2019年10月24日

思いにふけり

 あんなにたくましかった父が、介護を受けるようになったこともあり、私も自分の老後について考えることが多くなりました。
 人生100年時代って本当に来るのだろうか・・・
 人生80年ならば、60歳もしくは65歳くらいまで働いて、残りの15年、20年を余生として過ごすという考え方で良かったのですが、100年となると60歳の定年は人生の半ば。つまり20歳で成人して40年働き、残りの・・ではなく次の40年をリスタートさせる。要は人生を二回に分けて考える必要があるなぁ・・とか。
 もちろん続けて来た仕事やライフスタイルを60歳過ぎても70歳80歳と延長して行く考えもあるでしょう。でも自分は人生を二回に分けて60歳くらいから、さぁ次は!とできれば、その方がなんだか面白そうに思えます。
 もちろん人生は自分の思い通りに行くとは限りませんし、特に私の議員という仕事は世間からお預かりしている仕事ですから、自分の意思だけで出処進退を決められるわけではありません。

 あと10日で54歳になります。父が私のこの歳だった頃のことを思い出してみると、つい先日のことだったような気がして・・秋という季節は色々と思いにふける季節です。


 
posted by おさだ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年10月23日

新しき御世

 秋の気温20℃前後っていうのはちょっと冷やっとしますね。これたぶん春の20℃とは同じ気温でも素肌感覚がまた違うのでしょうね。
 以前趣味で海水魚を飼っていたことがあるのですが、コバルトブルーやエメラルドグリーンの魚たちにとって最適な水の温度は25℃。人間にとっても25℃くらいが半袖か薄手の長袖一枚で過ごせる最も快適な温度かもしれません。
 でも私は今朝くらいの凛とした空気の流れる温度帯が一番好きかなぁ・・。

 昨日の即位礼には世界の君主国の国王様や妃様が民族衣装をまとっておいでになっていましたが、なんですかね、民主主義的な価値とはまったく違った意味での価値観を改めて感じさせられました。と、同時に王様や君主のいない国々の人たちは、こうした様をどんな気持ちでみているのかな・・とも。

 今上天皇、皇后両陛下のご即位を心よりお祝い申し上げ、陛下が宣言に込められました平和という言葉を重く受け止め、新しき御世をより良き時代にできるよう努めて参りたいと思います。

 追伸・・世界の君主、要人の皆さまに、この国の秋晴れの清々しさを感じて頂けたら幸いなことです。

posted by おさだ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年10月22日

万世一系

 議会へ行き来する電車の友としてきた小説。
IMG_6088.jpg
 一年以上楽しませて頂きましたが、先日全19巻を読了しました。格好いい男を書かせたらこの人の右に出る人はいない、北方謙三氏の水滸伝。中国の古典が日本に渡ってハードボイルド小説に生まれ変わったといった感じでしょうか。私は作中に登場する林冲という名の英傑にLOVEですね、完全に(笑)

 さて、今日は天皇陛下の即位をお祝いする即位礼正殿の儀が行われる日。台風被害のこともあってパレードは11/10(日)に延期されましたが、世界に類例の無い、万世一系二千年に及ぶ皇室をただく日本国民として、この日を寿ぎ、厳かな気持ちで過ごしたいと思います。

posted by おさだ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年10月21日

感動をありがとう。

 日本の人々の心をつかんだラグビー日本代表。昨日は残念ながら勝つことはできませんでしたが、素晴らしい試合でした。とことん鍛え上げた漢と漢が、本気で肉体をぶつけ合い、そして微笑んで握手する。その光景にラグビーを見たことも無かったという人も、感動と美を感じることができたのではないでしょうか。この先も横浜の地で世界の人々が注目する準決勝・決勝が行われます。ホスト国として最後まで見守りたいですね。
IMG_6170.jpgIMG_6165.jpgIMG_6167.jpg
 この週末も色々な事がありました。
 それにしてもラグビーの選手たち、体中痛いだろうなぁ・・・。


posted by おさだ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年10月20日

国会へ

 ここのところの長雨のせいか、ぐっと気温が下がり、ニットを羽織る女性の姿を街角に見かけるようになりました。季節は寒露。今ころは窓辺にキリギリスの鳴くころとされています。楽器を奏で、秋の好季を遊んですごすキリギリスとそれを横目にせっせと働くアリの物語りが頭に浮かびます。

 さて、一昨日は国会へ出向き、県内選出の衆参両院議員の皆さんに先日の台風19号被害に対する国の対策強化を求める要望活動をして参りました。
IMG_6160.jpg
 神奈川県内だけで20名もいらっしゃる国会議員さん。そこに菅官房長官を筆頭に、河野さん、小泉さんといった閣僚、副大臣、政務官、自民党の税制調査会長の甘利さんと、豊富な人材に恵まれているのが今の神奈川県。これを今、大変な思いをしている被災者の皆さんのために活かさない手は無い。その思いをもって、救済を訴えてまいりました。

 被災者の思いが届くことを願いつつ。

posted by おさだ at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年10月18日

マイカーの避難

 先日の台風での避難について、時が経つにつれて色々な話が聞こえてきます。ある人は「車を避難させるために高台の学校に避難した」ある人は、「うちの自治会では、近所にできた大型パチンコ店と豪雨時に立体駐車場に車を避難させてもらえる協定を結んでいたので、前日から車を停めさせてもらった」など、「マイカーの避難」をかなり優先に考えている人が多いことに気付かされます。それと、ちょっと意外だったのは「避難所が楽しかった」というお話。これは決して不謹慎な意見として受け止めないで欲しいのですが、「体育館の中がまるでイベント中みたいな雰囲気で、おしゃべりもたくさんできて楽しかった」と。今回の災害では命を失った方の多くが、避難所へ避難するのが遅れたことが原因だという報道もありますが、ある意味避難所に楽しいという要素があるということは、大切なことなのかもしれません。もっとも、「苦痛」「気疲れする」「床が硬い」「ペットを入れられない」といった意見もあり、それを解消する努力の方が先なのですが。

 さて、暑かった日々ががらりと変わって、一気に涼しいを通り越して寒さを感じる気候になって来ましたね。「しんちゃん柿だよ」隣家の柿の木にたわわに実った柿が色づき、同級生のお母さんが両手にいっぱいの柿を垣根越しに差し出してくれました。
 古来柿は「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるほど滋養がって体に良いそうですね。季節の変わり目、どうぞ体調にご留意ください。

posted by おさだ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年10月17日

災害と議会

 いま! 神奈川県内で発展している街と言えば、武蔵小杉と海老名!! なんて言われて来ましたが、今回の台風で武蔵小杉のタワーマンションの停電が続き、それが日々ニュースで報じられると、海老名で建設が続くマンションに何か影響が出てしまうのではないかと・・とても心配です。

 昨日、新聞やネットで台風の翌朝に山北町に出動した自衛隊の給水車が、給水せずに引き返してしまったという事が報じられていました。報じられている内容は全体のごく一部を切り取っていて、あたかも県が自衛隊を引き返させたように読めます。ですからこのことが昨日の県議会で話題にならないはずもなく、何があったのか調べてみました。感想だけ言うと、山北町も、神奈川県も、自衛隊もそれぞれの立場で被災者のためにと思って行動しており、だれが悪いというような事ではなく、県下全域で様々な事象が同時多発的に起きていた災害発生時に、若干の情報の行き違いがあったということのようです。
 ただ、断水が発生する中で、給水車を目の前にして水を受け取れず、見送るしかなかった住民の皆さまには本当に申し訳ないことで、それはみんなで謝るしかありませんね。

 県議会は5週間に渡った定例会が終わり、今日から決算特別委員会が始まり、3週間ほど審議が続きます。

 職員の皆さんは災害の現場を向いて頑張っている。そんなとき議会が行われて、議会は議会の立場で色々な事を調べたり、意見を伝えたりしなければなりません。そのことが発災現場や被災者に向かう職員の足かせになっていなければ良いがと、そんな思いもあります。

posted by おさだ at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年10月15日

速やかな対応

「まずまずだった」と、自民党の二階幹事長が、発災翌日の充分な情報も無いままに台風19号被害に対する感想を言った事が、マスコミや野党の批判を買っています。でも、この災害直後に取り上げなければいけない問題ですか?と、むしろこんなとき騒ぎたてようとする人たちの方にえげつなさを感じてしまいます。「今はそのようなことよりも、被災者の救援の方が急務です」と言った方が野党の党首だって格好が良いだろうに・・。

 今日県議会は議会運営委員会が開催され、明日の本会議採決に向けて各党、各派の調整が行われます。先日の台風15号で高波の被害を受けた、金沢区の工業団地等に対する補助予算を計上する考えでおりましたが、この19号台風を受けてどうするか・・・。15号はそれとして対応を決め、その上で19号をどうするかと、セパレートして考えるか、それともたて続いた台風被害をひとくくりにして対応するか・・。国の激甚災害指定などの動向も見極めて、協調して対処することが肝要です。しかも速やかに。つまり明日で定例議会は一段落しますが、いつでも本会議を開いて必要な予算は議決する姿勢をもっていなければいけないのかな・・と、そんなことを考えながら、とりあえず早めに議会に登庁しておこうと思います。

 この週末は地元の市長・市議の事務所開きがいくつか行われました。
cache_Messagep16640.JPG
posted by おさだ at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年10月14日

課題を残した緊急放流

 昨日行われた神奈川県の災害対策本部で報告された県内の被害は以下の通りです。

10月14日(日)16時開催の第3回本部会議の概要
 県内の被害状況は、死者2名(増加の可能性あり)及び行方不明者2名、重傷者1名、軽傷者26名等。13時40分相模原市の要請により自衛隊へ災害派遣要請(緑区牧野地区)。停電(14:30現在)27200軒。断水約5000軒等。県民からの被害情報を継続して収集中。詳細は県HP参照。
次回の会議は14日16時開催予定。

 しかし、今朝の新聞では死者9名、行方不明7名となっています。会議と新聞記事の入稿にはタイムラグがあるにせよ、県の情報収集能力に疑問が残ります。それに次の災害対策本部会議が24時間後で良いのだろうか・・。
 それと、城山ダムの緊急放流については相模川沿いの自治体は大変緊迫した状態になり、川沿いの住民の避難者もこれによってすごく増えたりしたわけですが、放流することによってどういう危険が増すのか?それに対して市町はどう対応したらよいのか?といった事前の協議や取り決めがされていなかったことが、今後の大きな課題となったと思います。

posted by おさだ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2019年10月13日

議員の心得

 おはようございます。
 皆さん台風の被害はありませんでしたか?ニュースでは大きな河川の氾濫等、被害の様子が流れており、まずはこの台風で被災された皆様にお見舞いを申し上げ、今現在救助を求めていらっしゃる方たちの無事をお祈り申し上げますます。
 今のところ私の周辺では人命にかかわるような被害の情報は無く、発令されていた警報も午前6時に解除されました。やはり「台風は上陸すると早く移動する」と言われますが、伊豆半島に上陸してからは西からの偏西風に押されて足早に遠ざかって行った印象です。そして行った先は東北。夜明けには東北も過ぎ去ったようですが、復興の街、釜石で今夜予定されているラグビーの試合が開催されるといいですね。

 消防(市町村)、警察(都道府県)、自衛隊(国)のそれぞれが被災者の救助にあたってくれていることと思います。三連休の最中ですが、県庁では関係職員が出勤して今回の台風による被害状況の把握に努めており、被災直後の対応から、一日後、二日後、三日後、一週間後、一ヶ月後といった時間軸に沿った対応に向けて作業を進めてくれています。それは、被害のあった道路や河川の復旧だけでなく、医療体制のことであり、農業被害のことであり、教育現場の安全確保であり、障がい者など災害弱者のことであり、漁業被害や港湾の復旧であり、ラグビーワールドカップのことであり・・・・複雑多岐にわたります。
 昨日も書きましたが、執行機関である行政の対応に対して、議決機関である議会の議員の役割というのはこんなとき実にむなしいほど無力で、特に発災直後は勝手な判断で災害対策本部に何か要求したり、ヒステリックな行動をとらないように「自重する」ことが実は大事な心得なのです。

 嵐の去った朝があまりにも静かです。


posted by おさだ at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感