2022年10月17日

政治が動き始める

 季節は寒露。秋の週末をいかがお過ごしでしょうか。
 昨夕は窓辺にキリギリスが鳴いていました。「ギーッチョ、ギーッチョ・・・」物語りでは秋の好季にせっせと働くアリを横目に音楽を奏でてばかりいたキリギリスは冬になると寒くひもじい思いをすることになるのですが・・

 来春の統一地方選に向けて、県内の政治が動き始めました。
 まず、厚木市や大磯町の首長選挙に県議から立候補を表明する人が出て来ました。今後も県議会から他の選挙に転身を目指す人が出て来るのかも知れません。
 知事選挙については自民党本部が「知事選の4期目以上は推薦しない」とルールを決めている中で、神奈川の自民党は新たな候補者探しに本腰を入れると共に、現職知事の動向を注視しています。
 県議選に立候補する人に対して、自民党神奈川県連は旧統一教会との問題について「今後一切関係を持たない」という誓約書の提出を求めると小泉進次郎会長が発表しました。誓約書なんて、なんだか強権的ですが、地方の選挙までこの問題が影を落とすようなことは御免こうむりたいところですから、そこははっきりとした態度を示すという事だと思います。
 最後に衆議院の区割り変更について、私の地元の13区が三分割されるという法案がなかなか正式に決定しないことから、私は来春に向けて誰と連携すれば良いのか‥足元が定まらない状況が続いています。

 ま、何がどうなろうとも、私は来春の県議選に向けて一意専心、努力するのみです。キリギリスにならないためにも。

posted by おさだ at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2022年10月13日

今日は・・・

 物価高に対応する大型の補正予算や、神奈川県の障がい者福祉のありようを大きく変える「当事者目線の障がい者福祉推進条例」などを審議して来た第三回県議会定例会も上期の審議を終えて明日は採決が行われる予定です。
 今日はそのための各党の賛否や討論の有無などについて調整が行われます。議会運営委員長を務めていたときにはこの日の議会全体のスムースな運営が最大の仕事でありましたが、自民党県議団の団長を務めている今年は49名の団員が一枚岩で採決に臨めるよう意見をまとめるのが仕事です。

 国会では、衆参両院の議員の選挙において、一票の格差が憲法違反と判決されていることから、10増10減の選挙区定数の改正をしようとしています。ところが、自民党の中では議員の定数を減らさなければならない地域の議員から異論が出てこれがなかなか決まらないと報道されています。これについては衆議院の細田議長までが選挙区の変更に反対の意向を示していました。確かに人口の少ない地方からも国政に代表者を送れる選挙制度にすべきだと思います。でも私に言わせれば立法府の最大会派が何を今さら言ってるの?と思えてなりません。憲法の改正もせずに場当たり的に区割りだけ変更して来た国会議員の皆さんが招いている現状ではないですか? その結果地方の議会も同様に憲法の要請で人口の少ない地域で選挙区が廃止され、来年の統一地方選を迎えるのです。ましてその責任者たる議長までが・・と。

 ま、愚痴を言っていても仕方がありません。議会へ向かいます。

posted by おさだ at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2022年10月11日

平和と戦争

 三連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。休みも無く働いて頂いたエッセンシャルワーカーの皆さんには感謝!!です。私はと言うと、少しずつもどり始めた地域のイベント、敬老の集いやスポーツイベントなどに参加しながら市民の皆さんと交流し、夜は二人の孫と時間を過ごすことができました。

 この間、ウクライナ侵攻ではクリミアに架かる橋が爆破され、その報復としてロシアはウクライナの首都キーウに激しいミサイル攻撃を行ったとのこと。ロシアによるこの反応は当然に予想されていたことでしょうし、橋の爆破はおそらくウクライナ政府のコントロールが効かない形で行われたのではないかと思われます。
 日本もかつて経験したことだと思いますが、このように戦闘が政府の意図しない形で暴走するようになるのはとても危険なことでウクライナ情勢はこれまでで最も危機的な状態に入ってしまったのではないかと思います。戦車を並べて陣取り合戦の戦闘をしているうちはまだ平和的な交渉の余地もありますが、テロに怯え、互いにミサイルを使って相手の核心部を攻撃しあうようなことになれば、互いに破滅に向かうしかありません。どうか国際社会の英知をもってこの戦争を終結させて頂きたいと思います。

posted by おさだ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2022年10月06日

秋雨

 秋雨とミサイルが日本の空を曇らせています。
 今日は予算委員会。
 私は電車で県議会に通っていますが、電車通勤の議員は少数派のようです。朝の渋滞にイライラしながらハンドルを握るより、私は電車に揺られながら読書の秋‥の方が性に合っているので。
 そんなわけで事務所から海老名駅までゆるりと歩いて20分。晴れた日は、田んぼの景色もキンモクセイの香りも快適ですが、今朝のような細かな雨は、風に巻き上げられて少々厄介です。でもまあそれはそれで楽しみたいものです。

 降るほどもなき秋雨を伴ひて    稲畑汀子

 ちょっと早めに出かけようと思います。
posted by おさだ at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2022年10月04日

北朝鮮のミサイル発射

 北朝鮮の弾道ミサイルが発射され、我が国の上空を通過したようです。
 ここのところ同国によるミサイルの発射が相次いでいますが、何を意図しているのか・・・。ミサイルというものは、地球の自転の関係で東の方角に向かって発射しなければならないという物理的な事情があります。ですから北朝鮮がミサイルを発射しようとすればどうしても日本海や日本領土、またはその先の太平洋に向けて発射しなければなりません。従って北朝鮮が我が国の方角(東)に向けてミサイルを発射することを、即我が国だけに対する挑発や攻撃と判断するのは尚早と考えられます。

 北朝鮮が敵対心を持つ国と言えば、アメリカ。それと軍事同盟を結ぶ日本や韓国。
 北朝鮮にとって親和的な国と言えば、中国とロシア、そして中東諸国。

 中国による台湾海峡の危機に反応している米・日・韓の軍事的な動きに対して中国と連動して北朝鮮がミサイルを発射している。そしてそのバックグラウンドにはウクライナで戦争をしているロシアの存在がある。そうした連動した動きであると考えるのが妥当だろうと私は思います。いずれにせよ極東アジア地域の緊張は非常に高まっています。

 7月の参院選挙のとき、駅前である政党の人がマイクで叫んでいたセリフを思い出します「中国や北朝鮮が日本に攻めて来るわけがないでしょう!自民党と特に安倍晋三が、大げさに中国が攻めて来る!北朝鮮は危険だ!と国民を挑発して、我が国の軍事力を強化して国民に戦争させようとしているだけですよ!」

 この人が言うように、攻めて来るわけがなく、攻めていくわけもないなら、それが一番ですが・・・

posted by おさだ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2022年10月03日

猪木ボンバイエ!

 三遊亭圓楽さんに続いてアントニオ猪木さんと、かつてテレビを沸かせたスターの訃報が続いた週末でした。
 特に猪木についてはねー、私の世代はまさにドツボですから。中高生の頃、毎週金曜日午後8時と言えば古舘伊知郎のアナウンスとともに始まる「ワールドプロレスリング」でしたねー。その人気も頂点に達した第1回IWGPで、ハルクホーガンのアックスボンバーを食らって猪木が倒れた場面は忘れもしません・・・猪木が負けるなんて・・この世の終わりか・・くらいに思っていましたからね。
あの強い猪木も難病に侵されていたと聞きました。あなたに抱き上げて頂いた息子も今は立派に社会人として働いています。どうぞ安らかにお眠り下さい。

 県議会は今週、常任委員会、特別委員会、予算委員会の審議が行われます。
 大きな議題は知事から提案されている「当事者目線の障がい者福祉推進条例」の可否について。これは絶対に可決して欲しいという福祉団体からの要請もありますし、内容に結果が伴うのか?と疑問の声をあげる福祉団体もあります。ここは担当する厚生常任委員会の審議を見守りたいと思います。
 それと、横須賀、厚木の米軍基地からPFOSと呼ばれる有害物質が高濃度で流出した問題については、議会として米軍に対する改善の要求を、強い形でしていかなければならないと考えています。

 有名人に限らず、ここのところ私の周辺でも高齢者の方の訃報が増えています。季節の変わり目、特に今週はグッと気温が下がるそうですから、どうぞ体調にお気を付けください。

posted by おさだ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2022年10月01日

閑話休題

「この戦争は負けるぞ、と叫んだ連中が逮捕されたらしいぞ」
「国家反逆罪で?」
「いや、国家機密漏洩罪だ」

ロシアの政治ジョーク「アネクドート」を今朝の神奈川新聞がコロムで紹介していました。面白そうなのでググってみたら・・・

プーチンが気持ちのいい朝を迎えた。
プーチン「おはよう、太陽さん!」
太陽「おはよう、大統領!」

プーチンは、午後にも挨拶した。
プーチン「こんにちは、太陽さん!」
太陽「くそ食らえ、プーチン!」
プーチン「おいおい、どうしたんだ?」
太陽「うるせえ!俺は今、西側にいるんだ!」

 なんてのもありました。

 秋晴れの週末をお楽しみください。

posted by おさだ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2022年09月30日

身近な話題を

 最近、このブログに私が書いていることは、日中国交正常化であったり、国葬であったり、あるいはウクライナ情勢であったり・・・県議会議員なのに政府や外交に関することが多すぎますね。
 なので今日は身近な話題を・・

A・伊勢原市内で保護され、県立自然保護センターに保護されていた野鳥のハヤブサから高病原性鳥インフルエンザを疑う事例の発生があり、国立環境研究所において遺伝子検査を実施した結果、高病原性鳥イ
ンフルエンザ(H5N1亜型)が検出されました。自然環境保センター内の救護施設及びその周辺を、既に立入制限区域としていますが、同区域において消毒等を行い、同一施設内で飼養されていた鳥獣について殺処分を行うとのこと。
 現在のところ鳥インフルエンザが直接ヒトに感染する例は無いということですが、万が一新型コロナウイルスのようにまん延することがあったら大変です。県としてはニワトリなど家禽類への感染が広がらないよう最大限の警戒態勢をとっています。

B・厚木基地内で泡消火剤が誤って放出される事故があり、最近有害物質として指定されているPFOSという物質が近隣の蓼川に流出したとのこと。県と米軍で有害物質の拡散防止に努めるなど対策を行っていますが、消火剤の放出事故は24日の未明に発生しており、これまでの対応に迅速さを欠いた印象があり、今後県議会でも議論を呼ぶことと思います。

C・一つくらいは明るい話題も・・・「海上タクシーの乗客を募集します!」
 小型船のクルージングで海からしか見られない景色を楽しみませんか?
 県では、海からの景観と相模湾沿岸の観光資源を活用して多くの人を神奈川の海に呼び込む「海洋ツーリズム」を展開しています。その取り組みのひとつとして、渋滞を気にせずに海の魅力を体感しながら、クルーズ気分で快適に移動できる「海上タクシー」の本格運航に向けた実証実験を、事業者と連携して実施します。
 詳しくは↓の資料をご覧ください。
220929【資】海上タクシーの乗客を募集します!(地域政策課).pdf

 今日は以上です。

posted by おさだ at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2022年09月29日

国交正常化

 日中国交正常化から50年・・・日本にも中国にもこれを祝おうという動きはありません。
 ラジオの解説者が言っていました。「当初は後進国だった中国を日本が支援するという意味合いの強かった国交正常化ですが、今やGDPで抜かれ、軍事的にも脅威・・・」。祝賀ムードなど起きないのが当然です。そして当時世界を出し抜いて真っ先に中国との国交を結んだアメリカの方がよほどこの50年の来し方を悔やんでいることと思います。
 更に忘れてならないのは50年前に中国との国交を正常化させた国々は同時に、それまで中国と言えば台湾政府(中華民国)であったものを切り捨て、台湾を中華人民共和国の一部とすることを黙認したということ。それが今となって台湾海峡をめぐる危機もささやかれるほどの大きな国際問題となっているのですから。

 右手で握手をしながら左手で殴り合うのが外交の現実。我が国も米欧との連携を強め、中国に対する経済的な依存度を下げつつも、中国との関係改善の糸口を探り、米国の動きもぬかりなく探る・・そんな複雑な外交戦略が必要なのではないでしょうか。

 涼しい・・と言うより今日は肌寒ささえ感じますね。体調にお気をつけ頂き、秋本番をお迎えください。

posted by おさだ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2022年09月28日

サイレントマジョリティー

 昨日は国葬儀の行われた武道館前まで行き、故安倍晋三氏の御霊に献花をしてまいりました。
IMG_0746.jpg
 海老名駅から電車に乗ったのは午後2時。九段下の駅へ着くと警察の誘導に従って花を持った多くの人たちと半蔵門へ向かって歩き、やはり多くの献花が並んでいるイギリス大使館の前を通り、大きく迂回して半蔵門から千鳥ヶ淵へ入り、献花まで2時間を要しました。でも並んでいる老若男女多くの人々を見ていると、こうして安倍氏の功績を称え、突然の死に悲しみを感じてくれている人がこんなにたくさんいるんだな・・と、心励まされる思いがしました。こうして自分で生花を用意して、長い時間黙って献花の列に並んでいる人は、これまであえて国葬に賛成ですと声をあげることは無かったことでしょう。メディアの恣意的なアンケートには表れない静かな大衆(サイレントマジョリティー)がここに。そんな印象を持ちました。

 紅葉を始めた千鳥ヶ淵の桜と青い空。
 反対したっていいさ、賛成したっていいさ、この国は自由なんだ。

posted by おさだ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感