2017年04月11日

たえて桜のなかりせば

 世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし
   在原業平 古今和歌集

 ようやく満開となった桜も今日の雨で散ってしまうのでしょうかね。
 スケートの浅田真央さんが引退するそうです。実は私、オリンピックやワールドカップなどのスポーツを観戦するのが非常に苦手です。それは負けたときの落胆がはげしいから。それでもついつい見てしまうのですが、吉田沙保里が負けた時もそう、ドーハの悲劇の時もそう、そして何より浅田真央がオリンピックで負けた時の泣き顔など見てしまっては・・まさに「世の中にたえて桜の」の気持ちの通り、「世の中にオリンピックなんてものが無ければ、こんな気持ちにならなくて済むのに」そんな思いが湧き上がるのです。

 しかし、散りぎわの美しさこそ、桜の美。浅田さんがまさにそんなタイミングに引退を発表したのも、もしかしたら桜の美意識に自らを重ねたかったのかもしれませんね。

 久々に一句ひねってみました。
 おくれ毛に桜ひとひら名古屋帯

 真央さんには和服の似合うような素敵な女性になって欲しいものです。

posted by おさだ at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年04月10日

憂い

 弥生神社の境内で、いきなり“ドン!!”という爆発音が響き、思わず身を硬くしました。アメリカによる北朝鮮への武力介入・・が、頭をよぎります。私は今までこれほど世界情勢に過敏になったことはありません。
 爆発音は祭の始まりを告げる花火を発射した音でした。つむった目を開けば、辺りには色とりどりのハッピを着た人々や、はしゃぎまわる子供たちの姿・・。
 ドン!パンパンパン!  ドン!パンパンパン!
「なんだ、びっくりした・・」 つぶやきながら硬くした身がほどけます。危機と平和が隣り合わせになっている、そんな気持ちが胸に沸き起こります。

「中国がやらないなら我々がやる」と言ったトランプの言葉がやはり気になります。どんなふうに考えてみても、武力の行使というオプションだけは選んではいけないと私は思う。戦争を始めるのはボタン一つだろう。しかし、アメリカはそうして始めた戦争を終わらせることができない。そもそも今日のIS(イスラミックステート)の勃興やシリアの内紛を招いたのは、アメリカがイラクの政治に介入し、フセインを処刑したところから始まっているではないか。
 北朝鮮に比して、宗教対立や民族対立のあまたある中東では紛争の火種となる土壌が違う。しかしだからと言って金正恩政権など簡単に潰せるくらいに考えているとしたらそれは甘いのではないか・・。ひとたび戦火が起これば燃え盛るのは攻撃された人々の憎悪であり、それは10年20年、あるいは100年と続く対立の始まりとなる。対立が対立を呼び、憎しみが憎しみを生み、飛び火する。それが戦争というものではないか・・。
 国家や宗教のためにテロリストになる者がいるだろうか? 否、肉親を殺された憎しみこそが彼らに銃を持たせるのではないか。

 今、アメリカに自制を求められるのは日本だと私は信じたい。私たちの国にも、お祭りの風景の中にも、朝鮮半島をふるさとにする多くの人が居て、笑って一緒に平和に暮らしをしていることをこそ大切に思うから。


posted by おさだ at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年04月09日

灌仏会(かんぶつえ)

 昨日はお釈迦様の生まれた日で灌仏会。花まつりとも言いますが、私の地元でもこれをお祝いする行事が行われています。

 さて、私のような者でも今は世界情勢が気になって仕方がありません。アメリカのトランプ大統領と中国の習近平国家主席の会談は北朝鮮問題については平行線のままだったようです。むしろ中国の側からすれば米国が韓国国内に配備したミサイルシステムの方が驚異で、それを取り除くべきだと考えているようです。そしてトランプ大統領は「独自の行動」を起こすかもしれないと発言したとか・・。

 もし万が一、あくまでももし万が一、ですが、米国が北朝鮮に対して軍事行動に出るようなことがあったならば、あなたはどう思いますか?私はどう思うだろう?国民はどういう反応を示すだろうか?
 拉致問題を始め硬直化する北朝鮮との問題が一気に進展すると期待するのか?それともどんな理由があるにせよ軍事行動はやめるべきだという主張が高まるのか?いずれにしても北朝鮮からの報復には、我が国もおびえずにはいられないことだけは事実だし、中国やロシアも無関心ではないでしょうから、極東アジアのバランスが大きくゆがむことも事実。

 日本政府にはくれぐれも慎重な対応をお願いしたいところだが・・釈迦に説法・・なら良いのだが。


posted by おさだ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年04月08日

冷静

 世界の政治が動いた!
 これからどうなるのだろう?
 シリアの内戦には距離を置いていたアメリカが、アサド政権の核心部分にいきなりミサイルを撃ち込み、ISを喜ばせ、ロシアを敵に回す形だ。まさに衝撃的な出来事であり、しかも米中首脳会談の最中にそれを実行したのだから。これは北朝鮮に対するメッセージも含まれていると言えると思う。

 ことの善し悪しは見る側によってちがうのだろうし、泥沼化する中東情勢など表面的なことしか私には分からないが、とにかく思うことは日本は大丈夫か?日本の政治はこの事態に対応できるのか?という心配だ。
 この週末も国会議員は地元に戻ってお祭りやイベントにせっせと顔を出すことだろう。そして月曜に東京に戻って火曜からまたスキャンダル国会を始めるのか・・。

 北朝鮮の問題も複雑に絡む国際情勢だけに、「そうだそうだやっちまえ」と、国民がそんな気持ちにならないように、日本の政治は冷静なメッセージを国民に発して欲しい。

posted by おさだ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年04月07日

国会

 今の国政で、与党が思っているであろうことの一つ、「野党はこのまま野党らしくあってほしい」。
 あの法案もこの政策も、与党が提出したものはみんな反対。そういう姿勢を野党がとり続けることが与党側の安定につながって行く。そんな気がしてなりません。更に言うなら、自民党は「いつまでも蓮舫さんが民進党の党首でいて欲しい」と思っているのではないだろうか・・・。
 とりわけ「テロ等準備罪」に関する国会の議論を見ていると、法の乱用を指摘する野党側はいまだに戦前、戦中の特高警察でもイメージしてものを言っているのではないかと感じてしまいます。公安警察に対する不信が前提の主張なら、これに類するどんな法案にも賛成するわけにはいかないのでしょう。これも民進・共産連合のなせること。つまりこんなことでは民進党に政権を担う能力など期待はできません。
 もっとも、政府側にも問題はあり、法相の答弁力が批判されていますが、べつにたいしたことを言っているわけでもないのに「強弁」しているように見えてしまう様子もそうだし、記者に出て行けと怒鳴ったという復興相の器量の無さも、総じて政府与党のおごりがにじみ出た結果ではないかと私は思います。
 森友学園にまつわる意味不明なドタバタも、首相夫人の動向に向けられる批判も、国民がこんな議論を国会に期待しているとは到底思えないのです。

 今日は米中首脳会談。無謀を極める北朝鮮に対してキーマンである中国が米国との対話によってどのような対策を見出すのか、非常に気になるところです。どうか、武力行使を伴わない形で解決の糸口を見つけて欲しいと、私などは願うことより仕様がないけれど、与野党問わず国会議員の皆さんはどのような考えを持ってくれているのでしょうか・・。

posted by おさだ at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年04月05日

引き継ぎ

 例年になく遅咲きとなったソメイヨシノもここのところの陽気で一気に開花が進みそうですね。私の自宅前の畑では年老いた両親がジャガイモの植え付けをしています。
 4月は異動の季節、神奈川県でも職員の異動が行われ、私の事務所にも新任の幹部職員の方が次々と挨拶に見えます。本庁も出先機関もこの時期はなかなか落ち着かない状態でしょう。夜はあちこちで歓送迎会かな・・。
 一方議会はというと、ゴールデンウィーク後に行われる役職改選までの間しばらく小休止。視察に出かけているグループもいくつかあるようです。私は一年間務めて来た自民党県議団の副団長の仕事を次の人に引き継ぐべく、登庁して引き継ぎ資料を作成したりしています。
FullSizeRender.jpg
 そうそう、昨日私の事務所の近くでめずらしい鳥を見かけました。ヒヨドリより一回りスリムで背は青く、胸は赤褐色「イソヒヨドリ」と言い、ツグミ科の鳥だそうです。
 
posted by おさだ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年04月03日

 昨日はお天道様のありがたみを感じる一日でした。
 有馬村の村社、本郷神社例大祭。
IMG_9186.JPG
 地域に暮らし、地域に溶け込み、ちゃん付けで名前を呼んでくれる人たちがいて・・こんなに幸せなことはない。
posted by おさだ at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年04月02日

鎮守の杜に

 鎮守の杜に春が来る。
 海老名のまちに祭りの季節到来を告げる本郷神社の例大祭は毎年四月の第一週、春の兆しを感じながら催行されます。
 昨日は宵宮、今日は本宮。ちょっと寒いみたいですが威勢よく頑張って来ます!
FullSizeRender.jpg
posted by おさだ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年04月01日

生活道路での・・

 昨日は大分県のこども園に刃物を持った男が乱入し、子供や保育士が怪我をする事件が発生しました。千葉県で発生したベトナム国籍の女の子が殺害された事件は未だに犯人が捕まっていません。こうしたショッキングな事件の後は類似する事件が続発することがあるので、神奈川県警などでも警戒を強めているようです。

 さて、先日海老名警察署の署長さんが代わりました。これまでの署長さんは県警本部に栄転され、今度の署長さんは第一交通機動隊で隊長をされていた人が着任されました。それもバリバリの白バイ乗りです。
 そこで、というわけではありませんが市民の皆さんにお知らせがあります。神奈川県警では、先日議決された新年度予算の中で、狭い道路でも自動車のスピードオーバーを取り締ることのできる小型の機器を購入する費用を計上しました。通学路などで歩行者が巻き込まれる重大な事故が後を絶たない中で、いわゆる生活道路と呼ばれる時速30q/h規制などの道路での違反取り締まりを強化する方針です。
 私の家の近所にも抜け道になっている市道があり、制限速度は30q/hなのですが、それこそ100q/hくらいのスピードで走り抜けて行く車があったり、大型トラックが進入して来たりと、子供などは危なくて歩かせられないと苦情が寄せられています。これまでのように幹線道路でスピード違反を取り締まることも必要ですが、歩行者の多い生活道路で交通ルールの遵守を求めることは、悲惨な事故を未然に防ぐ効果があると思いますので、こうした場所での違反取り締まり強化は時宜を得たものだと思っています。
 
 新年度から取り締まりが始まりますので、皆さんもスピードの出し過ぎにはお気を付け下さい。
 エープリルフールではありませんよ!
posted by おさだ at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年03月28日

大磯と自由民権運動

 火災で焼失した大磯の吉田茂邸が再建され、一昨日完成祝賀会が催されたと新聞等で報道されています。吉田茂氏の初孫にあたる麻生副総理が「大した家でもないのに再建なんかしてくれていいのかね?」みたいなことを祝辞で述べたとか。
 たしかにそれほど立派でもなかったので再建できたという面もあるでしょう・・と、麻生さんに言ったらどういう顔をするだろう(笑)。
 問題は建物の豪華さではなく、この場所で激動の昭和戦後史がつづられたことに今を生きる者が思いを馳せること。それこそが大事なんだと思うし、一旦焼失してしまったればこそ、私たちはその大切さに気付き、こうして再建することになったのだと私は思います。
14716174_1135489733198922_1626643911134901644_n.jpg
 写真は昨年現場を視察した際のもの。

 ところでこの大磯の海が日本で最初の海水浴場だということをご存じでしょうか。そして、その海水浴場を作るために、古びた漁村を集団移転させるなど、まちづくりに奔走したのが中川良知という人で、この人は明治の初期、国会開設の建白書を元老院に提出するなど、自由民権運動の活動家として活躍した人だということもあまり知られていないようです。
 例えば相州一帯に養蚕業を広めた海老名の大島正義氏もそうですし、小田急電鉄の創始者もそう、自由民権運動の中から「まちづくり」という発想が生まれ、若者たちが明治の日本を発展させていった歴史があり、大磯という街もまたその一つだということ、吉田茂邸や伊藤博文の屋敷(滄浪閣)がここに置かれたのも、そうした歴史と無関係では無いのでしょう。
posted by おさだ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感