちを身近に感じて頂けることになる。そうした人たちを海老名に引き付けたい。その視点を大事にしたいと思っています。

 今日から定例議会の開会です。
 では行って来ます。

posted by おさだ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月24日

コミュニティー

 私たちのまちのコミュニティーは進化していると思います。

 地域の人間関係が希薄になっているというようなことを言う人が居ます。向こう三軒両隣的な戦前戦後のようなコミュニティーのありようは確かに無くなってきているし、親戚関係の付き合いも以前のような濃いものではありません。あるいは会社では社員と家族総出の運動会・・なんて時代もありましたが、今そんな話は聞きません。
 だから今は地域のコミュニティーが希薄になっていて、それは子供の教育に良くないし、高齢者は孤独になるし、犯罪も増えるんだ・・といった連想を生むのでしょう。そうした中で黒岩知事は「地域コミュニティーの再生」ということを春の選挙で公約しました。
 しかし、これが県議会や市町村から反発を受けることになりました。
「地域コミュニティーを“再生”させるって、まるでダメになっているものを生き返らせるような言い方だが、市町村は住民の皆さんと直接触れ合う、最前線で一生懸命やってんだ!県が横から口を出して、上から目線で何を言う。」といったニュアンスの反発が多いように思います。

 確かに私の実感としても、先週行われた海老名の市民まつりも盛大だったし、市の職員は懸命になってこうしたイベントを盛り上げている。この週末も様々なイベントや新嘗祭などの祭事が行われ、昨日参加させて頂いた下今泉のコミセン祭りでは、長寿会の皆さんがコーラスを披露し、女性ばかりの和太鼓の演奏があり、居合切りやフラダンスの発表。そして、生け花や書道の展示など、百花繚乱の如く・・なんて言ったらちょっと大げさですが、小さなエリアのイベントでも様々なコミュニティーが色とりどりに息づいていて、年々盛んになってきています。
 そして、そこでイベントを運営する担い手の主体となっているのは、定年後の比較的時間のある若い高齢者の存在で、こうした人の数がどんどんと増えていることを見過ごすことはできません。更に、地元回帰の思考が高まっていると言われる若者の姿も多く見かけるのです。
 コミニュティーの形は進化していて、そこに気付かず一般論的な感覚で地域の再生などと、政治のリーダーが言えば、地域で一生懸命やっている人たちがシラケてしまうのは無理もないことだと、つくづくそう思いながらイベントに参加しています。
IMG_6440.jpgIMG_6444.jpgIMG_6450.jpg
 今日は海老名の「ふれあい農業祭り」に神輿の仲間とバーベキュー、横浜では11の武道団体が一堂に会して演武を披露する武道祭が行われます。

posted by おさだ at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月22日

サギにご注意

 冷え込んで来ましたね・・。朝のベッドから抜け出すのがひと苦労です。

 一昨日の深夜、自宅のファクシミリがツーツーツーと紙を吐き出しています。こんな時間に何ごとかと見てみれば英語の文章。私の語学力ですからあてにはなりませんが、まぁそれでもと分かる単語を拾ってみると、スペインの法律事務所からの知らせで、私の名前もSHINJI OSADAとフルネームで来ています。内容を見るとどうやら数年前に中国でOSADAという名の人間が死亡し、その人の遺産が7万5千ユーロあり、相続人を探している。あなたが相続人になってくれれば、100%ノーリスクでそれを受け取れる・・というような内容。

 そんな馬鹿げた話があるものか・・と思ってネットで検索してみると、最近はこうしたサギが増えているのだとか。つまり、大金がもらえるものかと連絡をとると、まずは手数料をということで金をだまし取る手口だそうです。
 皆さんもお気を付け頂きたいものですが、それにしても私のフルネームはともかく、自宅のファックス番号など公開もしていないのに、個人情報をどうやって入手したものか・・。

 そんなわけで昨日は寝不足のうえに朝の冷え込みで一層ベッドから出るのが大変でした。

posted by おさだ at 08:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年11月20日

紅玉

 香港の学生デモによる混迷は深まるばかり。警察官が学生に発砲する事態にまで発展するとは思いませんでしたが、でも私たちの国にも似たような時代はあったんですよね。
 今から思えば私はちょっと変わった子供だったと思うのですが、だれの影響か中学生くらいの頃から学生運動に憧れを持っていて、小田急線沿線の大学へデモの様子を見に行ったこともありました。
 今の香港とかつて日本にあった学生運動とでは時代背景も動機も大きく違いますし、デモという民主的な主張法も度が過ぎれば社会悪になってしまいます。だから今の私がそれを手放しで良い事とは言えないのだけれど、ただ、香港でデモに参加している学生たちはきっと青春を謳歌しているんじゃないかなと思っています。危険の裏側にある生きているという実感、見ず知らずの多くの仲間と連帯している実感・・そういうものを感じているんじゃないかな・・と、思っています。「ただのゲームよりも闘争こそ真実よ」は映画いちご白書の名シーン。
 平和な時代を過ごしている日本の学生と、果たしてどちらが、なんて比較するのは野暮ですが、私がどちらかを選んで今の時代に青春を過ごすことができるなら、やはり香港の学生の方を選ぶでしょう。
IMG_6428.jpg
 先日古本屋で、「紅玉」というタイトルの絵本に出会って買いました。
 今日本と韓国の間を分断している強制労働のことについて、改めて私たち日本人がかつてかの国の人々に何をしてきたのか?そのことを考えさせられる一冊でした。

posted by おさだ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感