2017年06月02日

路地裏

 おはようございます。
 6月に入りましたが衣替えはお済みですか?私も下着をヒートテックから夏物の・・なんでしたっけ?クールテック・・違うな・・エアリズムでしたか・・それに替えました。なんだかヒートもエアも、どちらも似たようなものなので、夏冬で色を変えないとどっちがどっちだか分からなくなりますね。ましてわが家は二人の息子がまた似たようなものを着るものですから、洗濯係の女房はどうやって見分けているやら、そこはやはり主婦の知恵とか勘といったものですかね、たまにしか間違っていません(笑)。
 さて、今日6月2日は「路地の日」だそうです。防災のためなどもあって最近では道路整備が進み、裏路地なんてなかなか見かけなくなりましたが、私はこの路地というのが好きで、先日も仕事で都心の赤坂へ行ったのですが、30分ほど早く着いたので街をぶらぶらと歩いてみました。
 やはり自然と足が向くのは路地です。
IMG_9584.JPGIMG_9587.JPGIMG_9590.JPG
 都心にもこんな魅力的な路地裏があるんですね。

 話は変りますが、先ほどトランプ大統領が地球温暖化の防止に向けた取り組み「パリ協定」からの離脱を表明したとラジオニュースが報じています。G7での各国首脳からの遺留をはねつけての離脱表明は非常に残念です。私のような小人はともかくも、国のリーダーは路地や隘路にはまらず、大局的な見地で大道を歩んで欲しいと思わずにいられません。
 まだ初夏の入り口だというのに連日の真夏日。温暖化は人類共通の課題ですから。

posted by おさだ at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年06月01日

光陰矢の如し

 徒労感だけが残った感じでしょうか。

 五輪費用の負担について大筋の合意・・って、結局もともとの立候補ファイルの約束にもどっただけのこと。こんなこと、とっくに決めていなけりゃいけないことでしょうに、どこの国の話ですか?という気がしてくる。
 政府がいけないのか、組織委員会がいけないのか、あるいは小池都知事がいけないのか、はたまたその小池知事が誕生する原因をつくった舛添さんが一番いけないのでは・・いやいやその前の猪瀬さんでしょ・・?

 一連の足踏みで五輪に向けた盛り上がりに水をさしてしまったことのマイナスは、いくらか経費を節約したくらいのことで釣り合うとも思えない。

 光陰矢の如し、世界に恥をさらすようなことにならないよう、急いで準備を進めなくては。
posted by おさだ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年05月31日

バブル世代

「ゆとりでしょ?そう言うあなたはバブルでしょ!」

 今年のサラリーマン川柳。まったくもってグサリときましたねぇ・・私まさにバブル世代。
 威勢のいいこと言って後輩にハッパをかけるわりに面倒見は良くないと言われる世代です。でもね、確かに社会に出たときは空前の好景気だったのだけれど、たちまちバブルがはじけ、その後のどん底を味わい、失われた20年の中で20代、30代を過ごし、40代になったらリーマンショック・・そんな時代を生きて来たんです。そして・・これからやって来る団塊世代の老後を支えるのが私たちバブル世代なんだよなぁ。

 テクノカットにソフトスーツ、ワンレンボデコンで「ナウいねぇ」なんて言ってたあの頃がなつかしい。



posted by おさだ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年05月29日

休日

 掃除をするってのは心身共に良い効果があると思います。特に朝一で掃除をするとその日一日気分がいいですね。
 久しぶりの休日となった昨日は朝から自室の天袋を開けて掃除。20年も前の選挙の資料やなつかしい雑誌などが出て来て、ついつい見入ってしまい手が止まったり・・。

 午後からは最近個人的に研究をしている「神奈川の自由民権運動の歴史」について勉強をするため、伊勢原の雨岳文庫での講習会に参加して来ました。
IMG_9700.JPG
 そして家に帰ると同級生の友達が「魚を釣ったぞ!」と、クーラーバッグを車から降ろして得意顔。夕飯はメジナとマアジの刺身にするか!しばし板前になって包丁を振る私です。
fkgld.jpgFullSizeRender.jpg
 リフレッシュできる休日をありがとうございました。


posted by おさだ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年05月28日

和の伝承

今朝の川柳
 モリとカケ タヌキやキツネや 永田町

 土日は馬鹿げた国会論戦が無いだけ気持ちはラクか・・。
18699985_729105737269114_9150142474554557511_n.jpg
 昨日は海老名市の花、さつきの展示会。丹精込められた盆栽というのは本当に素晴らしい。最近では欧米などでも盆栽を趣味にする人が急増しているとか。しかし、この盆栽をお作りになっている人たちの様子を見ると平均年齢は70歳を充分に超えていらっしゃるようです・・。この良き日本の伝統技術を次世代に伝承していく努力をしなければ、やがて廃れていってしまうのではないかと不安にもなります。お話を聞くと東京には都立園芸高校という学校があって盆栽作りの授業もあるし「盆栽部」という部活もあるそうですね、驚きました。

 三年後にはオリンピック・パラリンピックもあります。世界中の人々が日本にやって見えたとき、こんな素晴らしい和の芸術でお迎えできるようにしたいし、何よりも日本人自身がこれを通じて日本の伝統文化に気付く機会になって欲しいものですね。

posted by おさだ at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年05月27日

そば屋のメニュー

 今度は加計学園? 森友の次はそれですか?まったく日本の国会ってのは何をやってんですかね、他にやらなきゃならないことがいくらでもあるでしょうに。私に言わせれば今の野党は金の無い学生時代に見上げたそば屋のメニューのようだ。

 モリとカケばかり・・。

 それが本当にスキャンダルなら週刊誌に任せて国民のための仕事をして欲しいと思います。
posted by おさだ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年05月26日

鳩首

 毎日議会に詰めて来月の代表質問に向けて作業を行っています。「没頭している」と言ってもよいくらい。自民党政調会8名のメンバーから次々と挙げられるテーマについて、一つ一つ実情を調べ、質問として取り上げるのに適当かを判断し、党としての見解をまとめます。メンバーはみんな厳しい選挙を勝ち抜いてきている猛者ですから、ときには意見が食い違うこともあり、そんなときはディペイトしながらこれをまとめて行きます。

「津久井やまゆり園で事件が発生したとき、救急車を出動させたまちとそうでないまちがある。なぜだ?」
 という疑義を提示した議員がいます。確かに事件の映像を思い出すと他市の名前が書かれた何台もの救急車が画面に映っていたのを思い出します。事件を認知してすぐさま救急車を向かわせた自治体と、そうでない自治体があるとしたら、そこにはどういう違いがあったのか・・。
 色々と調べた結果、県内には地震や火災、風水害などを想定した市町村どうしの相互応援協定はあるものの、救急は想定されていなかったという実情が浮かび上がって来ました。確かに、近隣から何十台もの救急車をかき集めなければならない事態なんて、そうそうあるものではありません。

 さて、これを私たち自民党はどう受け止め、そして議会の論壇でどう取り上げるべきか・・。
 こんなふうに今日も政調会のメンバーが鳩首して議論を深めます。朝から晩まで。
 でも議員ですから。これがやっぱり一番大切な仕事だと思うのです。

 では今日も行って来ます。


posted by おさだ at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年05月24日

お役を頂きました

 昨日県議会は本会議を開催し、新年度の議員各位の役職などを決定しました。

 私は・・・
・総務政策常任委員長
・自民党政務調査会、筆頭副会長

 二つの大きなお役を頂きました。総務政策常任委員会は8つの常任委員会の中の第一委員会で、他の委員会の所管に属さないような課題は全てこの委員会が所管します。そしてその委員長は議長、副議長に続いて議会を代表するポジションに就くこともあります。
 自民党の政務調査会はもうこれで4回目の所属となりますが、副会長の上に筆頭と付くと7人いる副会長の中の文字通り筆頭で、他会派や知事などと交渉したり、活動全体を取り仕切って自民党県議団(49名)全体の言論を作り上げて行くことになります。さしあたって「知事と自民党の間合い」をどうとるか、というのが大事な役目だと自覚しています。

 県会議員11年目。だんだんと責任も重くなってまいります。「充実」と言うべきか。
 では、今日も議会に登って代表質問の練り込みに入ります。

posted by おさだ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年05月23日

バカの壁

「人間同士が理解しあうというのは根本的には不可能である。理解できない相手を、人は互いにバカだと思う」著書「バカの壁」で養老孟司氏が言っていることだけれど、それでもやっぱり理解してやろうという気にもなれない人というのが、世の中にはいるものです。一言で言うなら「バカにつける薬はない」と言われるような人。

 あくまでも一般論です。国会議員の暴言とかの話ではありません。

 さて話は変りますが、6月の議会に向けて自民党の政務調査会では代表質問の作成準備に入っています。その中で是非取り上げたいと思っているのが暴走行為を繰り返す水上バイクの問題。今年は桜のお花見で賑わう横浜の大岡川に仮面をつけた水上バイクの一団が侵入し、轟音とひき波をたてて走り去ったことが新聞に報じられました。
 水上バイクがいけないと言うのではありません。周囲の迷惑を顧みず、水上を暴走する行為、つまり道路を走る暴走族と同じようなことをする人たちを取り締る方法を考えなくてはいけないと思うのです。

 今日は県議会本会議。例年ですと今日は議員の役職改選が行われ、各位の常任委員会への所属などが決められる予定です。
 それでは今日も行って来ます。

 それにしてもがん患者を侮辱した国会議員の発言にはあきれるなぁ・・。

posted by おさだ at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2017年05月22日

sense of wonder

 先日行われた市民ウォークの開会式で

「歩きながら耳を澄ませてください。ツピーツピーツピーと鳴く白黒の小さな鳥がいたらそれはシジュウカラです。ビーイビーイと鳴くやはり小さな鳥は海老名市の鳥、カワラヒワです」

 そんな話をしました。そしたら出発前に小学生の兄弟をつれたお父さんが私のところへやって来て、
「今日は子供たちと鳥を見ながら歩きたいのですが、この辺りでは他にどんな鳥が見られますか?」
 とたずねるのです。。
 鳥を見ると言っても双眼鏡でもないとなかなか様子を観察することは困難です。それにそのお父さんも鳥の名前はほとんど知らないそうですし・・。
 そこでこんなアドバイスをしました。
「カラスなら分かりますよね」
「カラスですか・・」
 お父さん明らかに落胆した様子。
「カラスにもね、くちばしの太いハシブトガラスと、くちばしの細いハシボソガラスの二種類がいます。お子さんたちとカラスを見ながら、どちらかを見分けたらどうですか?」
「えぇそうなんですか、カラスなんてみんな同じだと思っていました。」
「ハトもね、この辺りでは二種類見られます。」
「え!」
 お父さんだいぶ興味が湧いて来たようです。
「ふだん公園や神社の境内などで見るカラスはドバト。クルッククルックと鳴きますね。雑木林などにいるハトは羽に茶色のウロコ模様があって、それはキジバトといいます。ホーホーホーと鳴きますよ」
「へぇー!キジバト・・」
 私もだんだん乗って来て・・。
「それから今の季節、田んぼなどでよく見かける鳥に、クチバシが柿の種みたいな鳥がいます。ハトより小さく、スズメより大きな鳥ムクドリです。ミミズが大好物なのでよく田んぼにいるんですよ。」
1735235.jpg
 ま、そんなわけで親子はウォーキングに出かけて行きました。はたして鳥は見れたかな・・。身近なものでも関心を寄せてよく見る・・sense of wonder が大事ですね。

 私は子供の頃、シートン動物記とファーブル昆虫記が大好きでした。

写真は参考・・https://www.photolibrary.jp/ より
posted by おさだ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感