2020年05月03日

緊急時の情報はシンプルに

 昨日の朝はびっくりしました。「こんなときに大規模地震か!!」鳴り響くスマホの警報音を消すまでの間に考えたのはやはり、地震の発生でした。しかし、文字を見ればコロナ。「ゴルデンウィークはがまんのウィーク」と外出の自粛を呼びかける内容。神奈川県知事、黒岩祐治の名前で一斉配信された昨日の緊急速報メールには多くの批判が県に寄せられ、知事も陳謝する事態となりました。
 私が思うことは一つ。神奈川の知事として、他に先駆けて何かしたい。目立ったことがしたい。という思惑が黒岩知事の中に無いか?ということ。東京の小池知事が全国的な注目を集め、大阪の吉村知事の積極的で分かりやすい姿勢が好評を得ている。それはそれで良いではないか。何かにつけ神奈川方式と言って独自性をアピールするのもどうか・・。ましてG.Wだから「がまんのウィーク」というダジャレかひっかけか・・そういうウィットを緊急速報に乗せるのは誠実さに水を差す印象になってしまう。
 緊急の時ですから批判は控えめにしたいと思いますが、緊急の時なればこそ情報は適確にシンプルに発信願いたいと思います。

 さて、今日は感染症危機のに中で迎える憲法記念日。朝から新聞やネットニュースを見ていてその取り上げ方の違い、世論調査の数字の違いに驚く、というか意図的な報道姿勢の違いを感じずにいられません。あるメディアは「コロナ禍の中で改憲議論低調」と書き、あるメディアは「緊急事態について改憲の関心高まる」と緊急事態条項の創設を促しています。そもそも論拠となる調査の設問や選択肢の設定が各社まちまちで、例えば読売は「憲法を改正する方が良いか」と問い、朝日は「憲法改正を急ぐ必要があるか」と問う。それは数字に違いが出て当然です。

 私は、今回の緊急事態を経験して、やはり憲法の中に緊急事態条項を加える必要があると考えています。
 「国民の生命が危険にさらさられる緊急事態が発生したと、国会が判断したときには、国会の承認を得たうえで、政府は国民の自由や権利を必要最小の範囲において制限できるものとする」
 といった内容でしょうか。

 今日も暑くなりそうですね。湿度も上がって来ました。この温度と湿度が新型ウィルスの力を弱めてくれると良いのですが。

posted by おさだ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年05月02日

水道料金の値下げについて

 感染症対策の関係ではいろいろとお伝えしなければならないことがあるのですが、海老名市に関係のあることについて三点ご報告します。
1、海老名市医師会と海老名市、神奈川県は海老名運動公園陸上競技場を利用してPCRの検体を採取するドライブスルーの検査場を設けることになりました。(一部新聞既報)
2、海老名総合病院の東棟(かつての東日本循環器病院)の一部をお借りして、中等症の患者を受け入れる重点医療機関を神奈川県が設置致します。(一部新聞既報)
3、県立の相模三川公園は今日から駐車場を閉鎖します。
 いずれのことについても、海老名市行政の力強いご支援とご理解を頂きながら進めるもので、県の立場としては本当に感謝しております。

 ただ・・ちょっと拙速だったな・・と思うのが、一昨日突然発表された県営水道の当分の値下げ。
 水道の値下げを求める声が県民から特段にあがっていたわけではなく、手洗いを推奨するために値下げします・・というふれ込みも実効性という点からどうかと思います。実は県営水道というのは県内全域をカバーしているわけではありません。横浜、川崎、横須賀などの大きな市はもとより、秦野市や座間市、三浦市、あるいは真鶴や開成、松田などの町も独自の水道事業を行なっており、こうした市・町からすれば県営水道だけが値下げを行なえば、自分の町の住民から不公平の声が上がるのは必然です。特に小さな町では一般会計から予算をやりくりして県に合わせて水道料金を値下げをしなければならないのかと、突然の発表に困惑しているようです。例えば愛川町などは町営水道と県営水道が町内で隣接している地域もあり、道一本隔てて、水道料金が値下がりした家と、そうでない家が隣接することとなります。
 今回の新型コロナ対策の中で、「私たちにも何かできることがないか」と一生懸命考えて神奈川県企業庁が独自に出した(議会の審議は経ず)施策でしょうから、あまり批判はしたくありませんが、例えば東京都が豊富な財政力で次々と打つ手に「金のあるところはいいよな」と声に出せない不満を感じている神奈川県が、今度は市町に対して東京と同じようなことをしてしまった感があり、少々残念ではあります。

posted by おさだ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年05月01日

失業率と自殺者数

「長田さん、失業率が1%上がると何人自殺者が増えるか分かりますか?」

 緊急事態宣言の延長が予想されるようになってから、経営者の方々からの悲痛な訴えが寄せられるようになっています。昨日は前年同月比で売り上げが86%下落したという食品卸売業の方、飲食店がクローズすれば仕事はゼロになるという運転代行業の方、そして「営業してもいいんですよね!」と確認される理容業の方などから電話がなりました。
 冒頭の問いかけはそうした方のうちのおひとり。答えに困っている私に「2,300人ですよ」と。我が国の失業率と自殺者数には相関関係があるということは想像のつくところですが、それが1%上がると新たに2300人の人が自殺に追いやられると・・・。続けて言われます。「コロナで何人亡くなっているんですか?」と。言わんとされることはよく分かります。
 自殺だけではないでしょう。倒産、失業、破産、多重債務といったことが増えれば家庭の崩壊、学校の荒れ、犯罪の増加といった連鎖を生むことは、バブルの崩壊やリーマンショックの際に経験したこと。

 昨日の県知事記者会見では、県内の感染者を受け入れる重点医療機関の整備が一段と進むこと。PCRの検査場(検体を採取するドライブスルーなどの施設)も新たに県内に6ヶ所設置すると発表しました。こうした医療体制の強化と、一日も早い利用が望まれる治療薬の承認と引き換えに、経済的な影響の大きな事業分野に対する自粛要請の部分解除とか緩和を行なうべきだと、これは本当に悲痛な叫びを聞きながら思っています。
 もちろん「そんなこととんでもない」という考えの方もいらっしゃるでしょう。ひとまず今日も県庁へ行き、県民の意見がどんなふうに寄せられているか、確認して参ります。

posted by おさだ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年04月29日

昭和の日

 「雑草という名の植物は無い、それぞれに名前がある」
 植物学者牧野富太郎氏の言葉だそうです。この言葉を昭和の天皇陛下もお述べになられたことがあるそうです。
IMG_7270.jpg
 この花の名はハルジオン(春紫苑)と言います。立派な名前ですね。このブログを読んだからには、ぺんぺん草とか貧乏草なんて言わないで下さいね。北米原産の外来種ですが、今は日本の風景にすっかり溶け込んでいます。この花と見分けられないほどよく似た花にヒメジョオン(姫女苑)というものもあり、松任谷由実さんはヒメジョオン・ハルジョオンというタイトルの歌にもしています。

 コビット19と名付けられたウィルスが生まれました。
 今は人類の生存を脅かす存在ですが、全てをせん滅させてしまうことは不可能でしょう。早く、だれもが感染しうる一般的なコロナウィルスの一つとして、人類生命の風景の中に溶け込ませてしまえると良いのですが。
 今日からゴールデンウィーク。私たち日本国民が新しいウィルスを上手に受容するための大切な日々が始まるということだと思います。

posted by おさだ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年04月28日

時間を稼ぐ

 23日の日記に書き込みをしてくれた方が、国の借金について説明して下さいました。積極財政ということにつながると思いますが、大変分かりやすく国債について書いて下さいましたのでよろしかったら読んでみて下さい。

 テレビを見ていますと、コロナウィルス感染症に対する報道の仕方が変わってきているな・・と感じます。つまり、緊急事態宣言の解除とその後に意識を向けた意見や考え方を紹介する場面が出て来たと感じています。東京都の感染者数が100を切ったといったことも、イタリアなどが宣言の解除に踏み切ることも理由なのかも知れません。もちろん我が国ではここで気を抜いたら元も子もありませんから、絶対に油断は禁物です。
 そしてここまで来たから言えるのかも知れませんが、私たちの国の感染症対策は爆発的な感染の拡大を防いでいるという意味で、うまく行っていると私は思います。こうして時間を稼いで、感染症の医療体制を構築し、一般医療の崩壊を防ぎ、治療薬とワクチンの開発を待つ。そうしながらもウィルスは徐々に国民全体に感染を広げ、やがて国民全体が集団免疫を獲得する。テトラポットで強い波の力を吸収するようなイメージですかね。こうした流れが見えてくれば、国民も展望が持て、自粛も精神的に受け入れやすくなるのではないかと思います。
 いずれにせよ、このゴールデンウィークが最大の試練だと思って、これを乗り切ることが大事。
 医療従事者を始め、スーパー、鉄道その他、休むことのできない人々に感謝する。そしてそうでない人々は静かに家で過ごす・・やがて迎える正常な日々をどうやって過ごすかを思い描きながら。

posted by おさだ at 08:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年04月25日

538億円

 悲痛な叫びが寄せられます。最近では、自粛どころかこのコロナの影響で忙しく、休むこともできない業種の方たちからの危険と疲れを訴える声が寄せられるようになっています。例えば連日多くの人が押し寄せるスーパーマーケットの従業員の方で会ったり、止めることのできない電車の運行に携わっている人であったり。感染の恐怖と戦いながら働くこうした人たちからすれば、ステイホーム週間なんてうらやましくさえ聞こえることでしょう。医療従事者はもとより、大変な思いをされている人たちも多い事、よくわきまえていなければと思います。

 昨日は臨時議会が招集され、コロナ対策のための補正予算538億円あまりを審議し、可決させました。538億円というのは大変大きな金額ですが、これでも軽症者用のホテルの借り上げや休業要請に従って頂いた事業者への協力金など、急を要する当座の費用で、この先も様々な経費が発生することになるでしょう。ですから、その都度予算を補正して行くことになると思います。例えばオリンピック関係の予算などは、逆に使わなくなったわけですから、これも組み換えをするなどの措置をしなければなりません。

 併せて昨日は県民の皆さんから集めた要望事項300項目あまりを自民党本部及び神奈川県知事に提出しました。県民の皆さんの声を行政に届け、行政が機敏に政策展開できるよう予算の審議を間断なく行える議会。そうありたいと思います。

posted by おさだ at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年04月23日

流れる水は

 流れる水は腐らず・・と言いますが、流れて困るのが流言飛語。
 新型ウィルスの感染者について、神奈川県がそれまでの保健所単位ではなく、市町村ごとに感染者の数や感染経路、家族数などを発表するようになったのが今月20日。それ以後、海老名市内においても具体的な店名や職場の名前をあげて「あそこの従業員が感染者したらしい」といった話が飛び交うようになったようです。私のLINEにもそうした話がありましたので、昨夜の夕食を囲みながら家族から「そんな話はある?」と様子を聞いてみました。すると出てくる出てくる、いろんな話が。とてもここに書けない未確認の話ばかり・・ですが、それでも家人たちはその話を信じてしまっているわけです。「そうかも知れないし、そうでないかも知れない。だから、ネットを通じて人に伝えたりしたらいけないよ。」とそんな話をしました。
 行動制限がある中で、代わりにネットを通じた交流が盛んになるのは分かりますが、不正確な情報が伝播しやすくなるという側面もあるのでしょうね。上記で名指しされていた店舗などは、客足が途絶えるなど被害が出るかも知れません。感染者への差別や偏見を防ぐため、そして関係ない人への風評被害を防ぐため、くれぐれも不確かな情報を拡散させないよう気を付けたいものです。
IMG_7261.jpgIMG_7264.jpg
 さて、上の写真。タンポポですが、片方がセイヨウタンポポという外来種で、もう片方がニホンタンポポという在来種です。今は圧倒的にセイヨウタンポポが増えて、うちの近所でもニホンタンポポはあまり見かけません。でも、気を付けていると時々出会うことがあります。
 見分け方は、黄色い花びらを下から包むようにしている緑色の部分、がく片と言うそうですが、それがそり返っているのがセイヨウタンポポ。そり返らずにくっついているのがニホンタンポポです。
 
posted by おさだ at 09:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年04月22日

公園利用について

 静かな水面に石を投げると、等芯円に波紋が広がります。今回のコロナウィルスの感染も、都心を中心に波紋のように広がり、ちょっと収まったかと思うと二波、三波と繰り返す。そんなイメージを持っていた方が良いのではないでしょうか。
 先日の日曜日は天候が良かったこともあり、公園などに人が多く集まり、海老名の県立相模三川公園でも車が駐車場に入れないほどの人出だったようです。そうしたことから感染を心配する近隣住民から何とかして欲しいという要望が寄せられました。すでに湘南海岸に設置されている県立の駐車場は、ドライブやレジャーにやって来る人があまりに多いことから先週からクローズされています。ですから、県立公園でも同様な措置をと求める声があがるのは当然のことでしょう。
 一方、そうした話をすると「それじゃ子供たちはどこで遊ばせるの?こんなに長く学校も閉じていて、家にばかりいさせられないよ」という声もやはり頂きます。これもごもっともなお話。でもやはり屋外とはいえ、多くの人が集まっている公園は感染のリスクがありますので、そこは場所や時間帯を考えて頂いて、上手に場所を見つけてあげて欲しいと思います。
 ということで、次の週末、あるいはゴールデンウィークに向けて県立公園の利用をどうコントロールするか・・ですが、今県の担当セクションで検討をしているそうです。全面的に閉鎖してしまうと、次は市町村の公園に人が流れるなどの問題も予想されますし、その一方で政府も都道府県をまたいでの移動はしないでと呼び掛けていることもありますので、県外の人の利用はお断りするとか・・・何らか利用者数を抑制する対応が必要なのではないかと要望をして参りました。
IMG_7300.jpg
 私は・・仕事から帰るとおふくろが待っていて私に言います「たけのこ掘ってくれ・・」。まあ、この機会におふくろ孝行ができるのもありがたいもの。早速着替えて裏山へ筍を採りに行って参りました。さすが、雨後の筍とはよく言ったもの。

posted by おさだ at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年04月20日

本当のことを

 この週末。一部の観光地や商店街では人出が多く、感染のリスクを高めるのではないか、自覚が足りないのではないか、と多くの批判声があがっています。まさにその通りだと思い、今日は神奈川県医師会からのメッセージをリンクさせて頂きます。とても大切なことが書いてあります。是非お読みください。
https://kanagawa-med.or.jp/images/about_coronavirus.pdf
posted by おさだ at 08:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感

2020年04月19日

ご意見は議員へ

 昨日もある方から電話を頂き、「感染者の情報はもっと細かく出すべきだ。」とご意見を頂きました。ご意見だけでなくご批判も頂き、ここのところそういうことは毎日あり、そのご意見、ご批判は集約して24日に行われる議会に持ち込みます。

 私は思います。政府や議員が批判されるのは大切な仕事のうち。まして、今のような非常時には批判の受け皿になってこその職責だと。ですから何かございましたら遠慮なくご意見もご批判も私ども各級議員にぶつけて下さい。ただ、お願いしたいのは、今コロナウィルスのことに関しては、保健所だとか、病院、医師、市役所の窓口などへのご批判はできるだけ避けて頂きたい。彼らは今、必死の思いで働いてくれています。そして、何か改善すべきことがあるならば、前線のスタッフにご意見を頂くよりも、行政の意思決定に携わる議員に頂く方が改善の近道ですので。

 今日は良い天気になりました。
 新緑の緑が目に眩しいほどです。
 不要不急の外出は避けつつも、人と近づかない形での散歩や適度な運動は必要です。家の近くをちょっと歩いて頂くだけでも何か新しい発見があるかもしれません。
3675291.jpg
 ちなみにこの季節、道ばたや原っぱに咲いているこの花の名はご存知ですか?とてもありがたい名前です。その花を虫メガネで見て頂いたら、一万円する洋ランよりも美しく見える・・と、思います(笑)。
posted by おさだ at 09:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感